本当に言っちゃいけないことは言わないといってくれた大城の株がぐんぐん上がった~~~(^^
田之倉(福士蒼汰)とのデートを、会社で一番おしゃべりな同期の大城(田口淳之介)に見られてしまった花笑(綾瀬はるか)。2人の交際が会社中にバレてしまったとビビる花笑だったが、「オレは本当に言っちゃいけないことは言わない」と言う大城は2人の関係を秘密にし、大学院に進学するという田之倉と花笑の将来を心配する。

立花課長(吹越満)から総合職への転職を勧められた花笑は、自分の将来に思いを巡らせるが、田之倉の将来の夢を聞き、彼の思い描く未来に自分の姿がないことに結婚が遠のいていくのを感じる。さらに、両親は「いつまでも自分たちも生きているわけではない」と言い、花笑の将来の孤独に対する不安は強まるばかり。この先何十年も孤独なのか……と自分の老後が心配になる花笑。

いつもならちょっかいを出してくる朝尾(玉木宏)もレストラン開店準備に追われ、花笑を相手にしてくれない。挙げ句の果てに、親友の一華(平岩紙)にも老後を一緒に過ごすことを断られてしまい……。

そんな折、田之倉から、仕事の用事で京都から東京に出て来ている母親(鈴木杏樹)に会ってくれと言われる花笑。親に紹介されると聞いて、てっきり結婚を視野に入れた話をすると勘違いした花笑は「私が一生養います」と宣言。凍り付く空気に花笑は……



マモ倉!と絶句した後の大城や、二人の対応が全く出てこなくてどうなったのかわからず。

しかし、手をつなぎながら会社で困ったらちゃんと説明するという田之倉の言葉はけっこう頼もしい。

それでも若いバイトの子と付き合ってると言いふらされた場合の花笑の妄想はかなり暗くて

しかも現実味がありすぎて笑えない・・・(^^;

そして花笑の「総合職」への転職話は断る気満々ながらも課長は返事を年内いっぱいと保留にしてくれました。

大城が皆に言いふらすとばかり思っていた花笑ですが本人にきいてみたら

「本当に言っちゃいけないことは言わない」とビールで口止めにしてくれたのでした。ふう・・ほっとした。

さらに田之倉の大学院進学の話と花笑の結婚などの心配まで。

なんだか大城に後光が差してる気がする~~

ダーツだって投げなければ奇跡は起こらない・・希望を持ってる人にだけ奇跡が起こるって。

なんかやはり今日の大城は人生の伝道師?

しかし田之倉の大学院進学でますます結婚が遠のいた気がする花笑は

放浪する田之倉を待ち続ける妄想になってしまい老後の心配まででてきました。

今度は何年?などと言ってる様子はさすがに切ない・・

その日は紅岩で食事ですがブッシー大将は将来のことを聞いてくれて相変わらずナイス。

しかし大学院→MBA→起業と聞いてはそこに自分の結婚はないと悟ってしまった花笑でした。

会社では結婚する同僚がいて、しかも朝尾は開店準備で花笑の相手をしてくれません。

世間から思いきり取り残された気分です。


瞳は朝尾から1億の保証人になってくれと言われ涙ですがようやく吹っ切れました。

しかし、1億の借金をできる朝尾ってすごくないですか。

銀行から借金できる力もある意味実力なんですよね。


帰宅してみると両親は家を売り近くにタワーマンションを買うと言いだし花笑をあわてさせました。

先日訪ねてきた田之倉はまだ学生だけど「真剣」交際だからと両親を安心させてくれたわけで

そのうち嫁に行くだろうからと老後設計を描いたわけです。

しかし花笑にしてみれば田之倉との結婚はないかもしれないわけで説明するにもややこしい。

そして父・巌の誕生日で遊びに来てくれた一華娘@さやかは花笑との老後の共同生活を嫌がるのでした。

一華は田之倉の両親に会うことを勧めてくれました。

その後に田之倉とデートしたときに聞き出したら

なんと母親が京都から上京してくるから会ってほしいという方向になっていきます。


彼ママに会う日、花笑がワンピースとスーツを手に迷うのですが

高畑ママは中身の問題とにべもありません。

さてブッシーの店に行ってみればなんと大将までど緊張。

そう料理研究家という触れ込みだったのでした。

彼ママは花笑の歳を30と聞いて結婚したら姉さん女房になると微笑みました。

ブッシーは料理を褒められ大喜び。

そうだ彼ママは「花の里」の女将さん(@相棒)だった・・なんと料理人対決でした!!

さて田之倉に対して会社からの誘いがあるなら就職すればと言い出すママですが

花笑までもが総合職に転職して一生彼を養うなどと言ってしまい場がぶっ飛びました。

しかし田之倉は結婚の話までするつもりはなかったわけで花笑としてもひたすら食べてごまかすだけ。

彼ママは機嫌よく帰っていきましたが

彼は花笑の気持ちに気付かなかったと謝るやさしさを見せてくれてます。

田之倉って若いのにちゃんと気持ちのわかる素敵な人だってことはじんじん伝わってきました。


翌日、朝尾のプロジェクトメンバーから外してほしいと課長に願い出る瞳。

また、教授から院進学のためにバイトを止めるように勧告されてますが

田之倉は「やめます」と言いました。

たぶんそれは大学院進学を「やめる」という意味では。


飲み会で荒れた瞳は加々見に対して

朝尾を忘れたからって自分の番だと思うなと出て行きました。

しかし、心配になった加々見はとことん瞳に尽くし

瞳は今度のデートを約束してくれたのでした。

報われた加々見。スキップが下手でかわいい。


そのころ店舗にいる朝尾は課長から家族を作ったらどうかと言われたことを思いだし

花笑とソーセージ工房へ行ったときの会話を思い出していました。


花笑を呼び出した田之倉は

手をつないでは自分のポケットに入れ、抱きしめてキス。わ~お~~~~

「あのね、花笑さん・・俺と結婚しよう」

*****

女に生まれた幸せをかみしめた夜でした。

だけど次回はもう結婚しないことになっていて・・

たぶんこれも二転三転というところでたぶんラストはいい感じで終わると望みを持っていますが。


今週の(も?)大城はあまりにもいい人で

さらに拍車がかかっていて本当に拝みたくなりましたわ(笑

田口くんはカツンの中でも似たような役回りを引き受けてくれてるので

感謝感謝というところです。

なんとなく思うのですけど、大城も花笑を好きで、花笑の幸せのためにひと肌脱いでくれたとか?

でも気配りの人であることは間違いないですね。


今週は「結婚」の二文字に支配されてしまった花笑でしたが

気持ちが田之倉に伝染したような塩梅となり

最後はプロポーズでしめくくり。

美しい夜景をバックにキスシーンは絵になりました!!


歳の差は問題がたくさんあるのですが

二人がちゃんと信頼し合ってるなら揺るがないのよね。

素敵なカップルではあるのですが

なんせ二人の会話が足りないので花笑はあれこれ心配し、妄想しては落ち込んだりするのよね。

そこがいいのかどうなのか迷いつつドラマにはずんずんはまっています~~。






Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1827-e0105666