上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週も既視感ビシバシでした。それは・・・
「マザーゲーム 第4話」

夜行観覧者だったかな・・・

高級住宅街へ引っ越してきた鈴木京香一家の悲劇を思い出しましたわ。

そう、それはフリマ出品の件。

あの時、石田ゆり子が勝手の知らない鈴木京香に

さりげなく自分のブランド品を譲ってくれたのでした。


こちら幼稚園バザーですが、

「暗黙のルール」が横行するようでそれを教えてくれるのは後藤@安達祐美さん。

幼稚園のバザーに出品するものはとりあえず「ブランド品」と呼ばれるものだそうです。

フリマの経験ありますか?

あたしはもう何度も経験してます。

家じゅうの不要物処分ですけれど

以前に住んでたところは高台の広めの場所があり、家の前だったので割合と簡単に出店できたのでした。

で、新品かそれに近いまあまあの物でも元値が10000ぐらいの品だったら1000~500円ぐらいからスタートして・・

最終的にはただ同然で・・という感じでしたので

儲かると言うのには程遠かったですが、とりあえず処分できてほっとしたというレベルでした。

ですが、バッグとかのブランド品はフリマには出しませんわよ。

買取専門店か、今ならネット内での某○○○○、いわゆる個人フリマですよね。


横にそれましたが、ドラマは幼稚園の親子フェスタが今回のメインイベントです。

で、希子@木村が持ってきたタオルですがブランドタオルじゃないのでダメと教わるのでした。

そしてなぜか、希子は布モノ担当。

今週はこのリーダーであるハセキョーの巻でした。

布地が輸入品で刺繍もしなくてはならないという過酷な罰、、じゃなくて担当となります。

仕事してる人にミシン作業ならともかく手作業の刺繍って恐ろしいレベルですよね。

それでもあのパワーですから物怖じせず(?)挑戦していく希子でした。

布地を切り分けることになり、ハセキョ宅に行ってみると

外商の人が来ていて、輸入生地を置いて行ってくれたと言うことになります。

この外商って年収2000万超の家庭に出入りするんですよね。

もちろんうちには誰もきてくれませんorz

ともかく、ハセキョは、紺色の生地を切り分けて刺繍して幼稚園バッグなどを作るという

製作物のプランニングをし、指示出しをしてくれるのでした。

なかなかご立派なのですが、姑はそれが気に入らなくてせっかく作ったものをはさみで滅多切りするという

凄まじい行動に出るのでした。

でも、同じ生地でできたワンピースがあったのでハセキョはそれを使って完成品を作ってきたという

スゴイ努力の人でもありました。


そして、フェス当日ですが、父親たちは子供を見る担当ですが

ハセキョの夫はおしゃべりばかりして見てなかったようです。

そのために子供がけがをしたというアクシデントが起きてしまいます。


それを糾弾するのが希子。

ハセキョの夫を公衆の面前で罵倒したものだからびっくらでした。

たとえ、ハセキョ夫が悪くても普通ならその場ではなあなあで流してしまうところです。

それを希子がめちゃくちゃ怒り倒したものだから大変。

ですが、ハセキョは夫も姑も自分によくしてくれると逆に希子をいさめるのでした。

ハセキョの肩を持ったつもりの希子はしょぼんとしますが

のちにハセキョがお礼にと幼稚園バッグを持ってきてくれたと言うのがポイントになります。

希子はまっすぐで間違ってはいないのですがKYだったとは思います。


今週もハセキョの姑は世間の怒りを買ってしまうレベルでした。

しかしあれを見ると姑に不満を持った全国の嫁たちも自分ちはまだいい方だと思えてしまうから

この方の出現はけっこう世間的に平和貢献してるかもしれません。


そしてマジでびっくりなのは豊原が壇さんの夫であったことで

「初めまして」の挨拶になってしまったこと。

成り行きでそうなりましたが、なぜ奥さんに内緒にするのかちょっとわかりません。

そして写真を送りつけたのは貫地谷さんですけれど、こちらはとってもヤバイことになりそうで

旦那さんが早く気付いて止めるなり何か対策したほうがいいのにというところです。

とりあえず、面白く見ています、ハイ。



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1872-2b2ce8d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。