クロサギ9、クロサギ10
「クロサギ9」

幸せ教の信者か?だいぶ前に氷柱に尋ねた黒崎でしたが、それを口にした事で


少しずつ崩れてきています。決して自らは幸せにならない、背中を向けるほどに


それを欲し、渇望してくるのが見えるような今週のPちゃんでした。


コーヒーミルとかけて「そろそろ捨て時」だといわれた時のぞっとするような絶望の目


の中にもしかしたら呪縛から解放されるかも知れない期待をわずかに見せてほしい


と願いながら。幸せなんて大したことではないのよとささやくパワフルおばあちゃんの


言葉にどうかちょっとでも反応してほしい・・。もしもこのドラマが続編やスペシャルが


あるのならば決してPは幸せになってはいけないのに、だけどだけど可哀想過ぎて。


もう・・・つららの言う温かい世界に連れて行ってあげたい。


食べてはいけない禁断の幸せを必死に捨て去ったこと、その胸のうちはせっかくの


差し入れがごみ袋のなかでのたうちまわってるかのように。


ベッドに横たわり天井を見つめ、フラッシュする事件。ただ苦しみだけがそこに。
***********************************
先週のラストから。お前が本当に俺のことを思うなら、俺を好きになるのは


やめてくれ。頼むから俺をそっちの世界に引っ張らないで欲しい。黒崎の涙は


それを裏腹と表現するには十分すぎて。涙に光る本心が見えるだけに言わずには


いられません。「あなたは一人じゃない、これだけは覚えていて・・・」



いきなりゆかりが現れます。Pちゃんの髪はヘアピンで止められ、露出する二の腕も


なんとも盛り上がり眩しいあくびを手で押さえてる姿には微笑が手を振るゆかり


に両手を使ってアイドルの手振り。満面の笑顔に思わず吸い寄せられます、綺麗



本日の依頼。夕有子の祖母ひろみのスピード違反の罰金を職員成りすましの冴島


に騙しとられたこと。今週はシロサギを喰ってやると宣言はしませんでしたが・・。


話を聞くレストランで食べる食べるゆかりの前にあるお碗まで手をだしています。


アンタ聞いてるの?ぺしっ!いてっ!ひろみおばあさんの手がいきなりPちゃんの頭


はたくから・・Pったら意外な顔をしたからアドリブかしら・・あのびっくりしたいた

ずっら子のような顔がめっちゃかわいかった4万ぐらい授業料だと思って諦めなと


いうPにゆかりのチラシを出してこんなもの作ってという祖母。チラシの波紋が早速。
奥歯をかみ締め苦々しい思いが交錯してるのに無表情なのがPの持ち味か


桂木と早瀬もそのチラシを見ています。表の世界とのバランスが崩れてしまうと。


しかしいつものように情報を買い冴島と闘う決意をしたようです。


どっちが成り済ますか勝負してやるよ。早瀬はいつになくきつくPに言い渡しました。


「ターゲットは桂木が決める。正義の味方気取りで勝手に依頼を引き受けないで!」



変装するP。変カツラに爆笑。穂坂賢次。ホサケン。バカでお茶目な理事長です。


お姉ちゃん僕にいろいろおしえてね。チンピラ一歩手前の軽そうなのが笑えます


こんなバカ息子を演じ、シースーなんて似合わないセリフに舌噛みそうになってるP、


爆笑・・ 税務署。きょろきょろのPに声をかける冴島。お互いに相手をカモと。


トロそうなPのなんて可愛い事。軽くお茶目に。サングラスが似合うのはPのお顔が


小さいからね。そして罠は仕掛けられました。今回は、騙された振りして手数料の98


万を振り込みさらに自分に進言する副理事を首にする方法を画策させ、それに成功


したと100万ほどぽんと出しています。こうして信用を獲得しました。シースーでも食っ


てよ。口元の可愛さが全然はすっぱに見えないから本当に笑えます。P可愛いね


でもそのあとのステーキには爆笑!!いきなりフォーク刺してかぶりついてるわ!!


そのマナーのいいかげんさと豪快さでいかにもバカボンを演出できたようで・・


そして餌を放つ。「財団法人環境情報調査センター副理事長」の座。さあ来い!!


