今週は三匹のおっさんたち脇でしたね。活躍したのはあまちゃんのあの方!
姑の芳江(中田喜子)にたき付けられ、これまで就職経験がなく、ずっと専業主婦だった貴子(西田尚美)が商店街の精肉店で働くことになる。
 初めてのパートで要領の悪い貴子は、注文を間違えたり、商品を落としたりと、ミスを連発してパートのチーフリーダーの克恵(木野 花)に怒鳴られてばかり。そんな具合なので、ほかの仲間たちとも打ち解けられずにいた。お昼時、仲間の輪に入れず一人、公園で弁当を食べていると、客として出会った早苗(三根 梓)に再会。早苗の優しい言葉に思わず涙をこぼしてしまう。
 ある日、いつものように清一(北大路欣也)、重雄(泉谷しげる)、則夫(志賀廣太郎)の3人が居酒屋「酔いどれ鯨」で飲んでいると、貴子の悪口を言うパート店員たちの声が聞こえてくる。黙っていられなくなった重雄が文句を言い、克恵と一触即発の雰囲気に。
 貴子のことが心配になった三匹のおっさんは精肉店へ様子をうかがいに行くが、貴子がパート仲間の一人・育代(藤田朋子)と仲良く商店街を歩く姿を見て、「悪い人ばかりではなさそうだ」と胸をなでおろす。
 育代に親切にされ、友人ができたと素直に喜んでいた貴子だが、仕事の後に2人で買い物やお茶に行くと、お茶代の立て替えを連続して頼まれ、克恵たちの悪口も聞かされる。悪口には乗りたくないが、せっかくできた友人を無下にできないと何も言えないでいた…。
 1か月が経ち、生まれて初めて貰った給料に喜ぶ貴子は、ケーキをお土産に家に帰る。夕飯時、いつもは嫌味ばかり言われている芳江からも「頑張った」と誉められる貴子だったが…。





何気にこのドラマが面白くて毎週楽しみにしてます。

夜8時という時間がネックなのでたいてい録画ですが、他の録画はいつ見るのか知らないけど(?)

これだけはなんとか時間をつくり見てますね。


事件警察モノと医療モノは取り上げない方針ですが

考えてみたら小さな事件ではあるけれど警察はでてきません。


町内のちょっとしたいざこざというレベルが

逆に身近なトラブルの解決のヒントになるみたいで面白いです。


「北大路・志賀・泉谷」の三人が三匹のおっさんという呼び方なのがちょっとかわいそうですけど

三匹の子ブタから来てるのか、かわいさと親しみがあってそれがいいですね。

本来ならこのおっさんたち、とてもそんな名で呼んではいけないような豪華な面々ですけれど

おっさんと呼ばせてもらえたほかの出演者たち、

撮影終わってから恐縮のあまりひれ伏しちゃうんじゃない。

てか、北大路さんって、実は正体隠してたけど・・とか、印籠出して

法廷シーンへと続きそうなオーラがあるのよね。


さて、今週は清田家の嫁さん、貴子さんがパートに出るの巻でした。

この嫁さん、お嬢さんで大切にされていたのね。

あとで清田おっさん(北大路)が語ったところによると

息子夫婦が大学生ででき婚だったため、嫁さんはすぐに家庭に入り、

こちらの清田家で大事にされてきたということのようです。

清田さんもエライさんだったでしょうし、旦那さんは銀行の課長さん(?)だから

嫁さんは仕事する必要には迫られてないのですが、人手不足で頼まれたからということで

精肉店へパートにでました。

しかし、職場のペースがわからないため、まごまごして失敗しては怒られてばかり。

だけれども一生懸命に働く姿が好印象でした。


このパートで知り合った主婦の育代(藤田朋子)が曲者だったのでした。

お茶なんかするときちょっと貸しってありません?

