珠緒ちゃん、受験勉強したことなかったらしい・・困った島田の顔にちょっと笑った。でも続行なのよね?
島田が珠緒を教えると宣言、由美子はショックを受ける。アルバイトの傍ら寝る間も惜しんで勉強に励む珠緒は、日に日に憔悴。その様子を見た翔は、珠緒を勉強に専念させようと2年分の生活費300万円の借金を満津枝に申し込む。満津枝は一計を案じ「2年後、珠緒が受験に失敗したときは、翔が高卒認定試験を受ける」という条件をつけてお金を貸す。可奈が北沢を福原家に連れてきた夜、翔のことを「医大を目指す浪人生」と誤魔化す由美子の言動に、翔は傷つく・・・


由美子は珠緒のせいで翔ちゃんが悪いほうへと落ちるといいますが

珠緒は今の方が幸せだと言ってると

翔ちゃんが不登校になりドロップアウトしたいきさつを教えました。

それは小学校から塾に生かされて嫌いな勉強を押し付けられたから。

あなたに何がわかる?と言ったあとに

20年間プレッシャーを掛け続けただけでしょうと反論された由美子です。

「翔ちゃんの心が折れたのはお母さんのせいだと思います。」

「あなたにお母さんと呼ばれると虫唾が走るのよ。」

島田は関係ない顔して資料見てるのがおかしい。

二人が静かになると「終わった?」っていうのが大受け。


福原家のお父さんはいよいよリストラ候補ですが由美子に言い出せず。



島田は珠緒を2年間で合格させると太鼓判です。

珠緒が受かりそうなのは九州医科大医学部。

基礎を徹底的にマスターし、前期、後期試験と面接もあることで有利になる。

偏差値43の学校を出て4年経ったあとの学力も把握していると自信たっぷりな島田・・

でもコレが誤算でしたねえ。

入試特別枠で三線を披露したらしい珠緒は偏差値なんておそらく関係ないところだったようです。

受験勉強も一度もしたことがないということで島田のあれええな顔がちょっと笑えた。

でも、そんな状況でもちゃんと島田は見捨てずに珠緒を医大に入れてくれそうな感じです。

一方、珠緒も必死に勉強し、辞書や参考書も必要だしとバイトも増やして勉強もして

体を壊しそうな心配もよぎります。

翔ちゃんは今が十分楽しいからやめようよって感じですが

珠緒の方が頑張りたいと言うだけまだ根性があります。


でも翔ちゃんは一つの行動を起こしていました。

高崎の祖母(野際)のところに行き、300万だけ貸して欲しいということです。

ちょうど翔の好きなイチゴジャムを作っていて由美子に電話中というタイミングに現れたので

祖母としても嬉しいところです。

それは珠緒に勉強を専念させてやりたいから2年分の生活費ということでした。

祖母はOKということにしますが、もしも珠緒が医大を落ちたら

翔ちゃんが高校認定受けて大学に行くという条件を突きつけました。

老後の大事なお金を借金していくんだから

「自分の人生差し出す覚悟しな」というところです。

おばあちゃん、下着販売してたというだけにこういう駆け引きはうまいなあ。

翔は、かなり嫌そうでしたが承知するのでした。

なんか、おばあちゃんに甘える翔ちゃんはどこかかわいかったりします。


可奈のお相手の北沢さんは京都大卒で外資の銀行のトレーダーで年収1億だとか・・。

由美子たちの顔がはりついておかしいったら。

その夜、酔ったふりして北沢を家に連れてきた可奈です。

あわてて、お父さんを着替えさせ、由美子はハーブティーでもと気取っています・・笑

そんなところに翔ちゃんが帰ってきてみんな固まってしまいます。

なんでかって?おばあちゃんが翔にたまには家に顔を出せといったらしい。

そんなタイミングの時だったから翔は妙に邪魔な雰囲気を感じ取りますが

由美子は翔のことを医学部目指して浪人中と見栄をはるのでした。

あああ・・翔ちゃんの傷ついた顔がまたリアルです・・。

可奈はいつまでもふらふらしてる弟がふがいなく

あんたはこの家のお荷物だと言うのでした。

わかってるよ。オレもこの家大嫌いだよ。

オレなんかいないほうがいいでしょう。

