FC2ブログ
遂に石油が出た!信念の勝利でしたが、しかし暗いドラマでしたね~(苦笑)
近畿商事は、副社長の壹岐正(唐沢寿明)、エネルギー部門の担当常務である兵頭信一良(竹野内豊)を中心に、イラン・サルベスタン鉱区の掘削を開始した。だが、60億円もの費用を投じて4本の井戸を掘ったにもかかわらず油田を掘り当てることはできなかった。そんな中、最後の望みを託した五号井が、ガス暴噴を起こしたとの連絡が入る。それ以来、現場からの報告は途絶え、電話も繋がらない状態が続いたため、壹岐は焦りを隠せなかった。

2日後、壹岐のもとに現地にいる兵頭からの連絡が入る。2日間に及ぶ徹夜の作業で、五号井はようやく正常循環に戻ったという。壹岐は、ガス暴噴は油がある兆候だという兵頭の言葉を信じ、すべてを彼に任せて掘削の再開を指示する。

一方、黄紅子(天海祐希)は琵琶湖を訪れていた。琵琶湖に国際チェーンのホテルを建てる計画を進めていた紅子は、その下見に来ていたのだ。そこに秋津千里(小雪)を呼び出した紅子は、壹岐と結婚しないのか、と尋ねる。

そんなある夜、壹岐のもとに東京商事の鮫島辰三(遠藤憲一)がやってくる。そこで鮫島は、近畿商事社長の大門一三(原田芳雄)が綿花相場で苦戦している話を切り出した。近畿商事のメインバンクである第三銀行の頭取が、その件で大門のことを心配していた、というのだ。

あくる朝、壹岐は、ただちに綿花部長の伊原(上杉祥三)を呼び出し、真相を問いただした。伊原によれば、すでに大門は、50億円近い損失を出しているのだという。それを知った壹岐は、伊原に進退伺を出すよう指示すると、大門にも綿花相場から手を引いてほしいと進言する。聞き入れられない場合は役員会議で決議を出す、という壹岐の言葉に危機感を抱いた大門は、タクボ工業を訪れて里井達也(岸部一徳)に会った。大門は、壹岐を社外に出すのなら戻る、という条件を聞き入れ、里井を近畿商事に復帰させることを決意する…。


不毛地帯については1話だけ簡単感想を書いていますが

いきなり最終回です。

しかし壹岐さんてば部下に慕われるタイプではありましたが

敵も多かったですよね。

鮫島といい里井といい、

やたらと妬まれて脚を引っ張られたことばかり思い出します。

あの三白眼ですから憎たらしく見えるのか(違う><

話題の割には数字にも恵まれなかったようですが

私はずっとずっと見ていました。

はらはらさせられるほどに次が気になっていたので、

そういう意味では作戦勝ち?

ただ主役には本当に魅力を感じなかったです。

感情を抑える人だったせいもありますが、なんていうか

言葉足らずの変な人という印象ばかり・・

でも仕事は頭脳と人脈でしかも運もよく、邪魔が入るわりには

ちゃんと逆転して信念をカタチにし、成功に導いています。

たいしたものです。


そしてこれが最後と決めた5号井も暴噴でくじけそうになりますが

大門社長が里井を迎えたところでの油噴出の報告を受けました。

ほんと運がいい人。

良かったですね~。

今までの苦労が走馬灯のように・・という表現がまさにぴったりでした。

それからはもう引退の花道ですが

社長に相談役に退くことを勧め、そして自分も辞職。

すっきりさっぱり後進に譲り

組織の力で会社を発展させる道を開いたのでした。

絵に描いたような引き際の見事さでした。


あれ?千里さんとはすまないとお別れしたんでしたっけ?