しかしPのビジュアルはサングラスを上げると可愛すぎ。後ろ髪のはねとマッチして


冴島の尾行を意識したPは法人の建物内に入る前に職員に声をかけています。トイ


レはどこ?肩のごみを払い親しさを演出しながら。果たして冴島は見事に罠にはまり


ました。お互いがカモをひっかけたとほくそ笑む日。


その頃、桂では神志名がやって来て「青木亮一詐欺容疑で逮捕する!」大勢の警官


に連行されていく様子を氷柱は目撃。桂から出てきた事に次第に心配になる氷柱。

ふと見るとPがいる!思わず走り声をかけてしまいます。うるせ~よ、声が響く。


桂でつかまった人店長さんの仲間?無視するPの肩を揺する氷柱に俺が知るかよ。


あなたは大丈夫なの?仲間でしょ?つかまるかもしれない・・「今の完全に干渉!」


そして桂と早瀬は神志名に言われたことを反芻しています。あんたが大事なのは


詐欺師の世界の秩序ですか?それとも黒崎ですか?早瀬、水鉄砲持ってこい!



その夜、またカモ南蛮のカップ麺のP。ふぅふぅ言うところについに冴島から電話が


入ります。「夜分申し訳ありません」「こんばんはーっていうかヤブンて何?」相変わら


ずオバカ理事ですからね。「お受けしようかと思って」「マジっすか、冴島、サイコー」


ちっとも嬉しくない顔で目も閉じたまま、唇だってつまらなそうに言うサイコーって何?



氷柱は大学でゆかりを見つけ話し合おうとしますが平行線。あいつを苦しめている


のがわからないの?もうあいつに詐欺をさせないで。泣き寝入りする方がよっぽど


苦しいよ。何もかも突き放してただ復讐をしているだけ。私はいやなの。人生って、


夢とか希望とかそういうのたくさんあるはずでしょう?お願いあいつを止めて!


こんな氷柱のところにひろみお祖母さんもやってきます。料理教室主宰のひろみは


そぼろの弁当持参。誰かと一緒に食べたらもっと美味しいのよね。きゅうりのつけも


のを食べておいいしいと言うひろみ。黒崎に頼むのは反対だったのに悪かったと。


  「幸せになろうと思ってない人を幸せにしたいと思うのは


   やっぱり無理なんでしょうか」


  「幸せなんてそんな大したことではないわよ。こうやってお日様にあてた布団が


   いいとか。きゅうりのお漬物がおいしいとか。幸せなんてそんなものよ」



チース!相変わらず軽薄なボンね。冴島さん用の財団の口座。これに財産を入れた


ら高い税金とられなくてすみます。今度の理事会で紹介すっからさ。種銭の300万は


大きく冴島をつかんだようです。ことが終わりチョコレートパフェをダブルで注文する


Pちゃん。相変わらず甘いもの大好きねかぁいい大声を上げた時に神志名に


存在をばれていましたが。冴島はもう躊躇しません。財団用通帳に全財産を送金。



冴島が財団にやってきて誇らかに自分を名乗ったのに怪訝な職員にようやく事態が


飲み込めたのはケータイが鳴ってから。全額俺の口座に送金させてもらった。


Pにつかみかかる冴島。冴島さん、役に入り込んで周りが見えなくなったらおしまい。


自分を見失ったらおしまいだ。おれたちは結局詐欺師なんだから。


そして神志名登場。詐欺容疑、詐欺教唆で逮捕する。かつらをとり、めがねをはずし


「これが私よ!」たじろぐPをじろっと見てさっさと行ってしまう冴島。周りが見えなく


なるのはお前だって同じ。桂木は見切りをつけたらお前を切る。お前は一人だ!



