上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶対に死なせないと言ったお父さんに涙。ようやく現実を受け入れたようです。そしてメグ接近の巻。
Story #7 第七話あらすじ 2014.2.19 Wed On-Air


拓人(三浦春馬)は、電動車椅子サッカーの練習中に、偶然、恵(多部未華子)と再会する。

その夜、拓人は、揺れ動く気持ちを打ち消すかのように、「幸せでいてほしい」と何度もノートに書き続けた。

同じころ、恵も、結婚後に繁之(斎藤工)と暮らす部屋の掃除をしながら泣き腫らしていた。


ある日、恵は、陽菜(山本美月)から電話をもらう。

近ごろ守(風間俊介)のようすがおかしいから尾行したいという。

つき合わされた恵は、こっそり守の後をつけた。

守が向かった先は、拓人が待つ公園だった。

恵の手をとって拓人たちの元へと向かう陽菜。

拓人は、慌てる守に、サッカーの練習中に恵と会ったことを伝え、せっかくだから4人で食事をしようと提案する。 
 
拓人のマンションを訪れた恵たちは、陸人(野村周平)も交えて一緒に食事をする。

その途中、陽菜は、守と陸人を誘って買い物に出かける。

拓人とふたりきりになった恵は、以前借りたマフラーを返し忘れていたことを彼に謝った。

そのとき、恵の携帯電話に繁之から電話が入る。

恵は、陽菜と一緒に拓人の部屋にいることを打ち明け、帰宅したら事情を話す、と繁之に伝える。

日曜日、拓人たちのもとに、佐和子(原田美枝子)と昭夫(小市慢太郎)がやってくる。

陸人は、父と母に、大学には戻れないと伝えた。

すると佐和子は、大学を辞めることはいつでもできるのだからいま決める必要はない、と主張し、

拓人も一緒に一度家に戻ろうと提案する。

それに対して拓人は、仕事もあるからここに残りたいと返し、介護ヘルパーの利用時間を増やしてほしいと頼む。

ひとり暮らしを始めた拓人は、宮前家具の店長から広告の仕事を任せられる。

一方、守は、恵と繁之の元を訪れ…。 


以下つづき

陽菜も拓人の病気を知ったことにより、ちょっとした連帯感みたいなものが生まれたような。

なにしろ最初は四人の鍋からはじまった(?)グループ交際みたいなものだったもんねえ(遠い目)

陽菜と交際を続けていながら2年ぐらい拓人の秘密を守り通した守ちゃんて

いい男なのかもだけど、やっぱりこれは言わなきゃいけないことではなかったかな。

でもここまできたらとことん二人の接近を企画するとばかりの守は

なんとメグにヘルパーを頼むのでした。


今拓人のもとに派遣されているヘルパーさんがあんまり気の利かない人みたいでしたけれど

それは現実なんでしょうか?

そもそもヘルパーさんて家事全般できるような家庭的な人というイメージがあるので

あの子は本当にひどすぎる気がするんですけど・・。

料理ができないのはさておき、ごみの分別ができないようではヘルパーの前に普通の生活無理でしょ?

まあそのおかげでメグに手伝ってもらえる運びだったから話の作り方としていいのか・・



とりあえず、そんなこんなで

今週はメグ接近の巻。

繁先輩はメグには拓人の病気を知って大丈夫かと言ってました。

守から拓人のところにメグを派遣してほしいという提案には

ギロっとにらみながらも「俺たち全然問題ないよ」と余裕でした・・(ぐへ~~


そしてメグが拓人のところにマフラーを返しに来ます。

なんとなく家にあがり、守の依頼に応えたように掃除して、

二人で買い物に行き、から揚げ作り。

ヘルパーさんではできない気遣いや心遣いがやはりメグなんですね。

そしてこれはメグの本心からの申し出なんですよね。

事後報告になっても笑って余裕の繁先輩。

俺たち全然問題ないよ。




拓人の今日の目標は

一人暮らし

サッカーの試合

広告の完成



帰宅して立ち上がった拓人は体の自由が利かなくなりいきなり床へ倒れてしまいます。

SOSを発したくても

携帯もテーブルの上だし、ヘルプボタンは高い位置にあり届かない。

こんなところに、虫の知らせか、メグがやってきました。

大声でメグを呼び止め、事なきを得、ほ~っとひといき・・。

トイレットペーパーが切れていたから買ってきたとのことで

さすがはメグ、よく気がつきました。

そして二人で埋めた瓶をだして、あの時書いたメモを確認。

メグ「あなたの隣には誰がいますか」

拓人「今を生きていますか」

二人はまたあの海に行きたいというのでした。

そこに繁先輩がメグのお迎え。

拓人が倒れていたという話を聞いた繁先輩は

メグが来れるときはできるだけ

「来てあげたほうがいいよ」

そしてメグママにも拓人の病気を話し、

「俺たちもできることをやってあげたいんです」

~~してあげる・・って本当に憐み満載ってところで、

繁先輩への拒否感情にとどめが・・。。



メグママはあの日のことを思い出しました。

いつだったか一緒にご飯を食べながら亡き夫の話を詳しく聞きたがった拓人。

おそらく病気のことはあの時すでに発覚していたに違いないのです。

メグママの苦労を聞いた拓人がメグに別れを告げたのは間違いないと確信しました。

しかし、メグにこれを言っていいものか迷うママです。



医者との定期検診は、「恋をしてるか」ということでした。

さすが・・図星!



