年商300億の会社がなんで、吹けば飛ぶようなたま子の店に嫌がらせにくるわけ?情けないのぉ。
パーカーちゃんが豚の餌じゃないって怒りをかみしめながら食べるのに共感。

でもこれでも親だからね。

複雑ですよねえ~~。

「問題のあるレストラン 第5話」

今週は川奈さん@高畑の巻ですね。

軍師官兵衛とか朝ドラで正統的な演じ方をしてましたから

今週の屈折した泣き笑い風はなかなか見られない顔でした。

かわいいのですけど・・ただ、そのシーンが多すぎましたよね。

たくさんの教習所で免許皆伝していて辛くても笑ってきたなんてね。

最初から最後までずっとこの「言ってることと、心底にあるのは違う自分」の連発で

くたびれてしまいました。

んもう・・わかったからもういいよ的なところです。

天城越えを歌いながら退場するまでげっそりしましたわ。

パーカーちゃんが拍手してくれたというのがみんなよくわかってるのだということの

証だったわけですね。

とにかくたま子は自分を大事にしないといけないのだとすごくわかりやすく

川奈さんを説得してくれたのがじ~~んと沁み渡ったのだと思いたいです。

たま子たちこそが彼女の居場所として迎え入れてくれるのだと予感がありありでした。


先週、セーラージュピター緑の子として認定されたのがこの川奈さんと喪服ちゃんですが、

二人は印象としては白黒衣装で真逆なのですよね。

それなのに本質はミドリだったというのがなかなかいいのですけど、

この一方の喪服ちゃん、あの男@菅田にどんどん深みにはまっていて危ないのでした。

お茶の間の心配が現実になってしまいました。

あのマンションでいきなり振り分けられて、喪服ちゃんは

コスプレ女性たちが座り込んだリビングに通されてましたが

あれは何?すさんだような淀んだ空気に身震いしました。


ところでビストロフーはお弁当作戦やら手を打ってましたがなかなかうまく行きません。

最後の最後、バレンタインディナーに子連れグループが来店してくれて

初めての黒字を得ました。

この一歩は小さいけれど、達成感は大きいです。

でもお客さんたち寒そうでしたね。

特に子供がかわいそう・・別室で面倒見た子もいたけど

ベビーカーだった子なんてインフルエンザ大丈夫かいってそっちの心配ですよ。

せめて、風よけとか必要じゃない?(とまだしつこく言ってみる^^;)


こんなところで、たま子に最もライバル意識をもってるのは門司ですけど

ついに完成したスープを持ってやってきました。

「食え!食ってオレの嫁になれ」って・・。

すごくかっこいいような気がしますが・・しかし・・

このセリフ、そのまま受け止めていいのか迷うのがこれまでの二人の軌跡なわけで。




「セカンドラブ 第2話」

今週は最後のセリフが決め技でした。

「付き合ってるやつと別れろ」


先週、お泊りした結唯@深田が

準備なしで外泊したことが後々に影響を残すわけですが

生徒たちから「強気」コールされたり

コンビニの買い物があったりと

面倒な部分が目立っていたのでした。

極めつけは母親からの安否確認の電話が校長まで巻き込んでいて

学校中の噂の中心になっていることでしょうか。

これが忘れた携帯を持ってきてくれた慶@亀梨に対しても

じゃけんな態度となって嫌味風な結唯ですが

この時点では慶はあまり気にせず泰然としたものでした。


結唯の不倫相手@生瀬が母親のところに送り届けて

挨拶までしたのが妙に受けましたが

これが後に「結唯の不倫」の想像を告白するまでになるなんて

爆笑というかかなり受けましたわ。

生瀬もかなり汗かいたと思いますがね。


さて、元カノがストーカーして

結唯と生瀬の不倫を知った慶ですが

結唯が冷たい風なのも腑に落ちたというところでしょうか。

それでも「好き」だと純粋さで押し通すのが慶の流儀のようです。

そして「最後にもう一度だけ会いたい」ということになります。

先週と比して控え目だったのはちょっとほっとしました(笑

んでも頭なでなでは慶の得意技みたいでしたね。

なかなかいいんじゃない?(むふむふってところ・・?)

ともかくお互いこれが最後だと思って一夜を過ごし、

一方で結唯は心では「ほんとは別れたくない」と感じてるわけで

生瀬との不倫よりは慶の方に惹かれてるのがはっきり自分で分かってるわけです。


朝になり一旦はそれで離れてみたけれど

やはり慶が恋しくて家まで押しかけてしまったというのが驚くばかりです。

ひたすら「好き」というピュアな様子を見せていた慶がここで立場が逆転しました。

「そいつと別れろ」

こういうの、逆襲というんでしょうか。

ちょっと小気味よかったですね。

まあでも、自分の女神として結唯を求めたわけですから

二人の物語として急速展開していくのでしょう。

てか、結唯にとっては未来のない関係を清算できる機会ですから

こちらも救世主現るってところです。



元カノのストーカーとか

結唯母の粘着質とか

けっこう病んでる風だったりするのも大石脚本というところですか。


今週の亀ちゃんはダンスはほんの少しだけでしたが

あのストレッチ見てくれました?

すごい身体の柔らかさにおっどろいた!!

さすが何年も舞台を背負ってきたのは伊達じゃありません!




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1847-9ce03f58