よくわからんが有り難いダンス・・(笑)いいねえ~~
「そいつと別れろ」・・のあとに

「一緒に暮らそう」が続いたのでした。

わお~~~!いいじゃん!

3話にしてようやくストーリーらしくなってきました(笑


「セカンドラブ 第3話」

慶@亀梨からもう帰るなと抱きしめられて茫然とする結唯@深田ですが、

こんなことを言われたのは初めてだというのでした。

だって、5年も生瀬と不倫してたし、生瀬からはそりゃ言われないわよね・・

しかしこういったハグシーンが切なさを醸し出していてなかなかいいわ~。


高柳@生瀬に別れを言うためになんとか現地(ホテル)以外の場所で約束をとりつけようとしますが

勘が知らせるのか全部断ってくる高柳。

二人で並ばないルールを決めていたのに、生徒達も見てるのに、大丈夫か?と思ったら

後にネタにされて黒板一面に書かれていたので・・・ダメじゃん。

てか、結唯にとってすでに過去の人になった高柳なので

警戒心は薄れたのかもしれない。


慶は工場のおじさんたちにいろいろ聞かれてましたが

ダンスと聞いてもわからず、男のストリッパーと返されてがっくり。

おっさんたちの感覚といったらそんなものか。

しかしストレッチの亀ちゃんのしなやかなこと・・無敵でむぎゅ~で素敵です~。


結唯は母を説得するために帰るといいますが

一緒に行くという慶に「簡単ではない」とことわります。

その部分に双方の誤解があるのがややうけました。

慶の父はドイツでダンサーしてると言えず「サッカー」と見栄(?)を張っていたようです。

それと同じで結唯の母も自分をストリッパー風情に受け取られると推測したのでしょう。

しかし結唯の事情は全然違ういわゆる「毒母」なのでした。

そんな慶を見ていたらやっぱり寄ってく・・となり

すぐに激しいキスシーンとなり次への展開と移るのでした(ポッ・・

すごい角度でキスしてましたが・・体柔らかいとつい言っちゃうのわかります。


朝帰りの結唯ですが、いきなりひっぱたく母です。

不倫と決め付けて、汚らしいと体を掻き続けるのでした。

高柳にも相談したというのが気持ち悪くて笑えるのですが、

結唯はさすがに母の暴走が恐怖であり重荷になってきました。

高柳にはすぐにメール送ったのですが、こちらも奥さんが気付いてるみたいでした。

しかし、結唯母は働かずに結唯の稼ぎに頼ってるみたいですね。

実家に家賃と家事代としていくらかを入れるのは普通ですが

もっと多くを渡してるのかもしれません。


高柳に別れを切り出した結唯ですが、根掘り葉掘り聞かれても

慶のことはダンサーであり他の部分は「よくわからない人」だけれど

「好きなんです」ということでそれだけがはっきりしていれば十分なのでした。

しかし、高柳にしてみたら惜しいに決まっていますが

「長い間、済まなかった」といい、結唯も逆に感謝をするのでした。

一度合わせてくれと言われますがその日のうちにティッシュ配りのバイト中の慶とご対面。

食べていけないダンサーに、つい詰問調になっていく高柳ですが、

慶は果敢にも「この先のことはきっと・・」と跳ね返すのでした。

「彼女を頼む」と言えた高柳は案外偉かった!


洗い物をする結唯の後姿ですが足から水色のスカートまでのシルエットがちょっとセクシーだった(笑

そしたら慶もあすなろ抱きして「結唯さん見てると触りたくなる」だって。

おたがい「慶」「結唯」と呼ぶことに決定。


母を説得するために実家に帰る途中ですが結唯は綾子@早見に声をかけられました。

ダンサーとしての可能性を削がないでほしいと言われますが

気丈に慶を守るからと跳ね返して電車に。


母は理解してくれそうにありません。

ママを捨てるのかと泣き出します。

結唯は自分の世界が欲しいと言うのですがいやらしいと言ったり

慶を家に連れてきて三人で住もうと言ったりで混乱しています。

娘に出て行かれるのは経済的にも困るのです。

しかし反発した娘は怒りのあまり荷物を詰めさっさと出て行きました。

「ママが餓死してもいいのね」と背中に聞いたけれど。


そのころ慶はドイツの劇団のフォルトナーから電話をもらうのでした。

何かのチャンスかと期待してしまいますが・・。

そして結唯が帰ってきて二人で住むことが決定。

翌日ニトリで布団を買ってきましたが結局慶はベッドから落ちてきた・・(笑


フォルトナーは日本での公演を予定しているがダンサーは一之瀬であり

慶には通訳を頼むのでした。

かなりショックな気分ですが返事を翌日まで保留。

その話を聞いた結唯は慶の心中を思い言葉もありませんが

仕事を受けるという慶でした。

結唯のために受けたのは間違いないでしょうが、

これを機に別のチャンスが来るかもしれないと期待もあると言うのです。

翌日、おっさんたちにダンスを披露した慶。

あんぐり見ていましたが「よくわからないがありがてえ」という感想が素朴で面白かった。

一つ一つすごく難しいターンだったりジャンプだったりするのですが

素人にはどういうものか理解できませんしね。

でも総合的に「凄い!」という雰囲気が伝わったのでしょうねえ。


職員室で高柳と結唯の不倫がうわさになってましたが、今更です。

そして教室に行った結唯は黒板に落書きされてあるのを見て茫然とし、

生徒たちが不倫と騒ぐのがまたうざったく面倒なのでした。

本当、この学校の女生徒たちかなり陰険で嫌な子ばかり。


そのころ、慶のもとに結唯母が

「結唯を返して」とやってきました。

***

あっちもこっちも面倒臭くてたまらんてところですが

障害が多いと燃え上がるものですからね(笑

今週も美しく目の保養になった二人でした。


亀ちゃんも工場勤務で作業服も地味ですし

アパート自体が古くてボロな感じなので

あまり画面が目に楽しく見えないのですよね。

しかしだからこそ二人のイメージが綺麗な印象を残すのかもしれません。

なんとなく二人のシーンの絵の雰囲気が悪くないな~と思えるのですよね。


しかしあのお母さん、パートぐらい行ってもいいんじゃない?

娘と二人暮らしだったら家事ぐらいでもそんな大変でもなさそうですし

何でもいいから外に出て働けば気分転換にもなるし楽しいと思うのですけど。

夫の浮気で離婚したと言うのが傷になって恐怖症とか何かあるんでしょうか。

娘依存は本当にかわいそうな気がします。

一方で、結唯も十分母につくしたと捨て台詞のように言って出ていきましたが

普段から、もっと外に出るように会話をしても良かったのでしょうね。

いきなり朝帰りですぐに同棲で出ていくと言うのも急すぎて

母世代では(娘を)手放すことを理解できるまで時間がかかるでしょうから・・。



で、慶の通訳から、次へのチャンスが開けるといいですね。

日本の舞台でも・・世界の慶ならなおさら。

ダンスの雰囲気がまだ日本的にはメジャーじゃないようですから

これがもっと周知されていく仕事なんかも欲しいなあ~~




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1851-b358e700