上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私好みのドラマでした~。さらに母親には突っ込み放題で言いたいことが山になってたわよ。
戸籍のない人って、単純に国籍がないみたいな

異国からの移住者が子供を生んで無知により届けを出さないような問題かと思ってたら

それはそれは驚くような展開で

まさに息もつけないような深い内容のストーリーでした。

情けない事に「300日問題」というこのコトバを聞いたことはあっても

意味は全く知らなかったのでした。

「息もできない夏」は戸籍がないと知った谷崎玲(武井咲)の戸籍復活取得までのストーリーでしょうか。



始まりはバイト先での「正社員登用」

そのための必要書類が住民票記載事項証明書。


住民票って考えてみたら確かに高校卒業ぐらいまでは

子供の立場ではそういうものがあるということすら知らないで

のほほんと生きていたような気がします。

それがどのくらい重要なのかを知ったのはその後に一人暮らしを始めてから。

若い時分、引越してから余りの多忙さに届けを出す期限が過ぎてしまい、

区役所で裁判所から通知が行きますと聞いて事の重大さに愕然となったのでした。

最も、いくらかの罰金みたいなものを払って終了でしたが

「裁判」というだけで私はちょっと震えましたね。


なので、若い玲が住民票というものに何の先入観もなく

軽い気持ちで行くことは自然でしたよねえ。

でも・・と思います。

この子ってば、保険証がないことを今の今までどうして知らなかったのでしょう?

カードをいくつか出してましたがレンタルショップ(ビデオ店?)だって

身分証明書がないとカードだって作れないと思いますけど。

かぜぐらいでは病院にかからないのかもしれないけれど

これまで重い病気にかかってなかったのがコレ幸いと母親はやり過ごしてきたのでしょうか?

生後まもなくの予防接種などはどうしたの?

もしかして何も接種してないとしたら良く無事でしたよね。

それとも自費接種?


学校も普通に通ってたといってました。

それも不思議なことですが、

「mother」では、誘拐した子を学校に通わせてましたよね。

あれはDVから逃れるとかなんとか言い逃れての特別措置でしたっけ?

お母さん(木村佳乃)は介護施設職員でさほど何らかの実力があるとも思えなかったです。

どんな裏技を使ったのでしょう?


それにしてもです。

高校で海外に行くところも多いというのに

そういった情報などは綿密に調べてパスポートの出番がないようにしていたのかしら。


そういった反面、それにしては無防備な母親とも見えます。

成長し、社会人になればいずれ就職や結婚で戸籍などは必ず必要になるはず。

そして娘がパリ留学の機会があったらパスポート問題がすぐに浮上するはずなのに

その件には口をつぐんで

フランス語のテキストは用意してあげたという・・。

はっきり言ってこの母親ってば、頭おかしいんじゃないの?


娘に隠し通して傷つけるよりは、ちゃんとその経緯をきちんと話して

自覚を促していたほうがよっぽど親子としての絆が強まりそうですけどね。


もう一つ、祖母@浅田美代子も

わざとらしく妹と玲を分け隔てていましたよね。

母親の戸籍の問題があることは知ってたとしても

おそらく玲が自分の血を引いた子だと言う事は信じられないのでしょうか?

ここの部分が300日問題の微妙なところなので

玲に対する戸惑いがちの視線が何かを物語っているようですね。

玲はおばあちゃんにかわいがられてないことをうすうす感じながら成長したのかしら。

でも、性格のまっすぐな素直な子に育ってくれて良かったですね^^;




*****


そして区役所側では「ワケアリ」という言葉が出てきます。

母親側を調べ、前夫の状況を探り、

離婚後に、再婚し3ヶ月後に子供を産んでいるということ。

現夫は14年前に死去。

そして300日問題が浮上するのでした。

慎重にいかないといけないと役所の人は言ってましたが

戸籍がないから単純に作りますとはできないような感じでした。


なぜ母親が玲の出生届を出さなかったのか?

300日問題の難しいところで

その離婚後に300日以内に生まれた子は前夫の子だとみなされるということでした。

ということは玲は、現夫の子であっても前夫の子として届けなければならないという

ややこしいことがあったわけですね。

でも母親としてはそうしたくなかったのでしょうか。

この件については詳しいことは語られず

あいまいなまま過ぎてしまいました。


元敏腕記者(?)で現在、区の臨時職員である樹山@江口洋介は

戸籍を作る方法があるから

しっかりと母親と向き合い、戦っていこうと言ってくれました。

その裏には長い厳しい道のりが隠されていると言わんばかりの口ぶり。

でも突然にこの世に存在しなくなった玲にとって

力強い言葉だったに違いありません。


しかし、母親は区役所に一緒に行こうと言ってくる娘に

「うん」とは言ってくれなかったのです!


