fc2ブログ
マ・・マヤさん・・もしかしてこの人のPVになってません?
危険な香りが増してくるこの頃(笑



マヤ@吉瀬美智子の銃が藤丸@三浦春馬に向けられる。

ゆっくりと立ち上がるが「逃げても無駄よ」引き金がひかれるところで窓際に立ったマヤ。

そこでマヤが銃撃に遭いました。びっくり@@遠くのビルにスナイパーが・・・。

なんとそれはサードアイ。加納たちが見張っていたのでした。

音弥@佐藤健に電話したように見せて実はサードアイに電話していた藤丸。

電話を切ったふりして危険な会話を全部筒抜けにしていた。

音弥がやってきて物々しい警戒に驚きますが、藤丸は音弥の顔を見て気がゆるみ座り込む。

マヤがウイルスを日本で撒くつもりだったということ。

逮捕されて肩に包帯を巻かれたマヤがでてきます。何か口元が笑っています。

藤丸は事情聴取ということで連行されています。


テロリスト。鼻歌です。捕まったみたい。まあいいんじゃない。計画に支障なし。

マヤ、サードアイの高木(殺人容疑で潜伏中)、加納、霧島・・・次々と画面の写真を消しています。

鍵に抗う力を。


先日、注射針を刺された看護師は隔離されてますが手から血が噴出する様子が出て怯えます。

もう一度見てみると何もなし。ただの幻覚。いつ発症するかとびくびくしている状態です。

発症しないのは彼女の体質ではなく、感染した後に行った何らかの処置が発症を防いでいる。

敷村に高木@田中哲司から電話。自分は罠にかけられ沖田殺人で追われている。

ウィルスのファイルを解析したという敷村に自分の潔白を証明したいからそのファイルがほしいという。


マヤは取り調べ室ですが、FBI方式でいくらしい。すなわち電流で恐怖を与え、自白させるというもの。

いい男なのに別の場所で会いたかった。ここからは大人の時間だ。

セリフだけ聞いてるとかなり妖しいムードですが、犯罪の取調べですから~。

そして首と手首から流される電流に激しく悶えます。痛そう・・・

そしてこれがまたなぜかドキッとする映像で^^;


遥に今夜も帰れないと電話する藤丸。

家には宝生がきてくれて一緒に食事だそうです。まずは一安心。

父親を心配しますがいつでも藤丸と遥の味方だと言っていたから大丈夫だと励ます。


藤丸が開いたドアは高木の部屋だった。

机の上の家族写真。倒れたままです。


高木は敷村のところにやってきました。データを貰っていきます。

こんな訪ね方しかできなくてすまん・・。おれでよかったらいつでも連絡してくれ。

外に出た高木を狙う蝶のテロリスト。かおるがその蝶の男と対戦。

かおるは首をしめられ重態?敷村は拉致されてしまいました。

モニターを見てみると高木が手引きして蝶の男を入れたように見えます。

みんな高木をスパイと言っていました。


刑務所の白服の男@神島は今日も無言で立っています。

看守はその男の殺人超能力が本当かもしれないと思いこむようになっています。

そしてとうとう写真を見せた。それは妻の浮気相手の男でした。

その写真だけで殺せるかどうか?



FBI方式ではマヤを吐かせることはできません。

これ以上の電流は危険だという。


「最後の希望は消えた」

我々は力を手に入れる。

鍵からの解放。


藤丸は休憩室を与えられた様子。


学校ではマヤは休み?藤丸も休んでいるので辞めるのではと心配する人も。

でも音弥がハラを壊しただけと言っています。


藤丸の寝ている姿がまた無防備で危ない・・・。PC盗られたらどうするの?

