「救缶鳥」システムに共感。
久しぶりにカンブリアを取り上げようと思ったのは

缶詰のパンの評判を聞いたのと、そのシステムに共感したからでした。

録画したのが後半からでしたが、前半はどういうのだったっけ・・・

HPから引っ張ってきました。

以下コピーを読んで思い出しながら・・です・・



栃木県・那須塩原市にあるベーカリー「パン・アキモト」。店舗数は2店、名物は創業以来60年以上作り続けている「甘納豆パン」…。一見、どこの街にもある普通のパン屋さんかと思いきや、実はこの会社の「ある商品」が世界中の人々を喜ばせている。
それは「パンの缶詰」。災害時のための非常食だ。非常食というと乾パンのように固いものを想像してしまうが、「パン・アキモト」のパンの缶詰は違う。なんと製造から3年がたっても、焼きたてパンのようにふわふわで柔らかい。しかも味の種類は25種類にも及ぶ。
秋元が取り組んでいる食料に困っている地域にパンを届ける事業は決して社会貢献ではない。秋元はこの「パンの缶詰」を世界各地の人々に届ける事業を、持続可能な採算がとれるビジネスにまで育て上げたのだ!
日本を始め各国で特許をとった独自の製法から生み出される「缶詰パン」の凄さとは?一体どんな仕組みで社会貢献とビジネスを両立させているのか?
栃木のパン職人・秋元の、世界規模の挑戦を追う!

常識を覆した!3年経っても〝ふわふわ〟の秘密とは?

「3年たっても焼きたてのような缶詰パン」。栃木県那須塩原市でベーカリーを営む秋元義彦がそれを開発するきっかけとなったのは、1995年に発生した阪神淡路大震災だ。震災直後に秋元は被災地神戸に2千個のパンを送ったが、半分以上が傷んでしまい、食べられずに捨てられたのだ。悔しがった秋元は、「焼きたてのようにおいしく、日持ちがするパン」の開発に着手。そして1年間、試行錯誤を続けて編み出した、「斬新すぎる製法」とは…。

画期的な仕組みに企業も賛同・・・新しいビジネスの形

去年11月の巨大台風の被害にいまだ苦しむフィリピン。その被災地の子供たちに、「救缶鳥」という名前のパンの缶詰を届ける秋元の姿があった。実は秋元は、「1缶800円で企業が備蓄した缶詰を、賞味期限を1年残した状態で回収し、食べ物に困る海外の地域へ届ける」というビジネスモデルを構築したのだ。缶詰を提供する企業はイメージアップが期待でき、もちろんパン・アキモトも利益を生む。みんなが喜び、しかも支援が長続きする仕組みだ。社会貢献をビジネスで実現した「救缶鳥」。その絶妙な仕組みづくりの裏側とは?

目の前の「困った」にニーズあり!街のパン屋さんの生きる道

パン・アキモトが長年取り組んでいる小さな事業がある。それは「戸別訪問販売」。買い物に出られない高齢者などの家を1軒1軒まわり、温かい焼きたてパンを届けているのだ。また、糖尿病患者でも食べられる、血糖値の上がりにくいパンの開発にも着手。大企業が手を出さないような、身近で小さな「困った」という声にこそ、中小企業が拾い上げるべきニーズがあると秋元は考える。



