上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
罰ゲームのような忍耐の2時間。Pしゃんのお顔がなかったら持たなかった・・よね?
こういう事件、ミステリー、刑事ものなどのドラマはたいていのものがそつなくて

なんとなく見てしまっても、つい最後までひっぱられてしまうものですが

もう最初から最後までつまらなくて

もう少しで面白くなるんだろうかってまるで、あすなろ物語みたいに,もう少し,もう少しって・・

これは全国でちゃぶ台が飛んだかな・・・

しかし、こういうジャンルでつまらないというのはいったい何が悪いのかとそればかり考えてました。

ま、私がストーリー派なので事件があって、そこに何らかの物語が潜んでいて、

それが社会派的な問題をはらんでいたら最高に理想なんですけど

それをこのドラマに期待するのはそもそも無謀でしたね。


とりあえず今回は初回だからキャスト紹介とキャラの大げさなご披露で

冗長、冗漫な件も必要だったのかしら。

あ、そういえば「冗談」って何度か出てきてたね!(^^;


それにしても平八(香取慎吾)のあの変なキャラは

誰かのモノマネなんでしょうか・・?

合わないっていうか、本当にあきれちゃうような「変」でした。

笑いを入れたかったのでしょうかねえ・・。

まさにヘンテコリンの方の変人キャラ。

できればその能力を人に恐れられる「怪人」の方のキャラに育っていってほしいですね。

いや、ドラマのキャラ設定はそうなんでしょうけどムムム・・。


ゲストの俳優さんたちが

すごくシリアスで、それなりに事件性があり、はっとするんですけど

平八のところにくるとワンテンポずれて

ふざけているのか、無理やりコメディにしようとしているのか

ドラマの中でお遊びの要素に取り入れるものが

ちぐはぐな印象しか残らないのが本当に残念。

こういうのを世間では「すべってる」というそうです^^;

さらに西園寺(山下智久@Pさん)の立ち位置が一歩控えめなわけで

目をまん丸くしてオーとか言うのですが

こういうキャラにするしかなかったのかとやや残念さが漂ったりしました・・

でもPさんは百変化できるから、まだいいわよ・・ね?(ムリヤリ^^


ドラマとしての出来があまりにもがっかりして、さらにカッカしてきて熱が出るかと思ったけど

今日は元気でした・・笑


ということでシーンを探してみました。


★序盤で平八に騙されたシーンのPさん

葉巻をすすめられて慎吾ちゃんと顔が近い・・。

モノホンの捜査一課長が現われてオーマイガというぽかんの表情。


★平塚班の離れ部屋♪

いいよね!

私もこういうちょっと隔離した部屋がほしいです。

ていうか、一度、こういう部屋にいたことあります。

旧式の古い家をオフィスにしたところにわずかの間にいたのですけど

それぞれグループごとに各部屋にいたもんで

おしゃべりしてお菓子食べ放題でいつ仕事したかもおぼえてないくらい

好きなことができて本当に楽しかった思い出。(ドラマとの関係はありませぬ~><)


★お辞儀に特徴あり

序盤で一課長に刑事さんたち全員が敬礼してますが

だいたい150度ぐらいの腰の折り方。

また金田に平八がお願いをするシーンはわざとらしく80度ぐらい?



★事件の再現シーンでの西園寺の見解。

Pしゃんが矛盾を指摘してくれてますが

控えめながらきっぱり変だと言ってます。

正面から殴るはずが、脇だったり、黙って自分を殴るのを待ってるのもおかしいとか

ちゃんと推理してるもんだから・・いや~良かった~~(笑


★ゴミ置き場に直行

全力で走るとややガニまた気味は健在でした。

ゴミにまみれて帰ってきたPしゃんですが、なぜかかわいい~。



★平八の推理

こめかみに指をとんとんするのが平八流?

どこかで見たような気がするのですがあえて言いませぬ><



★麻美のベッド下に隠される西園寺

平八の策略というか盗聴ね。

恵美ちゃんと叫ぶが・・

う~ん・・面白くなかった・・



★ロネの水辺の少女

西園寺のウンチクは光が当たってキレイとか言ってましたが

実は贋作だったという落ち。

お坊ちゃまだけど真贋見分ける力はないようです。

バツ悪そうなホホホのPさん・・か、かわいい。


★恵美ちゃんのメール

遅れてきちゃダメだぞにとろけそうな西園寺さん。

ナイス!


