fc2ブログ
一線を越えるかどうか。鈴木先生は絶対にそちら側にはいかないと誓うが妄想の中はむむむなのですな。