だいぶ前に見たのですが内容も忘れ気味のこのごろ、今のうちにあげときます。
「悪の教典」

この映画は伊藤英明ファンの森友のリクエストで行ったのよ。

確か、大島優子さんの退席が話題になったころで

恐ろしく入場者があって、席も隣り合わせで取れないような状況だったのを

一番前列ならば並びで取れるという瞬間でチケをとったのでした。

おかげで首が痛くて~。

私としては海猿の伊藤さんよりもNHKの保険のドラマの伊藤さんが好みなので

精神軸のずれてるこういう役はさらに好きじゃないです。

これをサイコパスというのですって。

ご本人もゼロか100点の極端の評価になると言ってましたもんね。


映画としての構成は前半はそれなりに問題意識もあり

謎かけもあり、引きずるものがありました。

でもね、後半がただただ殺戮なんです。

これには辟易しました。

途中退席するほどの思い入れも現実感もなかったので

ただ虚構の世界を見ていただけです。


冒頭で母親がハスミンのことを社会と融合できない子だと話していて

自分がその手でどうにかすると決意したのでしたね。

でもハスミンの方が察知能力が高くて先に対処をしてしまったんですね。

つまり親を・・・・。

そこから成長して本性を隠して一見したところは

さわやかで普通のモテ教師として生徒たちの人気を独占していました。


ですが本質は異常者ということで

一つ一つがおかしな部分が現われてくるわけです。

異常体質なハスミンですが、もちろん自分は正しいという論があるわけです。

外には異常に見えるわかりやすい人の方が実は素直なものであり

一見、正しい存在なはずが実は恐ろしい内面を持っていたというそういう映画なのでした。


女子高生と教師の交流などはやっかみも出そうなシーンも多くあり

俗な見方で面白さもありました。

でも全体を覆う異常な空気はなかなか受け入れられなかったです。

そうそう、山田孝之のあのシーンは私もうっかり笑っちゃいました・・ふふっ。

あとAEDの危ない使い方もお下品ながら笑いました・・。


大量の殺戮については以前に見た「少年は残酷な弓を射る」と

精神的異常な面も共通するものがありますが

あの時は母親が抱きしめて救われて終わったという安堵があったのでした。


今回はこれは無理ですよね。

たぶん、精神障害を訴えて無罪を勝ち取る作戦に出て

上手く出てきそうじゃない?

続編があるかもという人もいますから。



「のぼうの城」

こちらは友人の評価が良かったのででは行ってみようかという気分で行動しました。

実は時代ものだというぐらいしか知らなかったのですが

いきなりの水攻めのシーンが出て、ふと311を連想して重苦しい始まりだったのです。

(のちに、このシーンのために上映が遅くなったのだということを知りました)


でもおっとりした野村萬斎さんの味がよく溶けだしていて

面白くなっていきました。

500人の兵に対して2万の兵が戦いを挑んできたというこの件で

地の利と人の利を生かしてよく戦ったという物語ですね。


「のぼう」というタイトルも意味不明でしたが

農民たちとの会話で「でくのぼう」から「でく」をとったという意味らしいです。

ひょうひょうとしておっとりした風貌の野村さんの雰囲気は

領主としての威厳からは遠いけれど親しみやすさはダントツだったのですね。

いつの間にか領民のハートをつかんでいたのでした。


情勢が不利になると自分が悪になると言い出して、水上の踊りを始めたあたりは

遠い意図は見えながらも、敵味方を一瞬で虜にしたという表現でした。


なぜか敵の兵ものぼう様に魅せられて一緒に踊りだすのですね。

映画を見ている人たちがこのシーンを納得したのかどうかという疑問はありました。

私自身が、踊りを見て魅了されたとしても敵味方を忘れるほど単純にはなれないという

まあ、俗物ですので・・。


そして、思惑通り、のぼうさまは狙い撃ちにされ、一瞬にして味方の気持ちを高めることに成功。

そうそう敵の方にもかつての領民がいたりして、農の方々はどっちに転んでもおかしくないような

人々をただかき集められてるということなんですね。

そういう、裏事情も計算にはいっていたということでしょうか。


その敵の農民が水を流してくれたわけでどこに幸運が転がってるかわかりません。

最終的に、負けは負けですが、それでも一寸の魂は通すというのが良かったのでした。


上地雄輔さんが敵ながら立派な武将で威厳たっぷりでよかったです。

貫禄もあったし十分見応えのあるオーラを発散してました。

そしてこの映画にも山田孝之が出演してたのね。

偶然とはいえ、売れっ子だなあと実感したのでした。

ただ一つ、すごくおまぬけな顔の女性がいて眉がないので当然なんですが

どうしても誰かわからなかったのです。

最後のキャストを見て「鈴木保奈美」と分かった時には本当にびっくりしました。


戦い方の面白さや武将たちの性格や駆け引きもみどころでした。

姫様に恋した成宮君の表情にも若いオーラが入り込み、きれいなものを残しましたね。

残念な結末でしたが・・。


とっても後味の良い映画でした。









Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1607-a1f53b9b