生後9ヶ月乳児のバチスタ手術を決行するためのチームとしての動き。


朝田は野口に3例目の手術はしないと告げました。


伊集院は霧島のもとに日参し、その野望を聞いていますが、

実はこれには隠された秘密があったのでした。

変だと思いながらもすっかり騙されていたyo


さて、その乳児が突然の急変。

木原が除細動をしても心停止したまま。

伊集院は電極パッチの位置を変え、背中に張り替えました。

すると心臓が動き出したのです。すご~い!勉強してるね。

婦長もコーヒーを出して伊集院を褒めていました。

焦る野口は加藤にすぐに転院させろといいます。

すぐに恵愛病院へ転院を手配したのでした。


エレベーターで加藤を残して伊集院だけが霧島&野口に拾われたり、

廊下を歩いても朝田と目も合わせないくらいに徹底してました。

とにかく赤ちゃんが助かったのは伊集院のおかげです。


どんどん状態が悪くなる赤ん坊。

朝田と加藤は転院の話を両親に告げました。頭を下げています。

納得できない母親は朝田にお茶をぶっかけていました。


まもなく教授選。

どっちにころぶかわからないと鬼頭は言います。

加藤は気になっていた霧島の母親のことを聞いてみました。

なんと霧島の母親は霧島が幼いときに目の前でビルから飛び降りたと

いうのです。かわいそうに・・。父親の異常さが耐えられなかったと

いうことですが残された霧島がこの父親の元でスパルタ教育を叩きこま

れ育ったというのは、すなわち歪みが出てきそう。

てか、歪んでますもんね。


赤ちゃんの様子を見ながら朝田と藤吉は転院の話をしていますが

実はこれは暗号だったのですね。

教授選の会議の11時に恵愛小児センターに転院させる。

教授会にぶつけたのは大きな理由があったからでした。

しかし、みんな沈んだような暗い顔してましたよねえ。

全くもう騙されますよ~。


いよいよ転院の日。母親はよろよろと倒れるように座り込みます。

隆を捨てにいくんですね・・・

そして教授会。

白衣のじいさんどもがぞろぞろ歩くというのも気味悪いですね。

その中で一人鬼頭だけが颯爽としています。

途中、転院する朝田たちとすれ違う野口は「お大事に」大事に思ってない

口調で冷たく見下ろしてました。そして移動するベッド・・。



教授会。

野口と反対派の教授が鬼頭の改革案を支持すると発言しました

そして野口も、同じように鬼頭の案をすばらしいと持ち上げます。


霧島のもとを訪れた伊集院は、霧島が何を画策したのか聞き出します。

野口が鬼頭案に賛成しても大丈夫なくらいの、医局員を懐柔しているこ

とをバラしました。全員の直接投票になったとしても、

皆が霧島に投票すればいいだけなのです。

教授会は拍手の嵐。11時の2分前から拍手が始まり、それからずっと

拍手し続けてたみたい・・2分も?長すぎるぅ~~!!


11時という時を待っていたバチスタチームのメンバー。

そろそろ11時という時に、伊集院はめがねをはずし「サージカルルーペ」を

つけるときがきたと笑うのでした。


そして赤ん坊を運び出す朝田は11時と同時に赤ん坊が急変ということで

いきなり手術を行うと宣言。

教授会のために手術の判断する教授が不在なので緊急オペということに

したのでした。伊集院も、霧島に緊急オペだと告げました。

バチスタチーム解散だと思われていたので、たっぷり練習を積む事が

できたというのです。

一言言わせてください。霧島にはかなわないことは自分自身でよく

分かっている。でも一つだけ先生には負けない。それは仲間がいること。

こうやって打ち解けたように見えても霧島は伊集院に全部さらけ出して

はいませんでしたね。それはカルテ。


緊急オペ。

大急ぎでオペの体制に入ります。みんな走ってました。

朝田、藤吉、伊集院・・揃いました。いくぜ、チームドラゴン!!

手洗いのメンバー。教授たちは険しい顔でやってきます。

荒瀬がすぐに麻酔を行います。

いちゅーちゅ・・むっちゅ・・もう相手が赤ん坊だと数えるのもそれなり

だから笑ってしまいます。でも赤ん坊に麻酔をかけるのは恐いのよね。

そういう意味でも荒瀬はできる人なんですね。


立ち位置が逆。内臓が反対だったのよね。

術野の狭さも難しさを強調しているようです。

様態が悪くてカテーテルで検査ができなかったということで

開いてみるまで何があるかわからないという手術。


焦る野口に霧島は朝田たちは術前検査ができてなかったことを言います。

霧島はカルテを持っていたのです。

まもなく閉じるしかないことを彼らは知るはずだ。

なぜ赤ちゃんの治療のためにカルテを渡そうとする発想がないんでしょう。


そして手術チームは冠動脈瘤を発見しました。

一同、固まってしまいます。

朝田は無言で見つめるだけ。

加藤はすぐに撤退を告げました。




この手術、終わりになるのでしょうか?

朝田のことだから、自分がやり遂げると言い出しそうな予感。


しかし、みんな暗~い顔して重苦しいものを抱えたような

無言でいたのに、陰では内臓の逆位に対しての練習をしてたなんて。

その日をいつにするかというのも、決めていたのね。

もうすっかり騙されました。

教授会も裏の裏の化かしあいだったし、誰も患者の医療なんて

考えてないのね。

鬼頭だけが爽やかに見えます。



それにしてもあっという間の1時間でしたね。

びっくりするくらい早かった~~@@

最終回がもう楽しみでたまりません。

そして明日の夜は、いよいよ医龍パート2なんですね!!

初回は2時間半スペシャルだって!!


Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/165-1b86cbee