05/27/2010 Mother 第7話
やっぱり刑務所だった!15年の刑ってことは殺人ですよね。何があったのでしょうね。
室蘭から東京にやってきた仁美(尾野真千子)から奈緒(松雪泰子)と継美(=怜南、芦田愛菜)を守るため

葉菜(田中裕子)は「二人を必ず守る」と決意し、二人を理髪店2階の自宅にかくまう。


怜南が奈緒と一緒にいることを確信し、二人の居場所をつきとめようとする仁美に

駿輔(山本耕史)は「今更会ってもあなたが困るはず」と言い返す。


一方、継美の提案で葉菜の誕生日を遊園地で祝った3人はつかの間の楽しいときをすごしたー。


葉菜との暮らしから子供を守ることの本当の意味に気づいた奈緒は、

葉菜に歩み寄りたいと気持ちを伝える。

「ただ自分を捨てた理由だけは聞かせてほしい」と。

そう尋ねる奈緒に葉菜は衝撃的な告白をする。


そんな中、仁美はついに怜南のいる理髪店にやってきた・・。



大事なものだけ、つぐみだけを選ぶこと。

奈緒がいないときつぐみの面倒を自分がみれるように

家はあったほうがいい。

拒もうとする奈緒をそう説得した葉菜でした。

室蘭から怜南ママが東京に来ていると知ったつぐみは

鍵をかけたか確認し窓のカーテンも閉めています。

母親に連れ去られる自分を恐怖したのでしょう。


再び3人の生活が始まります。

静かな食卓ですが子供がいるおかげでどこかウキウキします。

しかし、しりとりには笑った。

つぐみはラッコ体操やロボット体操って実演までしてくれるわけですが、

葉菜は北枕とか裏街道とか・・いったいどこの誰というところです。

のちにわかるのですが刑務所でくらした記憶がこんな怖い単語で出てしまうのでしょうか。

つい吹き出している奈緒も楽しんでいるようです。

そして好きなものは観覧車と言う葉菜の言葉をしっかり聞いているつぐみです。

三人で遊園地に行き、お誕生日のお祝いをすると提案するのでした。


藤吉のところにいる怜南母は怜南を欲しい人がいるならあげてもいいし

自分は沖縄あたりでもう一度やりなおしたいというのでした。

でもそういいながら駿輔の家をさらってるのが気味悪い。


楽しい遊園地を過ごし、つぐみのお手製のペンダントをかけてもらった葉菜でした。

涙する葉菜の気持ちがすごくわかります。

帰りにどこかに寄っていくという葉菜でしたが暗号を言う辺りも不気味なところ。

それは戸籍を売買する裏組織か何かでしたが、

こういうところにコネがある葉菜に思わずびっくら。

この戸籍の話をしなければならないわけですがなかなか言い出せず

しかも奈緒も自分を捨てた理由を知りたいわけでお茶やおせんべいで時間が過ぎていきます。


まず葉菜はつぐみの戸籍の話をし

犯罪になるけれど手はずは整ってることを伝えます。

そして、奈緒の最も知りたかったこと。

それは刑務所に服役していたということでした。

15年の刑を受けたことで想像がつくでしょうと。

衝撃の告白でしたが奈緒は黙って受け止めているだけです。

ようやく母が自分を手放さざるを得なかった理由を知り

その苦しみの深さに思いがいくのでした。

さらに同じ道を歩いてしまう自分に愕然としている奈緒です。


葉菜も病院の医師に生命保険に入りたいと頼み込んでいます。

生きがいは自分の命をお金に換えて奈緒たちに残してあげること。

すでに病気の葉菜は生保には入れないはずですが逃げ道があるのかしら?

医師まで犯罪にまきこまれそう@@


こんなところに怜南母が現れ、「怜南」と呼びかけますが

二階にいるつぐみはまだ応えていません。

階段を上がりかけた室蘭の母は奈緒に手をつかまれました。


***

子供を守る事って

ご飯を作ったり食べたり、ゆっくり眠ったり

愛されてると実感すること。

本当に当たり前の普通の生活。

でも親の庇護のもとで守られてると感じながら

子供は育っていくのですね。

奈緒はつぐみと暮らして見事母親になっています。


しかし怜南母は今頃現れてどうしようっていうのでしょう。

欲しい人がいるならあげるとまで言ったくせに

予告ではつぐみが室蘭の母に手を回して抱きしめられていました。

どうなることやら・・・。


しかし葉菜には驚きます。

物静かな地味そうな怯えた風な様子でありながら

大胆に戸籍を売買することを提案できるということ。

やはり長い人生一筋縄ではいきません。

裏街道と言っていましたがまさに裏の組織なんですね。

ちょっと頼もしかったりして^^;

ついでに生保もうまくかけられたらいいですね^^;


さてつぐみは二人の母の間でどういう結論をだすでしょうか。






Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1268-585ec59a