FC2ブログ
今回は子供の幽体離脱の謎を解き明かすガリレオ@福山雅治。

なんて書いてみましたが、幽体離脱は謎というほどでもなかったのですね。

ただ、赤い車が見えた現象だけはかなりの謎です。

普通に考えてもわからない。

てか、真夏の炎天下アスファルトの上の空気のゆらめきを思い出して

もやっとした熱い熱い感触にめげそうな気分でした。



時は九月下旬。ついひと月前ですがようやく気温は適温に下がりあの頃

をもう思い出したくないくらいの暑い夏でしたねえ。

エアコンが壊れたようで悲惨な上村家の様子。

忠弘くんは熱を出して寝ていたのですが、突然「竹田の伯母ちゃんが来る」って。

熱のせいで寝ていると頭の周辺が敏感になって音が拡大して響いてくるという現象?

赤い車の絵。寝ていたら身体がふわっとして、窓の外見たら川の向こうに赤い車が。

子供の言う事を笑って飛ばそうとしていた二人だったのに、いつから

お父さんはそれを金儲けに変えたんでしょう。



そして薫@柴咲コウは湯川@福山を訪れます。

きゃ~福山先輩のスカッシュぅぅぅぅ~~かっけえ~~~

せっかくコウちゃんがお上手ですねと話の糸口を出してくれたのに、

スカッシュのコートは5面、3次元空間を使って反射軌道計算しながら

プレーする・・・うんぬん・・疲れた~~~あはは。

要するに捜査協力の拒否だったのね??

でも8歳の男の子が描いた絵が殺人事件容疑者のアリバイを裏付けるもの

になるからこの絵が重要な証言になる。この子は自分の身体を抜け出し

て部屋から見えるはずのない車が見えたと言っている・・

やっとここで「幽体離脱?」とガリレオが興味を示しました。


OL扼殺事件で、容疑者は保険の外交員。9月22日、30度を超えた日の事件。

しかし前の晩に飲みすぎて川べりで車を止めて寝ていた時間がその犯行

時間に匹敵するという。要するに容疑者の車がそこのあったことがわか

ればほぼこの人は解放されるだろうということなんですね。

なので車がここにあったことを絵に描いている忠弘くんの謎を証明でき

れば容疑者はたぶんシロ。容疑者と忠弘くんには何の接点もないという

ことがさらに事件の方は別の容疑者を想定させます。

とにかく絵を送ってきたというのが面白いですね。お父さんはライター

だけに世間にこういうことを知らしめるのが楽しい人??

そして薫は上村家に行ってみました。実際に窓を開けてみても目の前は

工場で何も見えません。熱があってここで寝ていたというのを聞いて

ますます謎に包まれます。幽体離脱・・本当だろうか??

説明する薫の話を無視して寝ている湯川。

そして忠弘君と面会するガリレオ。

同じ話をしているのですが窓から外を見てすぐに閉めます。

「どのくらい浮いてたの?」薫に耳打するから笑えます。

子供が苦手@嫌いだそうで直接自分で聞かず、薫に聞いてもらうという

ガリレオ。でもにっこり笑う忠弘くんがいじらしい。

さて、質問に答えようにもどうしようかと目を泳がしました・・。

お父さんが「時間までは覚えてないよね」と脇からはぐらかしています。

そして竹田のオバちゃんがくるのを予言したからそういう超能力を持っ

ているのかもという父親。思わず失笑の湯川。

竹田にも会いにいく二人です。焼肉屋だったのね。イチボって何?

牛のお尻の赤身。ああ~お尻ね・・と湯川が薫のお尻を見る・・・

あはは・・思わず「牛じゃありません!!」もう最高の二人です~っ!

もちろん湯川は超能力なんてありえないと思ってますから、謎を解くの

が楽しくてしょうがないみたいですね。

じゃ、どうして車が見えたの?わからない・・実に面白い!


研究室。黒板に図を描いています。いっけいさんは論文を出したそうで

すが無視されてますね。上村家から見える構図だと目の前の工場の扉が

開いても直線的に視線が行くとしたらば、車が見えるはずがないのでした。

千里眼説もありましたが・・あはは・・


テレビに出演する父子。痛々しいねえ。

たどたどしく説明する忠弘です。

薫は驚くばかり。湯川は冷ややかな目。


研究室に行く薫。保険の人が犯人じゃないと思うという薫。

自分の分だけコーヒー淹れてる湯川(笑)

ガリレオは犯人には興味はなくてただ忠弘くんがどうやって赤い車を

見れたか?それだけが知りたいというのでした。自分でコーヒー淹れる

薫・・あはは・・かわいそうだけど・・変人だから仕方ないのね。

「科学者はいいなあ・・考えてるだけでいいのだから」

でも湯川にとっては「考える行為は人間に与えられた最大の楽しみ」と

言っていました。確かに一理あります。で、飲み会やデートよりも楽しい

なんてやっぱり変だという薫に「デートより楽しいなんて言ってない」と

否定しました。おお~そこは普通の感覚がちゃんとありますねえ!!

女の子好きなんですか?

ネコにマタタビが好きなのというくらい愚問。

この理屈がおかしいんです~っ!

むっつりスケベ?じゃ聞くが昼間からスケベな顔をしている人間がいる

のか?スケベな顔をして仕事をし、得意先に名刺を出す人がどこにいるんだ?

また理屈?><

まじめな顔をしてむっつりスケベという短絡的な考えが、忠弘くんを

しっかりしたいい子だと思わせてるんだ。

なるほど、薫も少し先入観をなくしてまっさらな目で見ないといけないようです。

物事には見えないものがある。それが一番重要かもしれない。(by湯川ガリレオ


焼肉屋にいてる親子。おいしそうに食べてます。父親が子供をテレビに

出していることを竹田ノオバちゃんは気の毒がっている様子が見えます。

そこに薫と湯川がやってきました。父親はまだ信じてくれないのかと

薫に言ってました。そこにテレビ局からまた出演依頼の電話?

