なんかお父さんになって見てしもうたわ。そんでマモルの名演に感心しきりのこの頃。
今更気づいたのですがタイトルに「句点」がついてたので、修正しますね~。


田之倉(福士蒼汰)には他に付き合っている人がいるのかも、という疑惑も晴れ、ついに合鍵という恋人の証を手に入れた花笑(綾瀬はるか)。会社で田之倉と顔を合わせる度に浮かれている花笑だったが、彼氏がいることが両親にばれてしまう。大学生と付き合っていることを言い出せず、母・光代(高畑淳子)に彼氏について聞かれても言葉を濁すばかり。

そんな中、サフィラストレーディングとの物産展のトラブル対応で終バスを逃した花笑を朝尾(玉木宏)が送ると言い出す。30歳で大学生と付き合うことの将来性を否定する朝尾は、自分と付き合わないかと再度迫る。

高級車で送ってもらう娘の姿をこっそり目撃した父・巌(浅野和之)は朝尾が花笑の彼氏だと思いこみ、今度家に連れて来たらどうだ、と言い出して光代もすっかりその気に。付き合い始めてまだ間もない田之倉に親に会ってほしいと言い出せない花笑はまたしても思い悩みこじらせるが、田之倉はあっさりOK。 晴れて青石家に来ることに。

しかし、娘が連れて来た相手が朝尾と別人だったことで巌は腰を抜かし、さらに大学生であることが判明し、青石家は大パニックに!険悪な空気の中、巌が「娘と一緒になる気があるのか?」と田之倉に迫る


花笑に彼氏がいるとばれたのは

親友の一華の子が断言したからなのでした。

子供ってよく聞いてるわ~~(笑

その時のお父さんとお母さんの顔がなんとも複雑微妙でした。

大事な一人娘に彼氏ができるってのはとんでもなくやめてけれ~状態だし

かといってこのまま恋人もできなかったら、もっともっとどうするのだぁ~状態だし、

嬉しいけれど心配で感情の処理をどう扱っていいものやら困りますわぁ・・。

なんかついつい両親の気持ちが乗り移ってきましたわ。

てか、壁に頭を寄せているお父さんとマモルが撃沈ショックな風体でとってもいいわ~(あははは


そして翌日の残業ズハイで終バスを逃した花笑を送ってくれたのはCEO朝尾ですが

お父さんが目撃し、すっかり勘違いの方向へと走り出したのはよくあるパターンなのでした・・

そもそも車で送ってもらうというのがシチュエーションとして大事にされてるっぽいので

ちょっとかっこいいじゃない?

しかも相手が玉木さんだから見た目も良く、さらに羽振りよさそうで、

大事な一人娘の彼氏としてはまあまあバランスが悪くもないし、車もいいものだったらしいので

ちょっとは親としても納得と安堵があったのかもしれません。

で今度うちにつれてきたらどうだというこれまたよくある王道の修羅場パターンにはまるのでした~(- -)

お前の選んだ相手をとやかく言うつもりはないって・・お父さん、相手が違うのよ~~

また悩み始めた花笑は夜中の散歩にマモルを連れまわすのでした。大迷惑ですけどねえ。


花笑はお父さんが勘違いをしていることを知らないのですが

花笑なりにうちに連れていくのは田之倉に言い出しにくくて迷いがあるわけです。

でも、板前のブッシーがなぜか空気を読んでか、そっちの方向へ誘導してくれたのでした。

恋愛におけるアク取りとはすなわち両親の承諾!うむ。

そして二つ返事!

さわやかな田之倉にある意味撃沈なお茶の間ですがそれにあいまって心配も高まっていくがおかしい~。


いよいよ、田之倉がやってきますが・・そわそわな青石家。

マモルからは無事に合格をもらったようです。

そしてご対面・・お父さん・・顔が違うわけで混乱中ですが、なんせそつがない田之倉にお母さんは感激。

もう・・お父さんの顔が何ともはや~。

21歳大学生と聞いて飲み物だとかあれこれ焦ってるうちについに聞いちゃったのでした。

君は一体どうしてうちの娘なんだ。

どこに出しても恥ずかしくないように育ててきたつもりなのに。

一緒になる気はあるのか?