桂木に情報料を渡すP。コーヒーミルを回し、いよいよダメだなこりゃ。


そろそろ捨て時かな。その目はPを刺すようにみつめ、まるで捨てるのはお前だと


言わんばかりに。対するPの瞳は無表情ながらショックを隠したようにも見え、けれど
その底に見える絶望の濃さに悲しみの全てがここにあると訴えてるようでもあり


そのはっとする美しさに言葉もなく立ちつくすしかないように、誰もが・・・。



アパートの玄関においてあったそれは氷柱の願う幸せ。瞬時に悟るP。


ほっとする食卓を囲むことがいつかあなたの苦しみを取り去れるかもしれない。


小さなほんのわずかな幸せだけどおすそ分け。しかし、まだ氷柱の世界には入れ


ないのです。お前は一人だと言う神志名。そろそろ切り捨てるという桂木。


「あなたは一人じゃない」と言う隣人に手を差し出されても決して決して自らの境界線


から超えることなどできやしない。ゴミ袋のなかに激しく捨て去る黒崎の孤独。


ベッドに沈みながらいつもの写真を出し、事件をフラッシュさせてしまう。


自分は決して幸せになってはいけないのだと、まるで家族に誓うように。


その暗い淵にある絶望の目にいつか氷柱の光が差し込めることを願わずには


いられません。悲しすぎて・・・。


*****************************************
今週のぴぃちゃんの一番はと言いますか、2つあります。


一つは「そろそろ切り捨てる」と桂木に言われてるときのものすごい絶望の目。


すがりたいのに自分から切り捨てていくような悲しみの目。


Pちゃんにこんな目をされたらどうしたらいいのでしょう。


そして、もうひとつはラストシーン。氷柱の差し入れも拒み、家族の事件をフラッシュ


させることによって自らを復讐に駆り立てようとしてるのに、けれど、すがりたい思い


が交錯して本当に苦しそうな表情になっています。


切なすぎて胸が痛くなりますね。


氷柱のいう幸せもひろみ祖母のいう幸せもほんのわずかなことであり、ちょっとし


た日常に見えるものなのに。わざと背をむけ、拒んでいくPちゃんが痛々しすぎます。


自分は幸せになってはいけないという呪縛を早く解いてあげたいですね。


今週はやたら食べるシーンがありました。自宅ではカモにひっかけたカップ麺だけ


ですが、外ではステーキにかぶりつき、チョコレートパフェ。最初のシーンでは


ひろみお祖母さんの説明を聞きながら他の碗にまで手を出しています。


愛情に飢えてるPちゃんの演出でしょうが、単純に食べるシーンはかわいかった


今週は軽薄な理事長。変装はそれなりですしサングラスも似合ってるけれど言葉


遣いが似合わないっていうか、噛みそうではらはらしてしまいました・・爆・・


片平さん、最後にめがねとかつらをとりました。その迫力にたじたじです。


詐欺師としての最後をきれいごとではないのよと締めました。強い人!



