上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこを切ってもアイタタタタ・・・
先日、森の友人たちとランチ会したんですけど

このドラマが面白いというのよ。

最後にてめえ・・と啖呵切るのが爽快らしいです。

というので

オンタイム視聴中、仕事が入ってしまい中断していたのを見ました。

いや~あんまり気分良くないですね(苦笑)

どこを切ってもわが身に返り、グサッとくるわけで・・・

この手のドラマを見るコツは

「自分を棚に上げて見ること」・・静かに悟りました(^^;



「エイジハラスメント 第2話」

あれえ・・先週のお茶40個はどうなりました?

あたしとしては会議の皆さんがお茶を飲めたかが気になってしょうがないわけで

1人で準備するならペットボトルでいいかな・・

それともじいやに連絡して何人か手伝いにきてもらうかとか・・

あれこれ妄想してたんですけど。

英美里の「け、五寸釘ぶち込むぞ」で皆さん恐れをなして

総務全員が手伝ってくれたと脳内補填しておきます。


さて、結局、英美里@武井は退職を願い出ますが、百合子課長@稲森から

熱いときに決めてはダメだと諭され一晩冷静に考えることにしました。

しかしその夜、借金苦にあえぐ父親が上京してきたため、現状を認識し

退職を思いとどまることにしたのでした。

それを聞いた百合子課長は了解し、

その罰として英美里に社員サービスの夏祭りの係に任命するのでした。

以上が大幅にはしょった今週のあらすじ。


今週のテーマは「イタイ」ということですか。

今更、「イタイ」も時代錯誤的なフレーズな気がしますが、

近年、マスコミ雑誌があおるので「美魔女」も増え、歳が分からない女性が増えてますから

手入れを怠らないことを賞賛しつつ、

それが成果に結びつかない人は裏で笑うという一面もあり複雑です。


労働人口の減少により女性の社会進出を後押しする命題がある日本で

こんなことを表だってドラマにしたら逆効果ではないかというのが直後の感想。

ハラスメントのデパートの吹越さんみたいな人も過去にはいましたが

経営が危なくなる時に真っ先に切られたのもああいう口のひどい嫌われモノたちでした。

皆さんちゃんと認識していますし若い人はいいのですけれど

化石みたいな人なんかは時代の変化についていけなくて

昔の感覚でモノ言いますからね。


そういう男性諸氏だけじゃなくて

女性もそんな風潮に乗せられている気配があるのが残念でしたね。

SOHO生活何年もしていると忘れてしまう感覚ですが

給湯室でのああいった状況を見ると空恐ろしくて毎日出勤するって凄まじくストレスたまり

病むかもしれないとつくづく思いました。


でも、どちらかというと革新派な小泉さんも英美里自身も

知らずにハラスメント発言してたの気付いてました?

曰く「25歳以下は女と思わない俺が君と付き合ってる」

曰く「結婚して子供も旦那さんもいるからイタくない」

これは百合子課長に対しての無意識に発した慰め的言動でしたが、

年齢差別、既婚未婚差別と立派に差別してるのが恐ろしかったですね。

麻生さんも百合子課長も

「直すから、イタいところを教えてほしい」と言うんだもの・・・。

困りますよね。

宮地さんなんかは派遣の分際でそんなこと言えないなんて答えてましたが

コレは肯定してるとも受け取れるし

「派遣の分際」なんて卑屈な発言にも、苛立った方は大勢いると思うわけで。

どこをどう切ってもイタタタな発言のオンパレードで

げっそり疲れてしまいました。

ハラスメントデパートのドラマなので、

反面教師的効果を狙ったのでしょうがね。。。


ラストは、先輩社員とできてるとその奥さんに誤解された英美里が

例によって五寸釘の印籠を振りかざし、その先輩にかみついて終わりました。

若い女に美味しいものをたかられて自分はモテるといい気になってるイタイ男だって(笑)

その男が奥さんをみんなの前でこき下ろすのも見苦しくひどかったですもんね。

奥さんが切れて離婚すると叫ぶのも当然だわ。

でも「熱いときに決めないで」と。

百合子課長のセリフを英美里が今週話では三回ぐらい拝借したのも

ウケましたです、ヘイ!


***


ハラスメント男たちを最後にバッサリと切る・・

その前に「け、てめえ五寸釘ぶち込むぞ」の決め台詞があり、

水戸黄門道まっしぐらというところでしょうか。

そのたびに竹中さんが英美里を見て

またキレた~ってな驚愕な顔するのでそっちがややくすっとします。

友人たちは面白いといいますけど

笑える要素があまりない複雑極まりない気分になってきてます。


でも、大概の人は

こんなハラスメントさえばかばかしくくだらないというか

今日明日を必死に生きることで精いっぱいなわけで

何言われてもどうでもいいし、気にしてられないということの方が多いですよね。

さらに、何かに夢中だったり打ち込んでいたりすると誰の目も気になりませんし。

あたしもそういう方向で

開き直りありのままナチュラル俺様流儀で、

のほほんと生きたいと思っとりまする~~。





Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1895-9582e4a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。