上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/12/2011 レベル7
レベルセブンまで行ったら戻れないと言ったのは宮部みゆきの同名小説の女子高生。
一方こちらの状況は悪く戻れないどころかその先に行ってしまうかもしれない・・


まずはチェルノブイリと並んでしまいました。

枝野さんは重大な事として受け止めるとコメントしていましたが

しかしこの先に何があるのかわからないのが本当に困りもの。

余震が起きるたびにフクシマの反応を真っ先に確認するのがやっとという現状です。

チェルノブイリと並んだとはいえ、かの地を教科書としてきたわけで

かの地さえまだ終わっていないしいまだ最中なのです。

石棺にした後から莫大な放射能が漏れ続けていて

さらにそれを覆うテント状のものを計画してるそうですが

それもまだ進んでいません。


しかし、こちらは日本だし、学んだ事はたくさんあるわけです。

少なくとも事故や状況の隠蔽はしていないし、数字の操作もしていないと信じるならばですけど。

まずは現場の皆様に敬意を払いつつ今後を委ねるだけです。

とにかく放射能拡散を減らし石棺にするまでが長い長い・・

安定するまで10~30年はかかるかしら?



そしてここからできることは何にも増して人命優先だということです。

出来る限り放射性物質を原因とする患者をださないことが第一義なはず。

それが掲げられればおのずと開ける対策なり準備なり報道があるのではないでしょうか。

ただちに健康被害はありませんと繰り返され枕詞か常套句になってきましたが

蓄積された場合どのような病状が表れるのかを知ればまた対策の仕方も違ってきます。


私はかつてチェルノブイリの子供たちを救済する団体か何かに

何度か募金を行ってきましたが

確かに子供たちは甲状腺がんになっていたと記憶しています。

今さまざまな文献で読むと数字を少なく感じるのは

当時は一人ひとりの事情などを細かく紹介していたので

熱い思いで読んだからなんでしょうかね・・


でも真偽はわからないけれど大人は意外に少なかった。

これも今の報道の通り。

何らかのガンは確かに発生したけれど因果関係がわからずで不明ですが

事故や工事などに関わった人たちは何かの関係があったのは間違いないでしょう。

しかし周囲の一般居住者は放射線量が膨大な割にはさほどでもなかったような・・・

ゼロではないけれど20年30年蓄積して発病するころにはすでにもう・・モゴモゴ・・ということも。

なわけで、たとえば私なんかもうとっくに諦念とか達観とか楽観もあるわけで

この私に放射線被害の何らかの病状が降りかかってきたとしても

何しろあたしってば美人薄命(!)だからと納得し諦めてしまうと思うのです。


でももしも我が家に小さな子供がいたら話は違います。

子供の将来をつぶすことは日本の未来をつぶすに等しいので

真っ先に西の方の友人を頼っているような気がします。


東京にいて98%ぐらいは安心だけど2%は不安材料だとしたら

その2%のために不安が不安を呼びうつがさらに悪化し体調まで崩すような気がするわけで

そうなるならばやはり今思うことをそのまま実行したほうがいいような気がするんですね。

あ、あくまで私の場合です。オススメしませんよ。

でも、誰かが言ってましたが戦時中の疎開よろしく学校ごとにそっくりそのまま

子供たちだけで西の方へ移転して寮みたいに過ごし、

その地で学校運営を継続すればという意見。

私もちょっと賛成だったりしましたわ。

今の時代それは無理でしょうけどね。


ともあれ、親であるあなたの判断は重大です。

原発のことも放射性物質が蓄積されたあとのことも調べればいくらでも出てきます。

まず知るべし。

そしてそれに対する対策も備えも納得するまで用意すべし。


大事なお子さんを必ず守ってくださいね。




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1397-e18365f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。