スケジュール管理の妙がすごく受けました。
冒頭は世田谷にお住まいの佐藤さん一家です。

2LDKが手狭になり子供たちのおもちゃなどをトランクルームに入れるという選択でした。

この倉庫会社、キュラーズは元オフィスを改造したもので温度湿度管理が万全なのですね。

広さもそれぞれありますが佐藤さんは1・5畳タイプを借りたようです。

家賃12万+トランクルーム19000円はちょっと大きいのではと思うのですが

あわせて14万弱ですから23区内の3LDKだと思えば妥当なところかもしれません。

このキュラーズが中央区勝どきに進出してきました。

大きな40階建てタワーが何棟もできるので

ステファン・スポーン社長はここら辺に入居する3000世帯のうち100~200世帯は

このトランクルームを使うだろうとそろばんをはじいています。


こんな空きオフィスが目立つこの頃ですが

空きスペースの有効利用で面白いのが「カーブス・ジャパン」

12個のマシンと足踏み台を置き、30秒で次へ移動するという

あのアメリカのやり方をそっくり持ってきました。

30分で一巡し、終了だそうです。

ここのスポーツクラブの会員は女性限定で平均年齢53歳だそうですが

30分でちょうどいいようですね。

一般的にあるスポーツクラブのようにシャワーやお風呂プールもないですし

ロッカーも扉なしです。

更衣室にもドアはなくカーテンで仕切っただけ。

ですが十分です。

みんな楽しそうですしひと汗かいて満足して帰っていくようです。

このカーブスジャパンを日本に持ってきたのがガリバーなどの経営で知られる

増本岳会長です。

大成功みたいですね。

なので空き物件を売り込む業者がひしめいているようです。

三井ホームエステートは52坪42万ぐらいで提案してきていましたが

上限は40万ということでここは一旦退いたようです。

カーブスの物件ハンターの榎戸さんはフランチャイズのオーナーのために自分の目で確認に行きました。

愛知の鬼頭さんはこのカーブスを2軒持っていて3軒目の出店ですが

シャッター商店街の中にカーブスを出して成功するのかどうかの立地を見ることも課題でした。

ここは書店の奥ですが本屋が倉庫としていたところを借りる予定です。

道路の先にヤマダ電機があり車の流れもいいのでGOサインが出たようです。

店舗を一軒出すときのオーナーの初期投資が2100万ぐらい。

会員が450人いれば月に65万の利益が出るというしくみでした。

鬼頭さんは50万の利益を目標にしているそうですが実際は厳しいといっています。

仙台ではスーパーが奥の空きスペースをカーブスに貸し出しました。

会員が汗を流した後に健康飲料などを購入することも予定に入れています。



都心の空きオフィスの有効利用を仲介するのはライヴェックス社。

あらゆる情報を手に電話を持った社員が会議室で電話攻勢をしかけていました。

140坪の物件を貸し出すために担当の福山さんが営業したことは

近くの同面積規模の会社を訪ね、引越しに興味はないかということを提案することでした。

同規模で家賃が安くなれば動くところもあるはずですし。

そういうことで飛び込みで入った派遣会社が興味を持ってくれました。

数年前より賃料相場が3割下がっているそうです。


また大手町のあるオフィスビルは事業仕分けの舞台になった場所ですが

この時、1200万ぐらいの使用料が入ったということです。

このTKPという貸しオフィスの運営会社は200名の社員で36億の売り上げ。

全国に506室を持っています。

稼働率は70%だそうです。

今は会議室は自社でもたず借りるという傾向があるそうですがその波に乗ったようです。

河の社長のビル経営側との契約は長期ではなく短期で安く借りるという点が斬新です。

TKPが借りている間もビルオーナーは空き室募集ができ、

その空き室を他の借り手が現れたらTKPは撤退するというカタチでした。

河野社長はかつて為替を張っていましたがそのスピード感覚をオフィスに持ってきたのでした。


札幌駅より徒歩3分のビルですがTKPのオフィスがあります。

平日昼は満員でも夜と土日を有効利用するにはどうしたらいいかと知恵を絞りました。

そして出たのが結婚披露宴プラン。

ギリギリ会議で使ったあと2時間後に結婚披露宴会場に様変わり。

招待客一人8000円プランでした。

まずはイスに白いカバーをつけ、赤い絨毯をバージンロードにし、

人前結婚式をあげてその後に披露宴会場へと導きます。

お料理もケータリングでビュッフェ方式。

時間で貸すという発想ですが屏風などの小道具の演出もちゃんとそれらしくできていました。

いつものスタッフ9人で、結婚式場の向こうを張って、披露宴を敢行したようです。

凄いことですよね。

終わった後も翌日の貸し室に備えて片付けていました。


***


面白かったです。

空き室を有効利用するところに結婚式場を考えたのが凄いです。

そう考えたら冠婚葬祭全部使えるんじゃない?


そういえば会社でもTKPはよく利用させてもらっています。

地方に会議や説明などで行くときはその利用人数に合わせて時間借りしています。

助かりますよね。

確かにオフィスでスペースを持っていてもあいてる時間の多い会議室は

その分の家賃を考えたらもったいない。

ここは借りたほうがお得ですね。


今回はカーブスも興味深かったです。

実はスポーツジムは何度か行っていますが

私なんかはあんまり体力もないしシャワーなども使わないので

カーブス方式はちょうどいい気がしました。

映像で見たのはだいたい熟年の女性中心ですが

その後の時代に向けて健康志向が反映されていますし

こういう試みを取り入れる女性パワーも賢いですよね。

ただ初期投資が随分お高いので驚きました。

コンビニ出店だってもっとお安いのにね。

それに会員450名集めるのは大変な気がします・・・。

てか赤字にならないようにするためのボーダーラインは何人なの?


とにかく生活に溶け込まないものは借りたほうがいいという発想は間違いないです。

都心のコンパクトマンションもそういうところから発想してません?

居住する部屋は狭くても、大勢のお客が来たらパーティールームを借りればいいし、

遊びにきた親戚が泊まりたいと言ったらゲストルームに泊まってもらえばいいのよね。

それにちょっとした商談だったらマンションのロビーで十分できるわけです。

一種の貸し室みたいなもんですよね。

そういう機能のあるマンションを選べば、居住面積は「立って半畳寝て一畳」そのもので十分なのよ(笑


なんてことですが

貸し室業界は知恵を絞り面白い利用方法をどんどん提案してくださいね。

次の提案も期待してます。



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1285-3cb78c40