布団をかけてあげた宝生ですが、加納は父親の事は言わないように指示。余計な同情もするな・・。


加納はマヤを落とす手段が甘いと言い出す。もっと強い電流を流すように厳命。

激しく痙攣するマヤ。休ませずにもう一度やれという加納。

とうとうマヤが「待って」と言った。とうとう落ちました・・・。


藤丸を呼び出す苑麻と霧島。

マヤがアジトに案内するというが、条件があって藤丸を同行することだという。

藤丸は両刃の剣だと承知しているといい、断っても構わないと逃げ道をくれたが藤丸は行くと応えた。

必ず守ると言ってくれたが加納はそれは期待するなと釘を刺すことも忘れません。

何かあっても輸送者たちもサードアイたちも切り捨てて構わないと苑麻。国民を守るのが最優先。

結局、1話の時と同じように、国民を守るために目の前に危険があればそこで切るという方針です。


真子たちはカフェですが、そこに近付いた男@成宮寛貴がいます。

13秒台を12秒台にしたいというけれど数字のマジックで12秒ということにしてしまった。強引。


藤丸やマヤが乗った車はアジトに向かっています。加納、宝生も護衛についています。

高木はスパイだというマヤです。今からいくところで会わせてあげる・・・。動揺する藤丸です。

そしてこの二人のうち一人は私たちの仲間よという。加納も宝生もすぐに否定しています。

運転手@工藤が車がつけられているといいだしました。

宝生があの青い車?と言い、加納は霧島になぜ尾行がつくのだ?と尋ねています。。

霧島は工藤に何か指示出し。了解と言いました。

工藤は駐車場に入り、青い車をおびきよせ確保するというのです。

高木はあの車がなぜ自分たちがこの車に乗ってるのを知ってるのか不思議だという疑問。

だからこのなかにスパイがいるというマヤ。

加納は青い車をつかまえてみれば分かるといいました。

それを聞いて何か思いついた藤丸です。



本部ではFBI方式の電流尋問した男が霧島を呼び止めます。

加納がしつこくマヤに強電流を流せと言うおかげでもう少しで殺すところだった。

加納は強引だからという霧島に尋問者は本当に殺したがってるように見えたというのでした。

状況はまるで加納がスパイというように見えます・・・。


藤丸はPCを打っています。何やってる?という加納。PCをいじってないと落ち着かないという藤丸。

宝生にメールを打ちますが、へんなことろで切れています。暗号だったのでしたが、

宝生には「加納がスパイ」と打っていて、霧島にも連絡すると書いてあります。

それで宝生はうなずきました。


大井町のゴミ処理場。そこで男の遺体発見。

なんとそれはあの看守の妻の浮気相手でした。テレビでは全く同じ写真を使っています。

どういうことなんだ??



車が止まりました。ここがアジト?

マヤは加納と宝生、どちらもスパイと受け取れる言い方をしていますが

加納も、宝生もそれぞれが自分を正しく見せています。

先に加納が歩き出し、マヤは手錠で繋がれます。そして後から藤丸と宝生が続きました。

突然振り返ると加納が宝生に銃を向けました。

銃を捨てろ宝生!

宝生は藤丸の方に銃を投げ捨てます。それを拾った藤丸も宝生に銃を向けました。

なんとスパイは宝生!

宝生に向けて送ったメールを縦に読むと「ほうしようはてきです」と読めるのでした。

加納には簡単に「宝生はスパイの可能性」と送っています。

なぜ気づいたかというと尾行の車を青い車と不用意に言ったから。

そのとき、トンネルのナトリウム灯だから色などわかるはずがない。

だから尾行車は青い車だと知っていたからだと判断したという。

以前、透析医のところで銃撃に遭ったけれど防弾チョッキを着ていたからわざと狙ったのだそうだ。

どうせまもなく突入がやってくるという加納ですが、後ろから近付いたマヤが加納を殴った。

いつの間に手錠をはずしていたのか・・・。

つまり宝生は手錠で拘束したと見せかけただけでした。

驚く藤丸は、加納さんと叫ぶのが精一杯。

「宝生を撃て!」

加納は藤丸に言いますが、藤丸はまごまごしてとてもできません。

そのうち、先に宝生が加納を撃ってしまいました。

倒れた加納です・・・。


****************

今週も緊迫!

マヤでかなり妖しい世界に連れて行かれたけれど

最後はスパイが加納のようにみせかけて、二転三転したあとに宝生が本当のスパイ。

もうね・・誰がだれやら・・・・

いやはやみんな怪しくて、誰も信じてはいけないようです。

遥に優しかっただけにちょっとショックでもあります。

てか、遥こそ警察で保護して隔離したほうがいいんじゃない?



父親にもスパイ容疑がかかってしまいました。

あの映像だと本当に手引きしてるように見えたけど、これもからくりがあるんでしょうね。

音弥はこの前の「はなまる」だと友達で味方だと言っていたから彼だけは大丈夫かな。


成宮が出てきました。

これはテロの方ですね。

藤丸の友人たちに近付き、手なづけ、また藤丸の弱点とするんでしょう。


もうひとつ面白かったのは、あの白服の囚人@神島。

写真だけで本当にその当人を殺してしまいました。

どうやって?手紙も面会も何も連絡手段がないという状態の人です。


まだ登場人物たちの名前がよくわからず・・^^;

でもとにかく面白い!!




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/744-ac8864e7