淡々としてるけれど凄く傷ついてるに違いない顔・・。

思わず翔に共感してしまうシチュエーションでした。



珠緒は島田から解答から先に見るというテクニックを教えてもらいます。

当たり前のことなんですけど珠緒は受験勉強したことなかったもんねえ。


福原のお父さんは面接ですが

早稲田の理工出身、モバイル事業支えて・・と経歴を言ってますけど

そうじゃなくて、今、何が出来るかを教えてくれと言われています。

この歳で転職するとしたら、今現在の技術で何ができるかって・・・無言


由美子は酒を飲んで寄った勢いで島田に文句を言いにいくのですが

逆に島田から自分のダメさを認識させられてしまうのでした。

親は安全地帯にならないといけないということです。

貧乏ながらも両親が護ってくれてた島田は

結婚してキレイな家に住み高い教育を娘に授けたが

「居場所」がないといわれて安全地帯を作れなかったらしい。

由美子はかつて不登校でひきこもりの翔ちゃんをイライラすると追い出したことを思い出します。

自分が翔を傷つけていたことを今更悔いていますが、

珠緒の言うとおり、翔の心が折れたのは自分のせいだと泣き崩れました。

由美子はそのまま島田に抱きついて寝ちゃったようです。

なぜか翔のバイト先に由美子をおぶって来てくれた島田です。

「翔ちゃん、ごめん」と涙の由美子をただ見ているだけの翔。


その頃、可奈は北沢に誕生日を祝ってもらってます。

プレゼントを見て指輪だと思ったようですがブローチだったので泣いてしまいました。

自分の勘違いがいけないの、と泣くしぐさにまいってしまう北沢。

ついに可奈の魔の手に落ちた!


それから二ヶ月後。

可奈は赤ちゃんができたと暗い顔して現れます。

でも北沢は結婚は考えられないと言ってるらしい・・・

大泣きの可奈・・。


***


次回、可奈は結婚はするみたいですが、なんか雲行きがおかしいみたいでしたね。




ともあれ、あの300万で珠緒か翔ちゃんのどちらかは

大学にいくことは、かないそうというところで

おばあちゃん、策略家ですねえ。


それにしても由美子は大事な息子がなぜドロップアウトしたかもわからずいたとは。

親なら子供が引きこもりになった時点で、

いじめだろうか、勉強についていけないのか、病気か・・など

それなりに調査するんじゃないかと思うのですけど、

今の今まで何もせずにいたのね。

そんで、いらいらするって追い出していたなんてびっくりでした。

今更、泣いてもねえ・・。


可奈はフリーターの弟がいたら北沢と結婚できないのか?

あの「医大浪人中」という意味不明な見栄の張り方や、

翔のせいで結婚の邪魔になるとか。

結婚って本人がするものだし

あの家の女二人、頭おかしいよね。

そしてお父さん、自分のリストラも言えてなかったけれど

それが明るみに出たら可奈に攻撃されそうですね・・

あの状況じゃ言えないのもわかるけど、傷は深くなるばかり。


でもまあ年収1億と聞いたら、確かに狙いたくなりますから

可奈の気持ちもわかるけどね。

ただ、トレーダーってそれは一生の保証じゃないと思うぞ・・



ということで、これまで珠緒たち「アチラ」を「こちら」から見下してたわけですが

今度はもっと上の「北沢さん」の出現で

「こちら(由美子)」は北沢さんからしたら見事に「アチラ」なわけで

その逆転劇にも少し笑えました。

さらに北沢さん的には「アチラ」も「コチラ」も関係ない(と思われる)

正常な感覚なのが好ましいし。

ともあれ、どんだけお金があっても普通の生活してるうちは上も下もないよね~。

さらにこの時世、上下ひっくり返るのは簡単なわけで。


しかし、このドラマって1時間枠があっという間なんですわ。

本当、没頭して見てるんだなあと我ながらおかしい~。



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1439-6753be3e