「クロサギ10」

人生は花火のきらめきにも似て、一瞬輝いたこのときを胸に人は、


生きていけるものなのかもしれません。


黒崎の人生は苦しみ憎み自らを追いつめることでしか生き切れてないようにも


見え、その実、復讐に賭ける人生など無意味だとわかっていたのではないか。


氷柱との花火に見せた、無邪気さに象徴される笑顔に集約される真実とは。


***********************************
御木本が鶴を折っているそばで、春日が黒崎の父にハンコを押すように指をさして


います。<やめろ!!>カラオケチェーンサンフェスタ。父が騙されたフランチャイズ


チェーン詐欺。はーはーぜーぜーと飛び起きるPちゃん。これほどの悪夢を見る事に


超えることのできない傷を見た思い。果たしてその首筋にはいくつもの汗が浮かび


発病後の熱のようにも見えて痛々しく、しかし、あくまで美しくきらめく人



黒猫ちゃんが餌を食べてる時に皿が割れてしまいました。氷柱に返すときも箒の柄


で素っ気無く押しやります。砂糖と塩を間違えたでしょう?ウソ食ってねえよ。


ちなみに手作りケーキも手作りセーターも勘弁して。念のため、にやっ!いたずらっ


子のような目が可愛かったりするが・・しかし氷柱とは決して交わろうとはしません。


本当は欲しいのだ、けれど困るのだと訴えてる様にも聞こえ。見えない心がぴくぴく
動き出す、本心はいずこへ



今週の詐欺は内職商法。子供がいる主婦は陥りやすいですよね。内職でも安いいこ


とを前提に受け入れてしまえば景品の組み立て10個で1円だって平気かもしれま


せんが恐らく一ヶ月寝ずに作業して5万にもなりますまい。それが内職です。それでも


子供を抱えて外に出られないためやりたい人はたくさんいる。これも現実です。


江守@いしだあゆみの手口は名簿を使う詐欺。DMを書き、注文がきたらマージ


ンを払うということで専用キットを売りつけます。名簿は20万。躊躇する水野@松居


直美には「だ~いじょ~ぶだから~」と満面の笑顔で安心させ、ひとまずうりつけてし


まいました。しかしこちらで知る方法がない以上、マージンなど絶対に入るわけがな


いのです。苦情を言いに行くとさらに上級名簿を丸め込まれて買ってしまった水野。


江守にとってなんていいカモ!



ふと見ると公園には風鈴商がやってきて風に揺れる風鈴に目を細めてしまいます。


そして水野の子供達が走りよってきます。お母さ~ん!手に握らせる惣菜が母の顔


ですね。家族の姿を心の片隅に盗み見るようでもあり幸せだったかつての黒崎の家


族を思い出すようでもあり。給食費さえも払えていない現実に愕然としつつ同情も?


けれどPちゃんの家族思いの姿を知ってしまった今その目は温かいようにも見え


 「金取り返せば給食費も返せる。俺がアンタの金騙しとってやるよ」


おかあさん、お父さんいつ帰ってくるの?もうすぐよ!お仕事が終わったらね!!


子供の言葉に胸をえぐられるように感じました。クロサギももうすぐなのか?


仕事が終わったらね。。。終わったらね。。終わりのないことを願ってしまう私。




江守のテレフォンセンターで競馬新聞?を読むPちゃん。今週は先週のホサケンの


さらに上を行きますね。真っ黒のシャツの背中は黄金の鳥ですか?あまりのチンピ


ラぶりに目がちかちかします。そして噂のスーパーかちゅうしゃ(本人表記のまま)。


100円(笑)じれったい前髪をしっかり受け止めてくれる黒のかちゅうしゃ。可愛かっ


(笑)オデコを出すPはとにかく美しいなのに、いきなりはたかれます。いしださ


んのその思いっきりぶりにはのけぞりました。いてっ!思わず一緒に声が出たわ


尾崎@Pちゃんは名簿を売りつけます。5万、ただしマージンをつけてもらおう。


こうしてサイはなげられました。もうや~~だ~~!!5円拾う江守。


そして予定通りその名簿を買いに水野が現れます。またカモが・・・喜ぶ江守。



道端でゆかりが待ち伏せをし、ビラのことを謝っています。お前、マジで迷惑なんだ。


もう来んな!お金じゃないものを大切にしろと言われて自分の気持ちを理解してくれ


るのは黒崎だけだと思ったというゆかり。何でもするから嫌いにならないで。


ぞっとするほどの冷たい顔の黒崎。心底から迷惑だという表情と厳しさに愕然とする


ゆかり。・・悪いけどさ・・後ずさりしたゆかりはもうそれ以上は聞きたくないとばかり、


「また来ます!」そこでPちゃんが見たものは鏡にうつる氷柱の姿と、物陰に隠れて


いながら見えているかご。とっさに隠れた氷柱をなんと思う?



あらら、氷柱はひとり花火!!それを見咎めたPちゃんはやっぱり出てってくださ


い、お願いします。お前あれだな「CIK」ちょっとイタイ子だとしかし、寂しい女子


大生だ。親父と漬物仲間のあとは一人花火ですか?お前らさ、何か、勘違いしてな


い?え?恋愛ゴッコは学校でやれ。俺を巻き込むな。Pちゃんは隠れていた氷柱を


ゆかりとつるんだと思ってる様子です。しかし花火が暴発し、一瞬のうちに二人は


笑い逃げ惑いはしゃぎます。花火が消えるまでの二人の無邪気な笑顔。これこそが


本来の黒崎の姿?あまりにもかわいいPちゃんの笑顔に萌え今回一番でしたね。


しかし花火が消えたあとの二人はバツが悪く不機嫌になるPちゃん。勘弁してくれ。


二人の一瞬こそ真実であったこと。しかし、その道を俺は決して行く事はないのだと

いう強い目。悲しい目


オーマイガッ!目を押さえるPちゃんに爆笑注文たったの3件?9400円?