ゲストプロフィール

秋元 義彦(あきもと・よしひこ)パン・アキモト 社長

1953年:栃木県黒磯町(現那須塩原市)生まれ
1978年:秋元ベーカリー入社
1996年:社長就任
2000年:社名を「パン・アキモト」に変更


企業プロフィール

株式会社パン・アキモト

創業:1947年
売上高:5億円(2013年9月期)
店舗数:2店
工場:2ヵ所(本店内、沖縄)
従業員:約60人



銀座で缶詰のパンを通行人に試食させてみたら、

みな出来立てのようにふわふわして柔らかくておいしいと大評判でした。

見たところもおいしそうに見えるし、確かにふわっとした感触が目でも味わえるような感じです。

阪神大震災で寄贈したパンにカビがはえて泣く泣く捨てるしかなかったという話から

一念発起して長期保存可能のパンを思いつき、それが缶詰製法へとひらめいたのが発端です。

研究に余念がないといいますが、試行錯誤の連続だったというのがやはり生みの苦しみと発想ですね。

缶詰では特別な和紙を使い湿度調節を試みたところ

それが柔らかいふわふわ感に効果があったということ。

もう一つの課題、長期保存については缶まるごとに焼いて殺菌するということです。

その温度はほかの缶詰製品より多少低いそうですが、企業秘密だと言ってました。

とにかくその方法により、3年保存が可能になり、缶を開ければ出来立てのパンを食べられるのでした。

普通のどこにでもあるパン屋さんですが、この製造方法で各国にパテントをとり

商売としても抜かりの無いようにしたようでした。

店の売り上げの重要な部分を占めているということで確かにスペースを設けてありました。

一缶確か400円前後だったと思います。


そしてこの缶のパンを使ったアイディアが次々と生まれていきましたが、

もっとも国際的に役に立っているのが被災地への支援。

「救缶鳥」と名付けられているプロジェクトですが、これが期限が迫った缶詰を返還してもらい

支援へと回す仕組みです。

企業に備蓄として800円で買ってもらった缶ですが、3年の期限前、2年ぐらい経ったところで

新しい缶と交換してもらうわけです。

何箱も備蓄している企業から期限が迫ってるからどうにかしてくれと電話がかかってきたことが

この発案に至ったのでした。

そのとき、阪神大震災の苦い思い出がよみがえったというのです。

自分の作ったパンが期限だからと捨てられたら悲しいですもんね。

新しい缶を100円引きで買ってもらい、その時に出向いた配送の方に古い商品を持ち帰ってもらうことで

輸送のコストをなくしました。

そして期限を一年残したこれらの商品ですが、これを被災地に送るというわけです。

再購入してもらうことで商売としても継続し、

商品の無駄もなくし、運送にかかる費用もゼロにできたという画期的なシステムでした。


昨年、台風で被害にあったフィリピンの小学校に持参して配っていましたが

子供たちが笑顔で受け取り喜んでくれたのが本当に良かったです。

ただこちらが無償の持ち出しの支援じゃなくて、実質的にはちゃんと儲けが入っている支援なので

事業として続くし、損をしない仕組みはよく考えられていました。

平たく言えば社内用に備蓄してくれた企業がほぼお金を出してくれたからということになります。

その志を秋元社長が支援の場へ持参し、配るというのがうまくできていました。

社会貢献でありながらきちんとビジネスになっている点が新しい発想です。

回収率は8割の人が8割の商品で回収してくれるという割合のようです。8×8の64%つまり・・

数字でいうと、10万缶売り、6万4000缶戻ってくるという割合になっているそうです。



ほかにも缶詰に貼るパッケージ部分にメッセージを書けるようにしていたり、

その広告部分に写真やイラストを独自のものに貼りかえるプチアイディアもありました。

結婚式の引き出物なんて面白かったです。



現在は栃木だけじゃなくて沖縄にも工場を作りました。

地震など災害時のリスク分散という点と、アジア輸出を念頭に置いたからです。


そして社長の話ですが本業を大切にしながら

見返りを求めない社会貢献(サービス)もという考えがありました。

それが、地域の個別訪問のようです。

高齢者のお宅に直接、出来立てパンを持っていき好きなものを選べるようにしていました。

また、こんにゃくを使ったパンを開発研究中でしたが

血糖値を上げないようなものが求められる、糖尿病の患者さんのためのパンでした。

カロリーは一割低く、糖類ゼロだそうです。

ニッチというか、必要とされるものを開発する秋元社長ってアイディアマンですね。

ほかにもいろいろ考えていそうです。


今5億の年商ですが、龍さんから1000億くらいあってもいいって言われてましたが・・(笑)

社長は、もともと秋元パンだった店を

「パン・アキモト」に変えたのだそうです。

パンをパンパシフィック(環太平洋)にひっかけたということでグローバルな展開を狙ったということでした。

1000億まで行ったらもう日本の代表的な企業になりますね。

夢は大きくです!!


エンディングですが・・

名古屋の金城学院女子中学では入学時にこの救缶鳥を2個購入してもらい、

3年生の時に自分で食べるか、海外に送るかを決めるのだそうです。

送るのを選んだ生徒は缶にメッセージを書いていました。

Hello!I want you to have this and get well.

また、Happiness is in this can.

と書いた子がいました。


みんな偉いね。

少しでも世界の子供たちに協力したいと言った生徒がいました。

めっちゃかわいい子でした~~(笑)


そしてこの中学からの缶パンを持った秋元社長が前述のフィリピンに出向いたのでした。

フィリピンの子供たちがメッセージを読んでうれしいと言っているのが本当に涙が出そう。

社長も泣いてました。


***


いい話でしたわ~。

最後、フィリピンの子供たちを見たら私も感動しちゃって涙でした~。


単純に缶に入ったパンを食べてみたいものだと思っていたのですが

そこから「救缶鳥」システムの話が出たところからずんずん引き込まれていました。

ちゃんと黒字になるシステムで応援体制ができるというのは素晴らしいです。

もう私の好みのツボをジンジン突いてきましたわ(笑

自分で請求して宅配で買うというのはちょっと面倒なんで

生協あたりでこのシステムに乗ってくれないかしら・・・

一度購入してしまえば(地震や何かで自分が食べる)必要がくるまでほぼ永久的に(?)

備蓄と回収に出すことで社会貢献ができるので

便利ですし少しは役立ちますしね。

ともあれ本当にこのパンを食べてみたいです!!




中学の話ですけれど、こういったボランティアに参加することで

生徒たちも世界情勢を真剣に考えるようになるということで

視野も広がり勉強にも直結していいことですね。



先日最終回だった「紙の月」でも梨花の学校がこういう風なボランティア体制だったら

あんな無謀な事件を起こさなかったでしょうにね。

お金を寄付する行為は子供がするにはちょっと教育上よろしくないでしょ。

まあ、あちらはドラマの話ですけど(笑



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1759-407eb547