 ↓

「学生だからまだ結婚は考えていませんが花笑さんとは真剣です。」


田之倉の答えがまたそつがなくて優等生だわw

良くてもダメでも・・だいたい男親というものはこんなもんですよね。。

ということで、二人は思わぬ障害に戸惑うのでした。

しかし田之倉は花笑にはお父さんとの修復を勧めているところが大人でご立派です。

そのころ、ママに叱られたお父さんはしょんぼりしながらマモルとお散歩。

家族の落ち込みにいちいち付き合わされるマモルは迷惑顔ですがいいパートナー。

そして花笑はお父さんと向き合いちゃんと話しました。

田之倉とのいきさつやデートの経過。

私もお父さんと同じで(彼は)器用でそつがなくてモテそうで警戒心一杯だった。

けれどきちんと向き合って見たら

とっても誠実で(私のことを)真剣に考えてくれていて初めて好きになった人なの。

若いからすぐ結婚には結びつかないけれどこの先も付き合いたいと思ってる。

だから見守ってください。

ダメだとは言ってないだろう、と複雑なお父さん・・。

おとうさんはマモルに餌をやりながら思案顔でしたが

これから恋人に会いに行く娘に焼酎までお土産に持たせてくれるのでした。


部屋に着いてみれば先に入っててくれのメールを受け取り、合鍵で入った花笑。

正座で待つところが花笑らしいのですが、その前に落し物などないかとつい探ったのは内緒。

そしてお土産の焼酎を感激して飾ろうと言ってくれた田之倉でした。

翌朝、彼氏のジャージとシャツを借りて、朝ごはんは、トーストと目玉焼きとサラダ。

なんて羨ましいカップルなんだ~~~~~~~(ずずっ


その後、時間差で出勤してみればサフィラスがM&A?

いきなりやってきた朝尾はCEOから退くことになり

プロジェクトは中止になったと土下座するのでした。(ええええええ~~@@

***

今週の瞳は先週のボーリングで勝たせてもらったということで朝尾と、お食事デート。

同情票を取り込んでのデートでも嬉しいと素直に言うのが瞳の良さです。

しかし、朝尾はここで雇われCEOだと正直に告白しました。

さらにラストシーンでは朝尾はCEOどころか文無しになりそうな感じでしたけれど。

恋愛と結婚は別の種目と割り切ってる瞳ですから、今後が心配ですねえ・・。

そしてこんな瞳にぞっこんの加々見ですが

グルノーブル産のくるみを求めてミャンマーに大穴を当てるという一幕もあり

やる気があるのかよくわからないまでも大物感は確かにありました。

でもせっかくのグルノーブル産のくるみが使えなくなったらどんだけ赤字なんでしょう(オーマイガ!


とかなんとか、とにかく両親のアク取り関門突破の二人。

そう言いつつ、お父さんに認められたその日にお泊りってのはどうなんでしょうかね。

ってますます複雑なお父さんですよねえ・・参った参った(^^;

でも田之倉のあのそつのない優等生ぶりはただモノじゃないですわ。

実家は京都と言ってましたが古き良き環境で育ったから

女性を見る目も、花笑の浮わつかない本質の良さを見抜く目があったとかそういう感じなんですかね。

いい感じで進行している恋人たちなんですが

ついつい怪しいような危なっかしい気持ちになっちゃうのはやはり9歳差だからでしょうか。

あと9年経って30歳と39歳だったら30代同志でバランスもよく塩梅的にもちょうどいいような気もしますが、

でもこの若いときの歳の差だから、悩み泣いて笑うというドラマになるのね!



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1823-c7ae686c