上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/20/2010 Mother 第6話
つぐみちゃんの手紙あたりから涙腺崩壊していました。しかしどのように最終回に導くのか楽しみなドラマです。
仁美(尾野真千子)からの電話に出てしまった継美(芦田愛菜)を目撃した籐子(高畑淳子)は、

奈緒(松雪泰子)に継美の素性を問いただす。

奈緒はついに籐子と妹の芽衣(酒井若菜)、果歩(倉科カナ)にうちあけた。

「継美は私が誘拐してきた教え子です」-凍りつく籐子たち。

籐子は奈緒に継美を母親の元へ帰すよう諭すが、

奈緒は「戸籍を外して、私たちのことを忘れて欲しい」と言う。

そんな奈緒を見た継美は、奈緒あてに置手紙を残して家を出て行ってしまう。

必死で継美を探す奈緒。

駿輔(山本耕史)は「本人が出ていくつもりなら、そうしたほうがいい」と言いつつも

奈緒と一緒に継美を捜す。


葉菜(田中裕子)は主治医の珠美(市川美和子)の説得に応じ、入院する。

しかし、駿輔から奈緒と継美の話を聞き、何とか力になりたいと病院を抜け出す。


一方、仁美は刑事に娘への虐待を疑われ始め、独り不安をつのらせていた。

しかし、怜南が生きていることを確信した仁美は・・・。



おかあさん なってくれたの ありがとう。

おかあさん だいすき。

おかあさん ずっとだいすき。


つぐみの手紙は学習帳のマスに横にひらがなで書かれていましたが

これが泣かせて凄いのでした。

お母さんになってくれてありがとうと言う7歳がこの世界にいるんです。


籐子たち家族の板ばさみになり困っていると察したつぐみは

置手紙をして出て行きますが

それがまたわざ?と忘れた漢字の書き取りノート。

室蘭への帰り道だということですが

怒っているようなマネキンとか波模様のバスとか

子供らしい視点で書かれていてこれも凄かったですね。

実際の子供がああいう思考をするとは思えない。

てか、つぐみが独特の才能を持っているのだとそんな気がします。

さて最後の28番だけは子供にはわからない降車専用のバス停。

いくら待っても来ないバスに階段を上り始め婦警さんに声をかけられてしまった。

ちょうど捜しに来た奈緒がつぐみ!と声をかけ、

そして「お母さん」と走り出す。

ここでつぐみが知らないと背を向けるのではと心配でしたが

とにかくここは心細さがつのった子供らしく奈緒の元に飛び込んでくれてほっとしました。

二人でいる場所が二人の家だという奈緒に全身を預けて抱かれているつぐみ。

これが本当の母娘ですよね。


家に帰れば籐子も辛い決断をしていました。

つぐみを室蘭に帰すように言った籐子ですが

その時、悲惨な子はどこにでもいるしその全てを救うことなどできないという説得でした。

けれど奈緒は同情や哀れみでつぐみを誘拐したのではなく

つぐみの「お母さんになろうとした」のだと説明しています。

かつて籐子だって理屈に合わない直感だけで

奈緒のお母さんになったのでした。

考えてみれば同じ道を歩む親子だったのです。

しかし今や芽衣も果歩もいる。

娘たちを守らないといけないし奈緒の決断も尊重したい。

ついに籐子は戸籍の養子縁組を解消しました。

サインをする奈緒もややうろたえ気味ですが

後ろで全てを聞いているつぐみもそこらの子供じゃないので

これまた板ばさみの辛さが顔を今にも泣きそうな状態にさせています。

サインを終え出て行く二人ですが

「ランドセルもらっていいですか」のセリフがますます涙です。


そしてまたあのビジネスホテルで暮らす二人。

その頃、入院した葉菜にはお客できていた老人が花をもってお見舞いに来てくれてますが

葉菜のところにやってきた奈緒や、名刺を差し入れた駿輔のことなど聞いて

即電話するということをしています。

こちらも母親なりの胸騒ぎがしたのでしょう。

そしてものすごい行動力でビジネスホテルにやってきました。

「私があなたたちを守ります!」


***

サイドストーリーに芽衣の赤ちゃんの話がでていますが

相手の男は堕胎を普通のことのように話して、勧めているのでした。

もしかして産んでもいいと言ってくれるかもしれないと望みをかけていただけに

ショックなセリフでした。

芽衣の本音は一瞬でもベビーの母親になり

この世に生をうけた子供に幸せをあげたかったに違いないのです。

迷い続けた親子ですが最終的には堕胎をやめた?

そんな気がしますが、ここははっきりしませんでした。

ともかく男とはもうこれっきりにしたのではないかと思います。


金を要求するほどワルそうに見えた駿輔が意外にも協力的。

つぐみが室蘭に帰りたいならそうさせろと言いながらも

捜索を手伝い、葉菜には事情を話してくれたようです。


余命3週間という葉菜ですが驚くほどの行動力。

母親は本当に強いものです。

逆に病気を打ち負かすエネルギーが湧いてきたようでした。


さて、こんな時に室蘭から怜南母が東京にやってきました。

なんか作業着?みたいな衣装なのですけど・・

今更ですがやはり怜南のことはかわいいのでしょう。


ドラマの中にはたくさんの母親像が存在し、

どれもが母の気持ちを見せています。

まさにタイトルどおり。

幸せな結末を望みつつ最後はどうなるのかハラハラしてしまいます。





Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1265-326260d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。