大きいのしか無いから、ちょっと貸しといてって・・。

貴子もお茶して400円ぐらいを2回連続で貸してしまいました。

さらには磁気ネックレスを買ったお金を取り立てに来られるからというので

5万円貸したというところでしたね。

必ず返すという口約束です。

何か証文でも書けばよかったのかしら?でもできませんよね。

そして、育代はパートをその日のうちにやめてしまいました。

お金に窮しているわけではないけれど、初めて外で働いたという大事なパート代ですから

貴子はどうにかして回収したいわけで、直接育代のアパートまで行き、返済を迫ります。

しかし育代は「必ず返すと言ってるでしょう」と強い態度なんですね。

しかも、お茶代もすぐに返してと言わなかったし、また貸してくれたから

貴子のことをお金にだらしないタイプだと言い出します。

貴子はそちらのお茶代はもういいから、5万のほうは返してくれと必死に食い下がるのでしたが

やはり、育代のほうが上手で、「返すと言ってるでしょう」と言いながら返さないのでした。


そういった一連の貴子の動きを電柱の陰から(笑)見ていた清田(舅)も黙っていられなくなります。

育代にもの申すということになって

三匹のおっさんたちが出てくるのですが、育代のほうが上手です。

ただ「お金は必ず返す」と言ってるけれど踏み倒す気満々なのは見えてるのですね。

そこに、チーフの克恵(木野花)が現れて育代と対決してくれました。


決め手はパート同士のトラブルがうわさになっては困るというセリフです。

育代に対しては、この町内の店は、ほぼ皆知り合いだから

ほかの店にパートで働きたくてもできなくなるよということなのでした。

これも裏を返せば脅しでしょうけれど、町内を正義で牛耳る分は歓迎ですね。

そういうことで、参りましたと育代はお金を返してくれました。

生活に窮していて本当に返せないくらいなのかと思えばすぐに返せるお金だったわけね。

育代の性悪な借り癖も嫌なものですが、

貸してくれと言われて簡単に貸すほうもダメですね。

とりあえず、今回はこれで終わりましたけれど、

貴子はこの仕事は向いてないからとクビになってしまいました。

お嬢様が社会見学にちょっとやってみたかったレベルだと悪口を言われてましたが

そういわれても仕方ない部分は確かにあったので・・。

でも、一生懸命に働く芯の強さがあると克恵に認められていたので

他の面で活躍できるならそれでいいですね。

てか、大家族だし主婦業で十分忙しいでしょ。


おっさんVSおばさんと一触即発な感じではありましたが

無事に克恵がお金を回収してくれたので泉谷さんと木野花さんが握手となったのも良かった!

これからは三匹のおっさん+レディーが裏で手を結んで正義の活動をしてくれるかもしれません(ウソ)


***


ああいった「貸してくれ」と言われたとき断りにくいものですよね・・。

貴子に同情してしまいます。

でもやはり、ちょい貸しした時点で、付け込まれていたということがわかるし

きっちりそれぞれの勘定でいくべきでしたね。

だいたい5万という金額を何の記録も残さず人に貸すのは大きすぎます。

上手に断れる言葉がとっさに出てこないのが貴子のよさでもあるわけですけれど

そこは嘘でもなんでも口実つけて断らないとね。

一つ勉強になりました。


一方で育代は「必ず返す」と言っていてしかし返さないという性悪さがあるのでした。

返せるのに返さないというのが気持ち悪い・・・。

警察や裁判までは行きにくいレベルだし、法律ではどう対処したらいいか難しいような。


村八分ぐらいの制裁しか思いつかないですが、

そんなのはああいった性格の人には痛くもかゆくもないでしょう。

今回は他で働けなくなるのは痛いという切り札があったから解決できましたが

この弱みがなかったら永遠に借りっぱなしだったのかなと勘ぐってしまいます。


切々と情に訴える、旦那に言う・・あと、どんな対処ができますか。

出るとこ出る、などと強く言ったら、逆に借りた証拠がないとシラを切りそうだし・・


唖然とするような穴だらけの貸し借り問題でしたが

とりあえず今回は解決して良かったということにしましょうか。


この微妙な位置づけの、町内のトラブル解決が面白いんですね。

次回も楽しみです。




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1766-2249cee1