そして広告が完成した拓人はメグに披露し、冗談を言いますが

ふと、病気は別れを言う前に発覚していたでしょうと言ってしまうメグでした。

気まずい空気になりますが笑い飛ばす二人。

そしてピアノの連弾。

陸ちゃんのピアノがまだここにあるってことは陸ちゃんもまたやってくるのか。

帰るメグに見送る拓人。

ドアを挟んで二人とも動かないのが二人の気持ちが見えるようです。



拓人はノートを開いて書き出します。

「広告ができた」

メグ・・・

後に続くのは・・・?




いよいよメグは繁先輩との新生活に向けて引越しの準備ですが

気持ちが弾まない。

しかし、意を決して明日、拓人と会う段取りにしたのでした。




あの思い出の海にやってきた二人ですが

会うのを今日を最後にするという拓人です。

メグは今何がしたい?と聞きますが俺にはできないことだと笑うのでした。

するとメグが思いっきり拓人を抱きしめるのでした。


泣きじゃくるメグですが、

なんと拓人のあのノートには

メグを抱きしめたいとつづられていて・・

二人ともに同じことを思っていたとはっ!



そんなところに繁先輩から電話。

メグは引越の日なのに海にきてたのか・・。


****

うわ~~~~っ・・涙ボロボロです。

切ない・・

どうするんだってところです。



陸ちゃんの話。

以前、医者の道まっしぐらの自分に拓人がひがんでるのだろうと言ってましたが

本心は、自由な生き方ができる拓人に自分のほうがひがんでたと心情を吐露しました。

この人生、だれにも変わってもらえない以上、自分の人生を生きるだけ。

確かにみんな最初で最後の自分の人生を生きるだけです。

なんかすごく貴重な人生に感じてきた・・。

ひとまず陸ちゃんは恐竜の研究する人生を考えてみるか

人間が恐竜に見えるようなメガネをしたら

相手の人が(患者さんが?)みんなかわいく見えてきて医者の仕事ができるかもしれない(絶対違う)


そしてお父さんがやっと拓人と会い、

絶対にあきらめるなとお前を死なせないと言ったのが号泣に近い気持ちでしたわ。

お父さんてだいたい愛情示すのも不器用でこんな感じですよね。



さて、今週の繁先輩・・

余裕ぶっこいてましたが

内心焦りましたよね。

3年前、拓人のALSを知ったときに絶対にメグに知らせるなと言われて

自分が代わりにメグに接近してついに婚約までこぎつけたという今・・

そういえばわざわざ呼び出して拓人の了承を得るように婚約まできたと報告してましたもんね。

こんな話を聞かされて拓人が内心辛いのに必死の作り笑顔なのをなぜこの人は見抜けないのでしょうか。

そして、メグから「知っていたでしょう」と聞かれた件。

平然と「知ってた」と答えた繁先輩にメグは無言でしたが

何も言わないのが見切りをつけたという風に見えたんですけど。

引越の日にメグが行かなかったのはそれがメグの気持ちの表れだし

しばらくはメグの様子をみるしかないでしょうね。



一方、メグもこの3年の日々を介護の仕事に頑張ってきたわけで

人生に無駄はないというものだし、

拓人の病気の発覚は、神様の思し召しだという風に思ってもらいたいものです。

ひとまず、繁先輩との生活を前向きに考えて

日曜日に引越とか準備とか頑張ってましたが、

やはり、それはもう知ってしまった今、空しいところに行ったようでした。

確かにもともとは「重いから」とふられたメグでしたが

それは拓人が自分に負担をかけさせない最上級の思いやりで言ったことだと理解したわけで

メグとしては、ますます拓人への気持ちが募っていったようです。


メグママとしても、

過去の拓人の言動からメグに別れを告げたのは病気のせいだと察したわけで

今後どのような行動にでるのか注目したいと思います。



それにしても今週あっと驚いたのは拓人が倒れた瞬間でした。

たまたまドラマだったからメグがきてくれたし、うまく解決したけれど

現実の場合にこうなったシーンをいつも想定してないといけないですね。


たとえばどのような対策が必要でしょうか。

単純には携帯は肌身離さずにということですか。

お風呂なんかはヘルパーさんが来てくれたときだけみたいでしたからまだ大丈夫かもね。

ホイッスルもいつも持っていて

SOSを呼ぶ方法も覚えておいたほうがいいかもしれないですね。

どうやって吹くのでしたっけ。

そういえば映画の「海猿」で見たのは、確か棒などで5回(だっけ?)たたき続けるのでしたよね?

身近に棒があればね。

定期的に訪問者を確保しておくのも必要ですし、セキュリティ関係も契約が必要かしら。

そんな現実の問題をいろいろ考えてしまいました。

結論として現状の拓人の一人暮らしは心配度が高いです!



しかし春馬君、痩せましたね。

本気が見える演技に恐ろしく魅入られています。



自分の人生を生きてるという拓人ですが日々に自由が奪われていく現実に

次回は、ついに癇癪玉が破裂した?というところに見えましたが・・・

早く見たい!




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1763-6f654108
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。