上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春ドラマ、ヤバイです!全部面白い!!!毎回そう書いてる気がするけど今回は本気度高いですっ!
ということで第3弾!好きなドラマを順不同で簡単に。

まずコレから!

「MOZU 第2話」

今週もさっぱりわからずでした(爆

初回の映画みたいな暗っぽい奥行は、なぜ?どうして?の嵐を呼び、

俄然、チャレンジ精神を刺激したものですが

2話になったら、さすがに内容的にも手の届かないところにある気がしました。

まあ・・公安の秘密の任務があったことがベースでしょうから

硬派も硬派・・きっと凡人には理解できない領域なのでしょう。


2話で分かった(?)ことは

新谷の妹というのは、「新谷そのもの」だろうってこと。

目撃された女は妹ではなくおそらく新谷の女装ではないかと?

前回、キーマンと言いましたけれど、いない人をいるように見せて

新谷は何かを攪乱する意図を持ってたということでしょうね。

本人が記憶喪失だから、そこらへんが解明できたらだいぶ進展しそうです。

それにあの真木さんが接近して本当は新谷の妹を見たことなんてないのも

ばれてしまいましたが、

新谷が爆発実行犯でないことも言ってくれた!

真木さんはどこまで知ってるのでしょうか。


で、今週は西島さんの腕立てとかシャワーとかはなかったですけど(^^;

タバコのシーンが多すぎてやや辟易してました。。

ただ西島さんは暗い過去を引きずってるという設定で魅惑系のバーではめっちゃ絵になりますね!

ハードボイルド系というかムードがあるから

ストーリーそっちのけでもうね、それだけで50分保ちますわね(ハハハ^^;


そうそう、今週はややきわどいシーンも。

なぜか中神(吉田綱太郎)が、倉木のタバコをとって自分で吸ってから

また倉木に戻すというこれまた危ない技を・・。あなたそっち系だったのですかって。

それから表主役(西島)と裏主役(長谷川博己)が大接近という大サービス!

オーラがビシバシと飛ぶ二人に鼻血ぶーでした(古っ

本当の真実(妻が死ぬことになった理由)を知りたい倉木に

知らない方がいいんだと不敵に冷たく笑う東。

東も謎めいてますなあ。


アテナセキュリティって恐ろしく闇だらけの会社みたいで

普通の警備とかネットのセキュリティ(?)とかを表向きにしてるようですが全然違うようです。

裏が本当の顔なんでしょうが何してるのかってことも良くわからないです。

まあ長谷川さんがとにかく悪そうで切れ者って感じでこれも魅惑たっぷりなんて

わけわからないだけに惹かれます。

ということで、第4弾に続く・・かなぁ・・。(予定^^;


「アリスの棘 第2話」

明日美(上野樹里)は今週も無事に復讐を果たしました。

先週、紀香が「千原」のせいだと言ってくれたので芋づる式に

今週のターゲットは千原と決まってたのですけど、この人もダメ医師でしたね。

研究職である以上論文は大事ですが、患者を置き去りにするようでは・・。

明日美の父を術死させたあのメンバー全員がまともな医者になっていないというのが

復讐するに都合がよすぎます。

たとえばあの時を反省して、医は仁術とばかり患者に寄り添う評判の名医になってたら

明日美もそう簡単には手を出しにくい気がします。。。

そういうことで、今回の千原の弱点は溺愛の娘の存在と網膜なんとかで視野狭窄の症状があったことでした。

昔、自分にかけられた「クレームですか・・うんぬん」を千原に言わせたのは

小気味よかったですね~~。

とにかくもう医者としてはやってけないのは目がダメになった以上しょうがないですし

田舎で普通に生活できるだけましかもしれませんよ。

そして、再び芋づる式に(笑)次のターゲットが決まりました。

弁護士の尾美です。

どんな復讐がされることでしょうか。

ただ1、2話と簡単に復讐できていたのでここらで危機に陥りそうな予感もあります。

なんたって弁護士が相手なら弁が立ちそうですしね。

でも、オダジョーとか蒼くんとか明日美寄りのキャラがあるので

孤高ながらも多少は、助けてもらうということもできるのでは。

まずは3話も楽しみにしてます。




「花咲舞が黙ってない 第1話」

これも面白かったです~。

銀行内部のいや~な内緒話が堂々と表に出されてるという点で

かなり、半沢を彷彿させてくれました。

杏ちゃんのことをドラマのコピーでは「女半沢」としてましたもんね。

業績を良くするためにパワハラを駆使して露骨にベテランの首を切る方法って

今でもあるんでしょうか。

安い人件費だとミスも大きくなり逆に大きな失敗を犯しそうですけどね。


タイトルにあるように「黙ってられない女」杏ちゃんと対照的に

上川さんが本来なら出世街道にのれるはずの「黙ってる男」なんでしょうね。

でも最後は黙ってられなくなるというのがお約束のように・・笑

臨店でしたっけ?実は左遷ってことみたいですけど

黙ってる男なのに失敗したからここに異動になったってことよね?ううむ・・・


しかし、ベテランのテラーに木村さん。

「相棒」のつんとした雰囲気が身についてるせいか

どうもこういう苦しい役が似合わないように見えますね~。

姑息なパワハラに対抗するために横領の真似事をしたのはちょっとまずかったですし

大事なお客様を巻き込んでしまったのも劇まずでした。

でも、花咲舞が、黙ってられなくてテラーを手伝ったり

事件解決してくれたりとそれなりに面白くてかる~い調子だったのは楽しかったです。

「半沢直樹」もチョーがつく面白さでしたが

あの重厚さに対してこちらはライトノベル(笑)感覚で行けそうです。




***

そういえば「極悪がんぼ」も面白かったです。

尾野さんの、はすっぱキャラは「最高の離婚」で味わったので

今回もその延長みたいなところにあり、ぴたりとはまってました。

裏社会のお金の知識をこちらで仕込んでいただきましょう(笑


「死神くん」「続・最後から2番目の恋」は途中でいろんなあれこれが入ってストーリーがわからなくなり

ビデオもとれてないしであきらめました。

そうそうニースの街並みのシーンはうっとりしました。

画家たちがこぞって描きたがるあの美しさを見られたのは目の保養となりました。


ということで第3弾!

今週も満足な一週間でした



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1774-c19e0320
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。