FC2ブログ
もう2年も経ったの?けっこう記憶に新しいですよね。しかしドラマの空気は同じでしたね。あっぱれです。
ウイルスによるテロ事件から2年後。多くの仲間を失った藤丸(三浦春馬)は心の傷が癒えず、ひっそりと暮らしていた。そんな中、藤丸のアルバイト先に、留学生・響(黒川智花)がやって来る。アルバイト先が謎の女殺し屋に襲われ、藤丸は響と共に逃げる。一方、総理大臣・九条(竜雷太)の元に、2年前のテロ事件のメンバーだったマヤ(吉瀬美智子)から電話が入る。マヤは九条に、東京が核爆弾の標的にされていることを知らせる。九条は、萩原(高嶋政宏)が指揮を執る「サードアイ」を招集。サードアイは、核爆弾が搭載された飛行機の存在を突き止める。その飛行機には、2年前のテロ事件の首謀者・J(成宮寛貴)が乗っていた。


折原マヤというニセモノがすぐに銃をぶっ放していましたが

日本でどう考えてもありえないでしょ?

とにかくそういうドラマだったのよね。

藤丸と一緒にバイトしてたのが黒川智花。

誰も彼も怪しいですがこの子はどうでしょう?


ホンモノの方のマヤは九条音弥@佐藤健と一緒のところで狙撃されたのに

最後にまた出ていました。

ゾンビみたいに甦ったのでしょうかね。


とにかく核を乗せた飛行機が判明した!

ここからが緊迫でした。


二年前の事件の首謀者であるKを狙っていた模様ですが

真相は東京壊滅なのか

そのあたりがちょっとわかりませんでした。

ともかく最後になって九条首相に首謀者から犯行予告がありましたが

あの飛行機は始まりであり

これからテロをすることは間違いないのです。


天才ハッカーの藤丸の友人関係を狙い、

周囲を巻き込み絡めとり、

藤丸がサードアイに協力するように仕向けていきますが

一方で藤丸の弱点をついて、本人が内側から壊れるように仕向ける策も上手い。

新たなテロリストのグループは

かつてのKたちの教団?と関係があるのかどうかも謎でしたが

敵対か分解した同じグループかもしくはそう見せかけているだけか?

これもKの言葉を鵜呑みにできず何でもかんでも疑ってしまうのがドラマの性質(笑


藤丸をサードアイに協力させるために移動した際、あおいに遥を頼むのでしたが

その遥が恋人?と一緒にいて電話を無視して帰らないわけです。

そして遥と勘違いしてドアをあけたあおいが犠牲になりました。

前作の時もいつもこのあおいが思慮が足りなくて藤丸の足をひっぱりイライラさせられたのですが

今回も同じでしたね。

藤丸の友人としてはちょっと濃い目の女友達って位置でしたけど、

モニターも確認せず、せめてドアのところで確認するだけでも良かったのに、いきなりドアを開けてるし。

2年前、危険な目に遭ったらもう少し用心深くなってもいいんじゃない?

ともかくそうして拉致され、薬液にて殺害されてしまうのでした。

あおいが縛られて苦しむ様子を見て、

ハッカーするはずだった藤丸のファイトはへし折れできなくなります。

自分がハッカーすることによりあおいが苦しい目に遭うわけで

その一部始終を藤丸に見せるテロ側の狙いは見事ですが

しかし、藤丸が必ず出てくると読み、

藤丸の周辺全てを熟知した動きは大したものです。


しかし、サードアイも酷い。

新しいリーダーは荻原でしたがこれが血も涙もない男?で、

藤丸にはあおいを無事に救出できたと報告させ、ハッカーを続行させるように仕向けました。

席をはずして電話したのがそれでしたが

実は犯人側の人間なのかと疑っていましたわ(苦笑

あの場合、藤丸の頭脳と技術に頼らざるを得ないのは流れとして当然なわけで

どうしても動いてもらわないといけないですから

仕方のない策でした。

でも一度深く傷ついた藤丸には再び裏切られたという思いだけが残り

そのショックな状態がめっちゃかわいそうでした。


しかし、最後の望みをかけ人工衛星のGPSをハッカーというのは興味深かったですね。

ソ連領空だと勘違いさせ、核が爆発しないようにロックさせたという発想。

やはり中学生でハッカーの技術をモノにしただけあります。

これだけの頭脳があるのに藤丸ってばいまだ浪人生という設定も面白かったですね。

最後の一秒を残して無事回避できたときはほーっとしたことは言うまでもありません。

絶対に大丈夫だとわかっていたはずなのにこれですから

すっかりドラマのペースに乗せられています。


ということで、Kと新テロリストの関係も気になりますし

折原マヤの動きも相変わらずエロリストぶりで楽しみです。

サードアイには信用できる人が2人いたから、きっと藤丸の心の安定のために尽くしてくれるでしょう。

ともかくテロから東京を守るために

藤丸には技術を駆使してもらわんといけませぬのです。


そんなこんなで長かったですが緊迫状態でしたもので

ハラハラ終わりました。

これから藤丸と音弥の美コンビが見られるのがまた楽しみですね。

次回が早くも待ち遠しいです。



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1159-727333c3