fc2ブログ
朝倉屋というのは町のおばちゃんが開いてるパン屋。

おしゃれセンスとは程遠いダサさがOLたちの足を遠のかせている。

エリはね、こういう店ってほんと損すると思うの。

味はお袋風で意外と良かったりするのに

店構えのダサさに入りにくかったりするんだ。

パン屋はいかにもベーカリーで、カフェ風で

どこか、おしゃれであってほしい。

だから、リノベーションをするというマコトをちょこっと見直したの。


期限は10日で予算は50万!

それは安すぎるっ><

会社としては儲からない仕事だが、この店をリノベーションし、

OLの話題をさらうことで、

意義を見出せるという山田姐さんに同調するホタル。

枯れ果てた店を何とかしたいと思ってた・・・

ホタルのいうことを聞いて高野も胸につぶやく。

自分の枯れ果てた姿を棚にあげて・・・

ぎゃははは・・・・エリ爆笑!!!!

こんな蛍と同類のエリデス。



蛍はマコトがありがとうと送ってくれたメールに

いつものように「了解」と即返。

そしてそれが蛍のびっくらでジタバタなのでした。

ああ~マコトと気づかずに打ったメール・・・

山田姐さんはメールは恋愛用と仕事用に分けて、

恋愛には疑問形のメールにして返事を貰うようにするらしい。

むむっ、テクニシャン@@




嵐の夜。

台風が来るぞ~~。

同居のうさぎは大喜びしてるけど、台風って大変なんです。

高野はかっぱなんて着てますが、バカにする蛍にちゃんと

かっぱの報いをふりかけてやってました。

最後は久しぶりに恋すると大変だなあ~~皮肉もたっぷり効かせて。

でも蛍の恋には、やや心打たれたかもね?


奥さんに逃げられたもの同士の悲哀でパーティを企画する二ツ木さん。

俺も嫁さんに逃げられたから・・・

ということで高野「も」そうなのか?・・・無言・・・

焦る二ツ木。「も」が好きなんです~~~~爆笑!!!!!!

エリも「も」が好きになったよ~~!!!!



翌日、マコトのラフが上がりました。

でも皆の意見はどこかで見たことあるような・・・

そして高野もぼろくそでした。

大口たたいた割には大したことないって。

心配そうに見守っていた蛍は家に帰り資料作り。

「人は失敗から学ぶというじゃないですか」

朝まで作っていた蛍をみて高野も見直したようです。

だって、ヒモノの蛍がそこまでしてあげる人なんて奇跡に近いし。

ところが蛍ときたら仕事に忙殺されてマコトに渡す気配がない。

高野の方がいらいらしてしまう有様。秘かに心配してたしね。

とうとう日が暮れて、渡せなかった蛍。


高野もやや同情的です。

そんなにハードル高いなら早く会社に行ってデスクにおけばいいと

アドバイス。手紙もそえるようにと言われて、またがっくり。

それならメールはどうかと言われ・・・躊躇しながらも送信。

「参考資料まとめました。見てください。」

これじゃあ、貰ったほうは今すぐに見て欲しいと勘違いするよね。

せめて明日会社で。と付け加えるべきでした。

でも頭がいっぱいだからそこまで回るわけないもんねぇ~~。

即、今からもらいに行くと返事が戻ってきたのでした。

そんな返信は蛍にとってはエベレスト並みの高い山。

腰を抜かして歩けなくなった蛍がへび女になってはってきました。

担当をきめせっせと掃除をはじめる高野のもとに現れた蛍は

何を思ったのか、帽子は麦わらに花がついたリゾート風で

ワンピもどこで買ったらこんなのが買えるというトロピカル柄。

なぜに台風直撃のマコトを迎えるにこんなかっこうを・・・

舞い上がってこういう服しか思いつかなかった蛍。

エリはね、こんな蛍の気持ちも行動もよくわかるよ。

もう正常な判断なんてできっこないのダ。

こうなったら破れかぶれだ、ウエディングドレスでも、

真冬のコートでも何でも来いってところ。

でも爆笑なんだけど・・・

そんな蛍をおいて高野が代わりに渡してくれることになった。

かっぱを着て出ていく高野。どっか蛍に情がわいたね。

無事マコトに出会い、資料も渡せた高野。

マコトも会社で心機一転の仕事です。


台風が去り、縁側でしみじみするふたり。

なぜか高野もまったり気分を満喫してるように見えるんだけど^^

蛍は高野にお礼を言いました。

そこで高野も昔のことを思い出します。

新婚当初、一生懸命に作ってくれた奥さんのお弁当を

仕事のために食べられなかった・・・なんっつう~~~><

そんな男は死刑だっ!!!

高野は蛍の一生懸命さと奥さんのお弁当を重ねたのですね。

だから蛍もいいます。人は変われますよね。

いい夫じゃなかった部長とヒモノの自分も変われるという蛍。

じ~~~ん・・・感動・・・

しか~し、高野は

無理、一生無理、・・・ぎゃはは・・・きついね・・

死んでも無理。生まれ変わっても絶対無理。

未来永劫、君はヒモノ女だ!


ひどいyo・・部長・・・

目が寄ってるぞ・・蛍。きょわいぞ。

また頭の焦点が定まらなくなった蛍はメールを送ってしまった。


その頃、マコトは机にうつぶして熟睡。

その図面を見た優華は、満足そうに微笑む。

どうやらうまくいきそうです。


翌朝、ゴミ箱に蛍のケータイが捨てられてあったのを拾い、

様子を見にいくと蛍は大泣きのもよう。

昨夜送ったメールを悔いてる様子。


さて、マコトは目がさめました。

習慣になってるようでまずケータイのメールをチェックします。

そこには・・・

デザインは進んでますか。大丈夫ですか。

私は・・

私は・・

あなたに会いたいです

                    ホタル


返信するマコト。

部長~~~~号泣><

                     
     
やっぱりホタルはかわいかったですね。

ちょっと目が寄ってるのがよけいかわいく見えるのね。

こういうギャグな役はもしかしたら大当たりかもしれないって

大賛成デス。


今週のマコトは仕事への焦りが見られましたが、

あれはね、すごくわかるのよ。

ホントは気分転換に外に出たり、色んなところを見たり、

まず散歩するとか、歩いたほうがいいのよね。

でも、焦るとますます机にしがみついてしまうんだ。

他人事とは思えなくてマコトに同情するんだわ。


Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/11-edcaf87a