いきなり最終回、シリーズ第4弾!(笑)
小公女セイラ@志田未来もとうとう終わっちゃいました。

すんごい面白かったですね。

子供向けのドラマだと誰かが書いておられましたが

精神年齢が同じくらいかもっと下なので私にはちょうど良かった^^;



レビューしない気楽さでけっこう流し見してきたので

先週、どんなところで終わったかすっかり忘れてました。

飛び出したセイラが行った先は教会だったのね。

そこで何日も眠っていたということでなぜか栗栖さん@要潤のところに電話が入るのでした。

てか、栗栖がセイラの行方を捜しているというアンテナにひっかかって情報が入ったようです。


学院はもはや誰かに買い取ってもらうしか存続の可能性はないということに。

樋口院長はそうなったとしても、笑美子@斉藤由貴もろとももう学院にはいられないという覚悟だけはあります。

そんなところに亜蘭先生が二人をスカウトにやってくるのでした。

亜蘭先生ってば全国展開のノーブル学園の理事長で、ミレニウスで教えていたのは趣味!!

しかし樋口院長は即座に断っています。いい話だけど今更どの面下げてと・・というところでしょうか。

全然気にもせずついでのようにプロポーズしていく亜蘭先生でした。

もうちょっと素直さがあればこの院長もまた違う人生だったのでしょうにね。


で、セイラの境遇ですが天と地ほどに変わりました。

亡くなった父親の黒田竜之介氏の事故は事故責任は黒田にはないということがはっきりし

凍結されていた資産が全てセイラのもとに戻ってきたということです。

いきなり以前の大金持ちになっちゃったセイラ。


何も知らない樋口院長が来栖さんのところでセイラが余計なことを言い出すかと乗り込んでいきますが

虚言癖と言われたのにはさすがに切れていたセイラでした。

でも来栖から真相を聞かされ、真っ青になっているのがまた味わいです。

樋口さんはこういう役が似合うとは思いますけど本人はきっとやりたくなかったでしょうね。

学院に戻ったところで笑美子から土下座でも何でもして今までのことを許してもらうのが一番だったと

散々ののしられてましたが、いつも何も言えない笑美子がそこまで言っちゃうくらいの出来事でした。

一人になりたいという院長を一人にさせないとクッキーを差し出すのが姉妹なのね。

お姉ちゃんてばもう少し角がとれたら仲良しの姉妹だったでしょうに。今からでも遅くないわよ。


そしてセイラ。

学院を買い取り経営者となったセイラですが、院長と笑美子には今までどおり教壇に立ってもらいました。

更なる上に自分を生徒にしてほしいというのがいかにもセイラらしいのです。

一番小気味良かったのが小沼夫妻への逆襲。

二人の上にそれぞれ上司をつけちゃった。

時間内に終わらなかったら食事抜きって事もあるかも・・だって。

今まで散々いじめられたことをここで言えてスッキリ!


クラスメートたちはそれまでのことを謝りますが真里亜だけは今まで通りでツンケンしています。

カヲリにも声をかけ優秀生徒になるべく三人で競争。

それまで面倒だからわざと間違えた解答を書いていたことになぜかセイラにばれてました。

いい意味での競争は周りもまきこみまさみまで発奮しているのがすばらしいのでした。


気になるカイトはセイラにふさわしい人間になってきっと迎えにくると宣言。

学院を出て行きました。

骨のあるカイトにびっくりですが、

これまでカイトにお世話になったセイラは本当は恩返ししたかったはず。

それを黙って見送ったことにもある意味、オトナな部分が見えます。

ついにキスシーンがありましたがこれがままごとに見えちゃうのがセイラのキャラなんでしょうね。

とにかくきっちりといつか迎えにくるでしょう。


そして栗栖さん。

共同経営者じゃなくて昔放浪してたときにインドで黒田にお世話になったという設定でした。

年が若いからそのようにしたのね。

だからセイラを探していたわけでもなかったけれど

この子がセイラだとわかったとたんに、黒田氏に恩返しをするという展開になったのは自然でした。

まるで王子様のように現れたわけですが、セイラを養女にしてもいいくらいだと思っていたのに

いまやセイラの方が資産もちということでそれもなくなりました。

でもお互いいい関係は続きそうです。

なんたって学院の隣に栗栖邸があるというのが運命ですし。

将来、カイトと闘うってことも有り得ますね。



セイラは境遇がどんなだろうと心はいつもプリンセスでありたいと思ってたという言葉通り

気高く生きてきたと思いますが

最後にけっこう仕返ししてるのには笑えましたね。


そして一番の懸念だった院長もセイラの母親から解き放たれて

卒業できたようでした。

めでたしめでたし。




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1120-a7b0e75b