事実はこのハガキの中にあり。決してマージンを払おうとしない江守に水野がのり


込みました。そこをタッチして帰ろうとした黒崎が引き受けます。ちょっと失礼。


「カッチ~ン」実に全くカチンときてない表情でアレックス・チャン・チクリン・・


俺の名簿じゃん。裁判にするか?もちろんという水野。慌ておののく江守にすかさず


2000万!と言う。この2千万をどれだけの思いでためたかという江守に、残念だ!


ムショでは小銭は拝めないから!しっかりと金を受け取り、そして通報。車に乗る


Pちゃん。ミラーに映る顔がキムタクにあまりにも似ているのが驚き綺麗



早瀬は神志名に自分の事を知らされ愕然とします。桂木の愛人だった母が桂木の


親友である料理人のもとへ走り、そして早瀬が生まれたこと。愕然としたまま帰ると


桂木が倒れていました。桂木は早瀬の話を聞き、自分でもあのころの桂木だったら


逃げたくなったと早瀬の負担を軽くしています。 桂木のゲームは黒崎がどこまで


追いつめるか見ようというもの?水野夫と書かれたそれには次は春日、そして恐らく


は御木本が入るのでしょう。Pちゃんがやってきた時に意味深に匂わします。


被害者は誰だった?あ~あ、水野さんによろしくな。



水野から夫の服役を知らされたP。桂木、とぼけやがって!ぞっとするほどの怒りが


横顔をさらに完璧に美しく魅せ弁護士に扮装して面会するPちゃん。聡明そうな


瞳にすっかり事情を打ち明ける水野。フランチャイズ詐欺。かつての父親と同じ詐欺


に陥った水野。その先にいる春日。そして御木本にいつかたどり着くでしょう。


そう桂木の思惑通りに。暗い絶望の思いだけが黒崎を支配しています。


オヤジ、今日アンタと会ったよ。家族を殺してないだけマシだけどな。


きりきりと奥歯を噛み目を伏せたままで復讐の火がメラメラと燃える頃



しかし、時は神志名に味方をしています。最後の砦のような服役者達の被害届が


次々と提出され、ついには黒崎の逮捕状がでてしまいました。


パトカーや警官に囲まれるアパート?氷柱もゆかりも呆然と立ち尽くすばかり。


それとは知らず黒崎は、人ごみのなか復讐だけが心を占めながら・・。


**********************************
春日にそしていずれ御木本にたどり着きそうですね。やはり復讐だけはやめるわ


けにはいきません。氷柱の愛でさえも幸せを分けることなどできそうにありません。


一瞬に見せてくれた二人のひと時。これが黒崎の本心だと氷柱は理解したでしょ


うか?花火を怖がる風にも見せながらその実、甘え、頼り、瞬間に燃え尽きる花火


さえも楽しんでる様子に、この先はただ燃え尽きたあとの悲しみさえ予感させてくれ


ます。氷柱の思いはわかっていてもこれだけが精一杯だといわんばかりの黒崎。


山P日記にでてきた風鈴に堪能させていただきました。夏の風物詩としても最高


の絵ができました。公園で風鈴が鳴る風景は来る夏をしみじみと感じさせてくれます


そしてスーパーかちゅうしゃにも。しっかりとじれったい前髪を押さえてくれて


どうもありがとうでした(笑)Pちゃんはオデコを出すと本当に美しさが際立ちます。


いつも出してくれたらいいのにね♪


いしだあゆみさんの小銭に執着する演技、最高でしたね。主婦の姿をばっちり


投影しています。そして松居直美さんの騙されやすい主婦像だって、世の中の主婦


をよく観察していたようにもみえます。ここからヒントを得て、自分の世界を守るのが


ドラマを見た者としての宿題ですね。


今週のPちゃんの一番。やっぱり二つ。オープニングの悪夢にうなされるシーン。


あの汗には苦しみときらめきがたっぷりつまっていました


そして花火のシーン。このドラマであんな、無邪気な笑顔を見られるとは!


とても幸せな気分になれたPちゃんの極上の笑顔でした




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1883-c6faff58