雨木・・従業員とはいえ子供の前で父親をいじめるのはまずい。社長がこうだから客が来ないんだ><
「問題のあるレストラン 第7話」

川奈ちゃんが引っ越してきました。

自己紹介を滔々と述べますが

同性に嫌われやすい性格とか

好きな家電はドライヤーとか笑っちゃいました。

かわいいし、面白いし、接客はばっちりだし戦力になりますよね。

ビストロフーの5%割引のチラシカードを作成してました。一人100枚のノルマ。

でも心強いです。

そして黒字が続き流れが来ているというのでここでもう一つ

がつんと(チャンスの)前髪をつかむ戦法に出ました。

それは希少ベーコンを取り入れたポトフ。



そして再び千佳@パーカーちゃん成長物語の巻(?)

再婚した母親が北海道に行くというので

千佳も一緒に行かないかと誘うのでした。

旦那さまの寺川さんは宇宙ロケットだっけ?

ママは過去のことを千佳に償いたいと言うのです。

千佳はその気になり、ビストロフーを離脱することにしたようです。

しかし、その後に門司とポトフ対決をしたことで

その気持ちは覆りました。

もうあと少しでフーを出ていくところでしたが

門司の「真面目に作ってるだけ」という一言に触発されて

高みを目指すシェフになる決意をしたのでした。

門司が千佳のポトフを綺麗に食べてくれたのも感激でした。

何しろ千佳がいないとこのフーだって運営していけないわけで

だからこそ仲間なんですね!

そしてママに断りのメールを送った千佳。


ポトフ対決では味は門司の方が上だけれど

美人だから女性の方に卸したいと言ったベーコン工房の社長でした。

それにプライドを傷つけられて断ったフーです。

しかし、とことん女性蔑視のドラマにがっかりですねえ。

しかし、このフーの女たちもひどいですよね。

ハイジさんが作ったラテアートをよく見ないでかき回してました。

そっくりでうまくできてただけにもったいないわ~。

私だったら絶対に写真に残すけどねえええ。


門司は客を取り返すとファイトがわいた様子。

シンフォニックの閑古鳥はよく鳴いていますが

フーは大繁盛。

こんな風になるなんて最初のころは思ってもみなかったです!

この店で、子供の誕生日をしていた土田@吹越ですが

社長の雨木がやってきてひどいパワハラ。

チョコレートプレートを口に押し込んでました。

こういう空気だからシンフォニックが流行らないのですね。


千佳を訪ねてきたママは、自分を信じられない気持ちもわかるというのですが

千佳はもう子供じゃなくなったとここに居場所が見つかったからと

お互い自立の道を歩むことにしたのでした。

もってきてくれたお弁当は彩も良くおいしそう。

昔、千佳が全部作っていたのにお母さんも成長しました。

寺さんと帰っていくお母さんを見送り

たま子と抱き合って泣く千佳にうっかりもらい泣き。



ビストロフーが繁盛店になりつつあり、

あきらめないで続けることに意義を見出したスタッフたちです。

たま子は千佳を誘う時

いい仕事をしたい。

人生って地位や名誉じゃなくて

心がどれだけ震えたかで決まるからと言ったのでしたが、

今こそ千佳は心が震えてると返答できたのでした。


そして藤村さん登場。

たま子と抱き合う二人ですが

なんと風間君が一緒にいるぅ・・・@@


***


心が震える料理ってどんなのかしら。

私なんかはミルクチーズ系ダメだし洋風苦手だし・・

このお店だったらスイーツ系ならなんとかって気がします・・・

店自体が寒いのでカウンターでカフェぐらいしか無理かもですけどぉ(^^;


でも、お店の空気として、

きびきびしてスタッフ全員が楽しそうなフーのほうが

シンフォニックより親しみやすいのは確かです。

だけれどお客の舌を信じて

門司vs千佳の対決をしたならば

今は門司が勝ってると言う点があるのですよね。

心が震える料理を出すことに千佳は至上の磨きをかけるということで

今後も頑張ることにしたのでした。

今週はベーコン屋さんから逆のセクハラ(?)があったので

人生の勝負どころは実力だけではないって再び思わされました。

でもひたすら真面目に一生懸命に頑張る人を神様はきっと見ているはず。


ラストであっと驚きましたが

藤村さんについてきた風間君はまさか嫌な男ではないですよね。

ドラマ男性陣がもうほぼ全員ダメな設定なのでちょっとショックながら警戒してます。

藤村さんがもしも裁判するならきっと傷つくと思いますが

この風間君が全部受け止めてくれる人だったらいいですね。




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1853-ab449050