上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オープニングの映像が変わりましたね?舞台で活躍する大雅を予感させ、いい感じです。
ついにキスを交わした2人!しかし大雅(松本潤)と詩織(竹内結子)の恋の行方にはまだまだ障害が…。

 楠大雅(松本潤)は北村詩織(竹内結子)の揺れる想いを聞き、2人はキスを交わした。父・航太郎(伊東四朗)の大事なトロフィーを割ってしまった直後に青木久雄(松重豊)らが事務所に戻ってきたため、とっさに稽古場に隠れた時の出来事だった。
 詩織は気を取り直して海(小林星蘭)を迎えに行くと、海の誕生パーティーをしようと友だちやその親たちで盛り上がる。これが自分の生きる世界だ、と心に言い聞かせる詩織。
 大雅は詩織との出来事が嬉しい半面苦しくて、複雑な恋心を植野慶太(笠原秀幸)に打ち明ける。以来、大雅は事務所に顔を出さなくなっていた。青木は大雅と詩織の様子がどこかおかしいことに気づく。
 ある日、大貴(沢村一樹)と大雅が自宅にいると、そこに真知子(松坂慶子)が宮瀬桜(桐谷美玲)を伴って帰ってきた。桜は、先日放送された真知子と大雅の温泉番組についての読者投稿記事が載った新聞をわざわざ持ってきたのだ。好意的な内容の記事に大雅は感動する。
 帰り道、送ってくれた大雅に桜は自分の気持ちを伝える。告白されたことすら気づかない大雅に突然キスをする桜。しかし、ちょうどその場を詩織が目撃して…。

出演者
楠  大雅 … 松本  潤
北村 詩織 … 竹内 結子
楠  大貴 … 沢村 一樹
宮瀬  桜 … 桐谷 美玲
植野 慶太 … 笠原 秀幸
伊良部 譲 … 永山 絢斗
鳩間 新市 … 小倉 一郎
志賀 光治 … 大下源一郎
北村  海 … 小林 星蘭
青木 久雄 … 松重  豊
楠 航太郎 … 伊東 四朗(特別出演)
楠 真知子 … 松坂 慶子


先週のキスシーンの映像から~。

やっぱり美な松潤。

平静な気持ちで見られるというのもいいもんですね~


夫への永遠の愛を誓いつつ大雅が心に入り込んできたことを自覚する詩織。

大雅とは住む世界が違うということで封印するつもりのようです。


海をお迎えにいくとお友達と一緒なわけでママたちの呼びかけもあり

お誕生会を行う運びとなりました。

大貴は詩織を見ていてフェロモンが和らいでいるとのことです。

男爵らしい特殊技能に爆笑。

詩織は海との生活を大事にし、これが自分たちの世界だと結論しました。


詩織に続いて大雅の不自然な態度に社長は勘が働いた様子。



慶太に自分の気持ちを切々と訴える大雅ですが

役のセリフにある「恋は自分がどれだけ我慢強いかを調べるリトマス試験紙みたいなもの」だと

励ましてくれるのでした。

試されてるというのが慶太の意見です。

時折詩織とのキスを思い出してはジタバタ・・でも恋を自覚し苦しくも嬉しい気持ち・・?


大雅と真知子さんの旅番組を見た春樹。

死んだ兄の嫁さん(詩織)の事務所にいる大雅を確かに見た!!

