自分が不快だと思うことは拒否していいし、されたことは全部記録に残すのが基本かな・・
角田美樹(榮倉奈々)は、取り残された冷凍庫内で倒れていたが、佐野有希子(木村佳乃)らは美樹の不在を不審に思いながらも、会社へ戻ることに。立花万里香(杏)だけが美樹が倉庫にいることを知るが、美樹は先に帰ったらしい、と嘘をつく。

そんななか、何かを感じ冷凍庫に駆け込んできた仲原翔太(要 潤)は、倒れている美樹を見つけ、病院へ運び込む。

一方、社員たちが会社に戻ると、桐野征治(藤木直人)が来て、美樹が病院に運ばれたと言い、有希子らを厳しく叱責する。翌朝、出勤した美樹は、藤田千秋(片瀬那奈)らから冷たい視線を向けられ、さらに居場所を失った気分になる。

そんな折、仲原と食事の約束をした美樹は、待ち合わせの店に入っていく。すると、そこに万里香がいた。驚く美樹に、友人と待ち合わせをしていると話す万里香。やがて、美樹たちのテーブルに来た万里香は、言葉巧みに美樹に席を外させると、仲原に美樹のどこが好きなのか、と迫る。天真爛漫さだと答える仲原に、社内でそんなふうに思っている人はいない、と顔を曇らせる。仲原は真意を確かめようとするが、美樹が戻ってきて話は中断する。美樹に向き直った仲原は、翌週に母親が東京に出てくるから一緒に食事をしようと誘う。盛り上がるふたりを尻目に、万里香は携帯を取り出すと、待ち合わせの場所が変更になったと言う。笑顔で席を立つ万里香だったが、店を出るとその顔から笑みは消えていて――。


底意地の悪さは会社の体質なんですね。

でも仲原のような好青年だっていますし、全員が真っ黒ってわけでもないのね。

ただ上からのハラスメントは下の者へとはけ口が向けられます。

佐野を叱りつける桐野だって同罪なんですよね。


ともかく異変を察知した仲原が美樹を探してくれたので凍死を免れることができました。

ここで凍死したらサスペンスドラマになっちゃいますもんね。

仲原が騒げば警察がきて事情聴取ということもできたはずですが

そこは会社のことだし大きくはしませんね。

それとゴミ箱に捨てられていた美樹のバッグのこともすっかり置き去りにされ

あの後から忘れた形になっていたのが残念です。


それにしても美樹と仲原の進展が早すぎるのではと思うのですが

美樹にとっては仲原は数少ないオアシスですから、ま、しょうがないか。


恋のライバルとなった万里香ですが、美樹はまだその正体を知らないというのがまた巧妙です。

美樹の凍死を意図したくせに知らぬ存ぜぬの図太さや、

先輩達を相手に堂々と美樹のことを告げ口するのが凄い。

善意の三者を装って実は悪意たっぷりなのがすばらしかった。

ここまで頭が回る人はそうそういないと思います。


そして仲原の母親との食事会。

携帯を盗み見てこれを知った万里香が先輩達に教えたからの妨害なのですね~。

先輩たちが隠れて聞いていたというのが怖いです。

社内恋愛はくれぐれも慎重に運ばないと大変だということがよくわかるエピですね。


ただ仲原の母親もイジワルそうでしたね?

美樹のようなおっとりしたタイプにはきつい姑になりそうな予感。

美樹も早く連絡を入れてとっとと断ったほうが良かったのよね。

仕事と仲原をてんびんにかけて仲原を大事にしてないなどと言い出す母親って

仕事をきちんとしたことがなかったか社会人の経験がないってことでしょ?


美樹が聞いてなかった学生に案内状を送る仕事ですが

いつのまにか手書きで入っていたのが爆笑でしたよね。

よくまあとあきれますが、

美樹も知らされなかったと抵抗するよりも

すぐに頭を切り替えて次に進んだほうが懸命だったかも。


泣きながら桐野に訴えた美樹が

逆に「あいつらと同レベルだ」と言われたことで発奮し

一人ひとりに電話したことは良かったですよね。

そこに気づけたことが社会人の一歩を踏み出したということでしょうか。

ろくな会社ではないけれど

とりあえず仕事とはどういうものだとわかっただけでも良しとせねば。


美樹は新人だから怒られても違和感ないですし

陰湿ないじめはこちらが鬱になりそうなくらいですが

この子には仲原という味方もいるからまだ救われる部分もあります。


でもね、辞めさせるためにさまざまなイジメをする例はいくらでもあるんです。

自分は無能ですと一日中ノートに書かされたとか

こういう失敗をしたとゼッケンをさらして街を歩かせられたなんて聞いたことありませんか。

もちろん人権侵害ですし、訴えても断ってもいいのにあえてそれでも行ってしまうのは

ひとえに家族を養う立場だったりするからでしょうか。

こうしたトラブルで辞めた人を次の会社はなかなか拾ってくれないのも実情です。

こういうケースで自殺したり精神を病む例は枚挙に暇がありません



しかし、こういうバカバカしくも陰湿ないじめを見るにつけ

人間は余裕がないときは小さいイジメなどは普通に行ってしまうのではと

気を引き締めることも大事かなって。

自分では何の気なしのつもりでいても相手にはイジメに受け取られるケースもありますから。


とにかく会社というところは人間関係が全てなのかもしれません。

それは結局、能力です。

反感を買わないように上手に動き、

仕事の面でも隙を見せないぐらいのスキルを身につけるのが先でしょうか。

いつかもっと意識の高い境地に入れたら

こんなレベルの低いイジメなどくだらなく感じる日がくるはずです。きっと。

でも・・まぁ・・そんな境地になれない俗人間な自分ががっかりだったりして。


Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1172-42db596a