fc2ブログ
一馬の最終弁論は訴えるものがあったけれど裁判員にはとどきませんでした。がっかり・・・