なんて母親。

イライラがつのる・・。


そして玲は倒れてしまいます。

救急車を呼ばないでとつぶやきながら意識が遠のいてくのでした。




*****



冒頭で「当たり前の幸せ」と語られてましたが

まさに自分のこの幸せは今まで認識した事がなかったです。

それだけに玲のショックがなかなか実感できません。

こんなに大きくなるまで無戸籍と知らずにこれたのは

ある意味、母親の愛情が深く大きかったからでしょうが、

いつか破綻するという現実を先送りにしてきた母親には問題がありすぎます。


この戸籍をどうやって作るかが大変興味深いですが

前夫との裁判とか面倒くさい展開が待っていそうですね・・?

亡くなった父親とのDNA鑑定じゃダメなんでしょうか?

お母さんにも事情があると理解を示した樹山でしたが

どんな事情があるのでしょう?


そしてサイドストーリーに樹山の件もありました。

新聞記者時代に飛ばし記事を書いて犠牲者が出てしまい、

その贖罪としてそこの家庭で援助をしている風でした。



ともあれ、これは面白かったです。

次回が楽しみになりました。


以下は ↓ 第1話のあらすじ。



「息もできない夏 第1話」

 谷崎玲(武井咲)は、洋菓子店『パティスリー・シャルロット』でアルバイトをしている明るくて元気な18歳の女の子。パティシエになるという夢を持ち、高校時代からこの店でアルバイトを続けてきた玲は、真面目な勤務態度や菓子作りのセンスが評価されて、来月から正社員に途用されることになる。
 樹山龍一郎(江口洋介)は、区役所の時間外受付を担当する臨時職員。かつて大手新聞社の社会部記者として活躍していた樹山は、数々のスクープをものにして出世街道を突き進んでいた。だが、ある事件がきっかけで新聞社を去ることになり、以来、誰の邪魔にもならないようひっそりと暮らしていた。
 玲は、店長の安倍川衣里(橋本麗香)から、住民票記載事項証明書や身元保証書など、必要書類を提出するよう指示される。その際、衣里は、正社員になれば全店舗のスタッフの中から選ばれるパリ留学にもエントリーできることを玲に伝えた。衣里は、玲の仕事ぶりはもちろん、アップルパイ作りの腕前を高く評価していた。
 仕事を終えた玲は、さっそく区役所の夜間受付を訪ね、住民票記載事項証明書の申請をする。応対したのは樹山だった。樹山は、玲が身分を証明するものを何も持ってきていないことを知ると、日を改めるよう告げた。だが玲は、仕事があって昼間来ることができないと説明し、受け取りにくる際に身分証明書を提示するので申請だけ先に進めてほしい、と必死に粘る。機械的な応対を続けていた樹山も、そんな玲に負け、やむなくそれを了承した。
 玲は、医療センターで介護士をしている母・葉子(木村佳乃)、14歳の妹・麻央(小芝風花)と3人で暮らしている。父親の啓介は14年前に事故で他界していた。帰宅した玲は、健康保険証を探した。だが、見つかったのは葉子と麻央のものだけだった。そこに、玲たちの祖母・香緒里(浅田美代子)が訪ねてくる。麻央は、玲が正社員になることを香緒里に報告した。
 あくる朝、玲は、夜勤明けの葉子に、健康保険証のことを聞こうとする。しかし葉子は、玲たちの弁当を作り終えるとそのまま眠ってしまったようで、目を覚まさなかった。



 樹山は、玲の申請書を正規職員の田所光子(濱田マリ)に提出する。が、手続きを始めた光子は、玲の住民登録がないことに気づく。
 その夜、玲は、健康保険証の代わりに、衣里から受け取った在籍証明書を樹山に提出した。そこで樹山は、住民登録がされていないことを玲に告げる。そんなふたりのやり取りを偶然聞いていたのは草野広太(中村蒼)だ。広太は、生活保護の申請で窓口を訪れていた。玲は、何故自分だけ住民登録がされていないのか調べてほしい、と樹山に頼むが…。
 仕事中の葉子を訪ねた玲は、住民票がなかったことを告げ、本当はお母さんの子ではないのか、と尋ねた。が、葉子は即座に否定し、玲を安心させる。
 同じころ、北海道のとある会社に、鮎川宏基(要潤)という男が訪ねてくる。そこで鮎川は、社長の夏目周作(北大路欣也)が休暇を取って東京に行ったことを知る。その周作は、玲が働いている店を訪れ、彼女が作ったというアップルパイを買い求めていた。
 一方、光子に頼んで玲の件を調べていた樹山は、母親の葉子に離婚歴があること、啓介と入籍した3ヵ月後に玲を生んでいることを知り…。

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1573-3fb51a1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。