上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読まざるべきかとハムレットのごとく人生の悩みは深い。いやいや大げさですが・・実は「悪人」のことです。
この本を買ったのは偶然で2~3ヶ月ぐらい前だと思うんですが

正直あんまりおもしろくないので(文章が合わない?)放置プレイしながらも

どうにかこうにか上巻を読み終え、下巻にとりかかったころ、

深津さんのモントリオールでの授賞が発表されました。

この話題作ですからね、

最近になって友人から映画の「悪人」を見に行こうと誘われているんですが

そしたらこの本、アタシは読まない方がいいですよね。

少なくとも深津さんの演じる女性はまだ出てないみたいだし。

過去に(告白)原作読んでしまい大失敗!がっくし><だったことを思ったら

当分放置プレイでいいのかな?

それにしても、妻夫木が主役を演じたくて切望したというくだりで

唖然としたのが正直なあたしの感想。

この祐一という男に何の魅力も覚えず

ただの貧乏くさい、したいだけの頭の悪い男にしか感じられなくて

そういう祐一のどこに妻夫木は役者の真髄を見出したのだろうと不思議です。

きっと下巻のこれから読むはずのその部分にその魅力が詰まっているんでしょうね。

ああ、それ考えたら映画の内容が楽しみじゃないですか。

やっぱり読んではいけないですね。

よしっ、友人には早くスケジュールを組むようにいわなくては!!

「悪人」見て面白かったら、報告するからね~。

てか、みなさんの評判はどうなの?




と、今日のつぶやきでした。




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1321-9bae073b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。