湯川は忠弘を観察。唇をかんでいる忠弘。そこに「焼きすぎだ」と湯川。

肉はグルタミン酸といううまみ成分が焼けすぎるとなくなってしまう。

そうそう・・理屈なんですけど正しい。

苦手な子供に焼いてあげてます。ほどよくあぶるだって。

スプーン曲げにも雪男に幽霊もネッシーも超能力もみな信じてた。

しかし少年が告白したときから日本中の子供たちが失望した。

不思議現象を語るのは夢があるがウソが混じったら罪になる。

「君は本当に空を飛んだのか?」

うつむいていた忠弘ですが「でも車は本当にみたんだもん」


薫は幽体離脱がウソだったことで、全部その話がウソのように感じて

いますが、湯川は真実とウソの部分をきちんと分けて考えています。

そこに父親が戻ってきました。テレビ出演がきまりホクホクという体。

沈んだ空気にクビを傾げます。でも二人は無言で帰って行きました。


幽体離脱がウソならクリタが犯人だということになるのか?

ガリレオとしては幽体離脱はウソであるけれど車は絵に描いた以上、

真実だと思っています。薫は城の内のところに現れ死体検案書を見て

もう一度白紙から調べようという気になりました。

湯川先生には湯川先生の、私には私のやるべきことがあるんです。

バナナがくさっていることから死体が腐乱していたことを思いだし、

なぜ殺害方法が分かるのか聞くと、頚部軟骨が折れていたという。

犯人は被害者に馬乗りになって首を絞めたから。そこで被害者を思い出すと

柔道をしていたがっしりした女性でした。ところがクリタはどう見ても

小さいです。馬乗りになって??無理そうだわ~~ほんと・・・


上村家の目の前にある工場はマスコミが押し寄せています。

何か隠してるみたいで怒っていますね。その様子をみて湯川も不審に

思ったようです。周辺やゴミなどを探しています。

そして何か白いかけら、物体をみつけました。ヒビがはいり壊れています。

いきなりドラム缶になにやら書きなぐる湯川。謎解き完了!?!?


そして実証が開始。研究室に上村親子と薫と竹田オバちゃんがご招待。

水槽を工場にみたてマンションの高さ、川べりの車の位置など確認。

そして光を通してみます。一つ目はまっすぐに光が通り、車に当たり

ません。見えないのです。しかし2つ目は砂糖水を使った水槽。

上の濃度は薄く、下は濃くなっています。そうすると光は屈折する。

濃度差が大きいほど屈折率は高くなり赤い光は車に到達したと仮定。

これと同じ現象は?「蜃気楼」だという薫に正解!ちょっと嬉しそう。

当日、ガラス工場にこのような状況があったのではないか?

怒って帰ろうとする父親です。証拠は長靴。カチカチに凍り、割れたもの。

そこに薫宛の電話。9/22のガラス工場においてタンクが壊れ冷却する液

体窒素がもれ、充満し始めたという。しかし工場としては事故を恐れ

隠蔽していたということです。液体窒素は零下200度以下の液体。

それが流出すると一瞬にしてみんな凍りつく。慌てる従業員たちが

映されました。すぐに戸をあけ空気を入れ替えようとしますが、

上下に空気の密度が違う層にわかれ、蜃気楼と同じ条件ができた。

忠弘がそのときを思い出しています。工場の人たちがバタバタ走ってい

てもや~っとした空気の向こうに逆さまに見える赤い車。


あくまで幽体離脱を主張する父親。そうしないと金にならないからと

図星ですが、警察に協力してやったという上村です。でも湯川があえて

説明に付加します。あの車の絵に幽体離脱を言い出したのは父親の方。

忠弘くんはお父さんが喜ぶからウソにつきあってあげただけ。

泣きながら空を飛んだという忠弘くんにちょっと切なくなります。

でもこれで父親の気持ちが正気に返りました。

もういい、忠弘。。。

そして帰っていく親子。忠弘は湯川にお辞儀をしました。

おいかけないんですか?と薫は竹田に言ってます。

追いかけたほうがいい、あの子のためだ!

湯川もいい感情がでています。決してへ理屈だけじゃない科学者。

でも子供と見つめあったから蕁麻疹が出ただって~~^^;

竹田のオバちゃんが追いつき三人で帰っていきました。

手をつないでいる三人の後姿。

忠弘、ごめんな・・・ちょっと涙。


で、犯人は格闘技の男で、恋愛沙汰のもつれ・・

あ、これは湯川にはどうでもいいのね。

最後の学食でも再びネッシーやサンタクロースと言い出したら、

また屁理屈でやってきました・・ああ・・もういいです・・


                   


犯人探しじゃなくて「謎」の部分を謎ではなくしていくことが

湯川の楽しみなんですね。

今回は屁理屈のようで、最後の情を見るあたり、湯川が変人だけの

血も涙もない人間ではないことを証明してました。

大体、むっつりスケベというあたりもかなり笑えます。

これだけ物理バカで女性に興味ないのかと思ったら、

それは男である以上女性が好きなのは当然だということを

ネコにマタタビが好きかと質問するのと同じぐらいの愚問だと明確に答

えていますから^^

ではその湯川の興味の対象は誰?

一見、そりがあわなそうな薫と湯川ですが、

見ていると掛け合いにも見えてくるから楽しい。

それにしても福山先輩のスカッシュは確かにかっこよくて

目の保養でした~~~っ!

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/188-83cc6a10