fc2ブログ
報復とはいえ胸の痛む結末でした。悔悟の気があるのならその時点で動いていたら違ったかもしれない。