★24時間視界に入るところにいる平八

困る西園寺さん。

デート現場にギャルソンで現れた香取さんでした~。

「恵美がついてるもん」に「うん」と微笑むPしゃん。

恵美ちゃん、しあわせになろうね!


★洋子(高島)とのベッド際でのシーン

結構近いよね。

こちらこそPさんにふさわしく妖しい危険度がUPするシーンでした^^;

洋子は殺されかけたと信じ切ってるのが残念。


★おでこ

金田さんがPしゃんにおでこをごっつんこするシーンがダイジェストにあったけれど

本編ではわからなかった・・。

このシーン好きかも(笑



★パラフィン

違うでしょ・・セロハンのことよね。




★ラストの歓迎会


おでんでしたね。

Pしゃんは昆布をつかんでました。

私もまっさきに昆布とります!




******

ということで、ストーリーは全然つまらなくて

脱落寸前ですが

今週は2時間で長かったからしょうがないかとも思ってます・・

次回はもうちょっとピリリと引き締めて

もっと内容も面白くしてほしいっす。

こうやって、次は・・次は・・と、ずんずん行っちゃって

最後までああつまんなかったって言いそうですけどね^^;


右京さんの「相棒」や古畑さんあたりを目指してるようですが

二人のキャラがこれだとしたらちょっと違うかなという感じ。

せめてストーリーというか中身を濃くしてほしいものです。

というか、タイトルのモンスターズがこの二人を指してるのならば

西園寺さんも怪物になっていくんでしょうか?

それなら楽しみがありますね。


感想が簡単で申し訳ないですが

キッドさんのところではあたたかいまなざしのレビューをしてくれてますよ。

キッドのブログinココログ ← クリック



以下はHPより~MONSTERS第1話~


警視庁イチの変わり者・平塚平八 (香取慎吾) はその性格ゆえ、たった一人の班である「平塚班」として行動している捜査一課の刑事。周囲から嫌われ者として扱われているが、次々と難事件を解決していた。そんな平八をよく思わない捜査一課の面々は、常々彼の活躍に疑問を抱き、その陰には何らかの不正があると考えていた。そんな捜査一課に、所轄の警察官を経て刑事としてのテストを受けることが許された 西園寺公輔 (山下智久) が訪れる。

西園寺が捜査一課長室に足を踏み入れると、そこにいたのは平八だった。平八を課長と勘違いしてしまった西園寺は、初日から平八に騙され、捜査一課長・剣持 (大竹まこと) と平八をライバル視する刑事・金田 (遠藤憲一) に説教される。慌てる西園寺に剣持と金田が言い渡したテストの内容は、平八の部下のふりをして24時間監視し、その行動を逐一報告することだった!

こうしてコンビを組むことになった平八と西園寺。最初の事件は財界にその名を轟かせる企業グループの会長・徳平國男 (団時朗) 殺人事件。犯行は会長の部屋で行われ、真っ先に犯人として疑われたのは、社長を務める長男の 伸一郎 (岡田義徳) だった。伸一郎はカジノで80億円の借金を作り、子会社にその穴埋めをさせていたことを会長に問い詰められており、動機は十分ある。さらに、事件後に行方をくらませたのだ。会長の部屋に出入りできたのは、会長の妻・洋子 (高島礼子) と長男・伸一郎、長女・麻美 (加藤夏希)、そして専務の 西崎達三 (武田鉄矢) と家政婦の 内田和枝 (角替和枝)。犯人はこの中の誰かで間違いない。

そこで平八は犯行に使用された凶器に目を付け、犯人にあるワナを仕掛ける。事件に対して真摯にぶつかっていく西園寺もまた、平八に翻弄されながらも、事件を解くカギへと導かれていく。

果たして、平八と西園寺は犯人を追い詰める事ができるのか !?




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1599-a66b4bf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。