散々振り回してこちらもお気の毒でしたが

オトナの愛とでもいうのでしょうか

お互いの仕事を優先して見守るというタイプの古いのか新しいのかわかりませんが

壹岐さんがシベリアに眠る仲間たちを家族のもとに返し終えるのを待つと言ってくれました。

最後になってシベリア抑留時代の映像が流れましたが

1話で挫折しそうになったあのシーンでしたけれど

こうしてみると感慨深かったです。

やはり不毛地帯での強制労働は悔しさと怒りばかりが湧きあがります。



「エンゼルバンク」

「海老沢班を解散します」――海老沢(生瀬勝久)から突然飛び出した宣言に、真々子(長谷川京子)は揺れていた。海老沢は期待できる企業に優秀な人材を斡旋して日本の産業自体を育てていく『日本支配計画』の運営に伴い、真々子が所属する部署を分社化するという。ライフパートナー社に残るべきか、海老沢のもとで新事業に携わるべきか…。真々子は今月中に結論を出さなければならない状況に置かれていたのだ。そんな折、真々子は母親から見合いを勧められる。今後の人生を左右する決断を迫られるなか、真々子はなかなか答えを見出せず…。
 そんなある日、真々子が自らの人生についてさらに考えさせられる出来事が起こる。みんなの憧れの的だった大学時代の先輩・岡島和沙(鈴木砂羽)から、転職の相談を受けたのだ。和沙はファッション雑誌の副編集長としてバリバリ働いている女性。ところが、夫・貴臣(鈴木浩介)の母・フキ(藤田弓子)が足を骨折。今後持ち上がってくるであろう介護問題も視野に入れ、貴臣とともにフキが住む仙台に引っ越さざるを得なくなったという。真々子はもったいないと感じるが、「真々子だけが頼り」という和沙の申し出を断ることができず、彼女のために過去のキャリアが生かせる転職先を探すことに。しかし、ファッション誌のキャリアが生かせる仕事を地方で探すとなると一筋縄ではいかない。そこで、真々子は和沙とともに一度仙台へ行ってみることに。そこで、和沙とフキの折り合いの悪さ、和沙の希望を満たす会社がなかなかない現状に直面して…。



ファッション誌の副編集長というキャリアはかっこよすぎて

まぶしい~~~。

そんなステキな仕事を捨てて夫の母の介護のために仙台に移るというのがそもそもお気の毒。

そのキャリアを活かした仕事を探してほしいって言われても

せいぜいタウン誌ぐらいしか見つからない・・。


夫は夫で仙台に異動させてもらったことが負担で

連日接待などけっこう気を遣って仕事をしている様子だし、

奥さんのキャリアを捨てさせるのに平気なのは

自分よりも大きな仕事をしていることに対する嫉妬と見たぞ。


真々子は和沙がファッション誌を辞めることにもったいなさも感じていますが

何度か仙台の家にも脚を運んでいます。

なんで友達の姑の足をマッサージしてあげるのかその辺からして

サービス過剰ですがそれも真々子の良さとしてうけとっておきます。


しかし女が結婚したらこれまでのキャリアを棒にふり

必ず仕事を辞めないといけないものなのか?

沸々と湧き上がる疑問。

真々子は再び仙台を訪れ、和沙の姑と話していますが

姑にとっての畑は和沙にとってのパソコンだと言うのでした。

自分の子供のように愛しい仕事。


しかし夫の方が妻が仕事を辞めて当然だと言う顔です。

和沙は正直夫の母とは気が合わないけれど

一生ついていくと誓った夫の母だから

きっと通じる日がくると

介護をすることに抵抗がありません。


そんなところに姑が現れ、和沙に仕事を辞める必要がないと言うのでした。

自分にとって畑が大事なように

和沙は仕事を大事にしたほうがいいと言ってくれたのでした。

夫が介護をどうするのだ?と聞くと

お前がやれと母から言われています(爆笑

いずれ自分が東京に行ってもいいとまで言い出す話がわかる姑さんでした。

そんなわけで、和沙は変わらずファッション誌の副編集長のままでいられそう。

ただ、いつか必ず孫を見せてくれということは厳命でした。

たくさん孫が生まれたら一人ぐらい仙台の畑を引き継いでもいいと言う子がいるかもしれない・・だって。



そんなわけで今回も真々子の転職紹介はできなかったのですが

大事な友人がキャリアを捨てることなく済み喜んでいます。


海老沢は会社を興して独立しますが

司法、医療、教育の発展こそ日本の胆だという説にのっとり

真々子は教育の分野へ戻るということになりました。

高校で教鞭をとっていた真々子でした。


エンゼルバンクは転職する依頼者が毎回一人なので

1話が長い長い・・・

丁寧なつくりといえばそうですが正直、退屈でした。

もうちょっとスピードを入れ、エピも増やしてくれたらよかったかも。

でもただやみくもに転職させるだけの真々子ではなかったし

適性によっては転職せずに会社の変化を後押ししたり

今週のように姑さんに仕事を辞める必要が無いといわせてくれたり

上手な展開だったと思います。





Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1215-02a71c92