FC2ブログ
田村が変身しつつありますね。今週の苦渋の決断も成長の証?理想の法律家めざしてガンバレ~!!
ある日の昼休み。大野行政書士事務所では、田村 (櫻井翔) がせっせと 「 キッチン・ミヤシタ 」 のチラシを配っていた。親子丼が名物のこの店、開業してまだ三ケ月というのに、既にお客が減りヤバイ状態らしい。実は、田村が行政書士補助者として初めて1人で開業申請した店で、依頼が終わってからも店主の 宮下大作 (石原良純) と親しくし、足繁く店に通っているのだった。

その日の夜、田村が店で夕食をとっていると、客の1人が親子丼を食べながら 「 変な味がする 」 と言い出した。ただのクレーマーかと思っていたのだが、翌朝、田村が腹痛で倒れてしまう。栄田 (高橋克実) に連れられ、病院に行くと 「 食中毒 」 との診断が…。まさか、親子丼が原因 !?

その頃、「 キッチン・ミヤシタ 」 には保健所による食品衛生法の立ち入り検査が行われていた。田村が宮下とその妻・緑 (山下容莉枝) に話を聞くと、スーパーの見切り品の地鶏を使っていた事が判明。赤字続きの末にやってしまったようだ。

そんな中、ついに保健所から 「 1週間の営業禁止命令 」 を命じられる。

それから一週間後。店は、被害者たちからの苦情処理に追われ、騒然となっていた。責任を問われた宮下は、被害者には治療費と別に慰謝料として1人につき10万を支払うと宣言。たまたま居合わせた田村と 美寿々 (堀北真希) は、宮下に示談金が高すぎると提言するが、脱サラしたばかりで、サラリーマン根性が抜け切れない甘ちゃんの宮下は耳を貸さない。さらに調子に乗る被害者たちは、慰謝料として200万円を請求する。その要求に、ついに美寿々がキレた !!

大野行政書士事務所に、栄田の顧客で、零細興業を営む 富田 (大地康雄) がやって来た。食中毒で入院させられ、仕事が出来なかった間の損害賠償を請求したいと言うのだが、何と相手は 「 キッチン・ミヤシタ 」 だったのだ。

重森 (遠藤憲一) は、富田の依頼を田村に任命。依頼を受けた以上は、依頼者の利益を最優先に考えるのが当然で、相手側である 「 キッチン・ミヤシタ 」 の情報を一番持つ田村が適任だと言うのだ。

田村は不本意ながらも富田の元を訪れる。しかし曖昧な折衷案を出し、富田の怒りを買うことに。依頼者から 「 私情を捨てて、プロの仕事をしてくれ 」 と言われる有様だ。

人生の岐路に立つ田村。行政書士補助者として友人と依頼人のどちらを選ぶのか…。必死に自分の道を探した田村は、ついにある決断を下す。その決断とは… !?



そもそも食中毒だしたら店が潰れるでしょう?

食を扱うって命を扱うことに繋がると聞いてますが

そんな決意もなく漫然と脱サラしてお店をだしたという甘さがよく出ている宮下でした。


友人と依頼者の狭間で田村は両方の事情を見ることになりました。


依頼者の冨田は食中毒で一週間入院したおかげで現場の仕事は首になり

来月の仕事は他に取られる有様で損害賠償500万を請求したいという。(拡大損害)

冨田の会社での孫ウケ、ひ孫ウケの会社などとのやり取りや

その様子をみていると手形を切ったのを闇金に回すと言われたり土下座したりと

大変な状況であることがわかります。


宮下の持っている金額は500万もないことを知っている田村ですが

美寿々からはしっかり取り立てるのが仕事だとハッパをかけられ

ついに宮下の母親の蓄えからも出してもらう交渉をする決心をしました。


美寿々は、待って・・と言います。

私が取り立てるのは私なりの理由がちゃんとある。法律家としてのね。

あなたには法律家としての理由があるの?いや人間として良心。

その理由がなく取り立てるならヤクザと変わらない。

かつて美寿々が父親から取り立てたときにその父親は翌日自殺を図ったということです。

使い方を間違うと人さえも殺してしまうという忠告でした。

美寿々のこの言葉があったから宮下の母親にもっと深いところからお願いするのでした。


宮下からは350万、足りない150万を母親のもとに交渉です。

田村はそれは宮下のためだというのでした。

もしもそれを支払わなければ銀行の差し押さえや

家を担保に借りるなどもっと大きなことになっていく。

闇金だと法外の利子を取られる。

それこそ店を続けられなくなるのです。

そう説得する田村を友人なのにと罵倒する宮下が全く世間知らずで甘いですが

母親のほうがすぐに理解し、宮下に世の中の厳しさを教えてくれたのでした。

ということで無事に500万を受け取り、一件落着。


田村はユトリンの甘ちゃんではあるけれど、情も深く優しい人間です。

職場で私情を捨てるように言われ続けて苦節何年、

ようやく中立の立場で仕事をすることを覚え始めています。

母親の蓄えを取り立てると目が据わっていたときは狂ったかと思いましたけど

そこはちゃんと深い読みがあったので危ない思想がなかったのが幸いでした^^;


しかし富田社長も食中毒になってしまったときに

それも自己管理の不足だと下請けの人から言われてましたが

そんなことまで言われたらうっかり外食もできないですね・・。

そしたら毎日お弁当持参するしかないのか?



あとこういう食中毒を出してしまった場合に保障する

保険など店では入っていればよかったんではないでしょうか?

それともそんな保険はないの?


自己防衛はどこまで考えるものでしょうね。

少なくとも日常生活の範疇で起きた今回の拡大被害の件は

いろいろ考えさせられますね。



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1191-2a19de3a