ここでライバル意識がわいてきたのかどうか・・作戦開始ですかね(笑

同じく海も大雅を見ています。


学童では海たちのお誕生会。

海は思い切って蒼空を自分ちのパーティに誘っています。

そこに迎えにきた母親ですが蒼空は何か母親と問題を抱えてる様子。


大雅に大貴は詩織のフェロモンの話をしていますが海の誕生日を家で行えばいいと提案。

そんなところに桜が大雅の旅番組の記事をもってきてくれたのでした。

読者の投稿ですが大雅のこれからの活躍が楽しみだと結んでいました。

ちょっと泣いている大雅・・。


海のお誕生会の飾りつけとお料理企画。

ミートローフを大雅に作って欲しいと言い出す海に「甘えちゃだめ」という詩織。

大雅さんは家族でも何でもない人だから。

ママもすぐに甘えたくなるけれど、二人で生きていかなきゃいけないの。

素直に理解する海もいい子ですが詩織の決意もエライです。



桜を送る帰り道。

好きなの、先輩のこと。

とさらりという桜。

俺も好きだよと軽く返事する大雅。

そういう意味じゃなくてといきなりほっぺにチューの桜ですが

道路の向こうで偶然詩織が見ていたのでした。

海の牛乳を買いに出たのだと説明してすぐに行ってしまった詩織ですが

あとを追いかけていく大雅。

誤解だと必死で訴える大雅に、自分の恋は終わったのだという詩織です。

ああ、今夜は会えてよかった。

私大雅さんのことなんとも思ってないと伝えなきゃと思ってた。

そしてお土産の携帯ストラップの石も返すのでした。

海の誕生日はどうするの?ウチでどうかと一縷の望みをかけて聞く大雅に

小学校のお友達を招いてお誕生会を開くとニベもない詩織。

大雅も読めない詩織の気持ちに戸惑いますが

詩織はこれでいいのだと自分を納得させているのでした。


バイトを探してアイスクリーム屋台にいる大雅ですが

偶然譲に会いました。

俳優オーラが消えてると大雅から指摘されますが流しています。

譲曰く自分の目標は大雅を倒すことと桜との共演だったそうで、

叶ってしまった今は新しい目標ができたという。

それは有栖川正志の演劇ワークショップというもの。

こちらから受講料を払って参加する厳しいワークショップらしい。

一緒に2週間やってみないかと誘われた大雅は社長に恐る恐る申し出ています。

反対かとおもいきや社長はやる気になってくれた大雅を喜んでくれるのでした。

これでオープニングの舞台を予感させる運びとなりましたねえ~。


そして社長からも大雅に話が。

それは、詩織との関係。

すっかりばれている大雅の行動ですが、

海とワンセットで考えないといけないわけであの親子をしっかり養っていけるのかと

大人な視点で釘をさすのでした。



お誕生日の当日、アサガオが咲き、ラッキーと喜ぶ親子。

生まれてきてくれてありがとうとママは海を抱きしめます。

そういう海は誕生日の限定アイスを所望。

行ってみるとそこにはバイトの大雅がいて親子を驚かせます。

バースデイアイスを食べ終わったころに、大雅が二人をつれてピアノのショールームへ。

そこでハピバを弾き語りの大雅でした。

小さい頃から英会話にバイオリンと習わされていたという大雅。

お坊ちゃまを侮るんじゃない、だそうです。


北村さんを好きになってよかった。

後悔はないよ。いい恋ができてよかった。

こんな思いがあるって知ることができて良かった。

北村さんのことを考えているとすげえ苦しかったけど幸せだった。

二人の幸せを祈ってると言いおいて爽やかに去っていく大雅。

残された詩織はただ涙でした。


海のお誕生会は大盛況。

ちゃんと蒼空くんも来てくれました。

そこにやってきたのが春樹にいさん。

大きなプレゼントがまた子供に夢を運んでくれるようです。

誰?という子供たちですが「海ちゃんのおとうさん?」という声が。

照れるな~とすっかり喜んでいる春樹です・・。


事務所に戻った大雅ですがそこに桜がいました。

自主練だという大雅です。

桜はCMのオーディションの結果待ち。

大好きな航太郎さんのビデオをみている桜ですが

今は大雅さんのことが好き。

北村さんのことを忘れさせてあげると桜の顔が近付きます・・。


**


あらららら・・寸前で画面が落ちた・・・あは

どうなるの?


住む世界が違うと自分の気持ちを封印する詩織。

詩織の拒否に失恋だと納得し、さらに事務所の社長からも釘さされた大雅。

お互いに好きでいてもそうは問屋が卸さないのです~。


海ちゃんのお誕生会。

ママにとってはもう自分の誕生日はなくて

子供の誕生日がイベントになるわけですね。

アサガオが咲いたことでいいことがありそうと予言どおりに

大雅からは弾き語りのおしゃれなお祝い。

そしてライバル?春樹も大きなプレゼントで駆けつけてくれました。

大好きな蒼空くんも来てくれたし子供にとっては忘れられない日になりそうです。


しかし、大雅の弾き語り後の詩織の涙は

本心を語って余りありましたね~。

住む世界とか夫への誓いとかいろいろあるのでしょうけど

別に自然体でいいんじゃないのかしらねえ・・。

大雅の方は本当に自然なんですけど。

で、桜と春樹の参戦。

ちゃんと直線で結ばれてる二人なのに絡まってきました・・。


あと、大雅の役者としての活躍が期待できそうなワークショップの話に気分が盛りあがります。







Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1314-65f1aff9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。