fc2ブログ
今週の璃子ちゃんも笑いませんでしたね・・

さっそく広の家庭教師を始めた道子。

姿勢を正すためにバットを背中に入れることと、

名前を100回書くことを指示。

その間の道子はベッドに座り本を読んでいます。


名前を書くことに何の意味があるんでしょうか?

こんな疑問はもっともです。

でも広はもともと机に向かって根気よくノートを書き続けるという

習慣がなかったみたいですし、

背中を丸める姿勢は、すぐにだらけるようになっていきます。

受験を乗り切る第一歩は、

机に向かう時点でその形に表れるのかもしれませんね。

のちに友達(?)の須藤理沙が意味があると言ってましたけど、

名前を忘れて0点になる子も確かにいますが、

広にとって名前が一番書き易いからのような気がします。

試験の時は何をおいても反射的に名前を書く!

これが大事なんですよね!!

ドラゴン桜を思い出していました。

反射神経をつかったり、リズム感だったり・・技術がありましたよね。

とにかく一回目の指導で広は確かに一歩を始めたと思います。

そして机の移動。

リビングに移動するというのは多少乱暴でもありますが、

中学受験生の合格者はほとんどリビングのテーブルで勉強しています。

両親が面倒見てくれるというためにもそのスペースは必要ですが

リビングの真ん中にでんと居座って勉強したら

もしかして家族も刺激を受けて、

テレビなんて見ていられないという気持ちをうけとったかも。

それはそれでいいのかもしれないって。


2回目の指導は300枚の漢字プリント。

「無我夢中」がトップにありましたが、間違っても自分で直すことが

大事だということでした。

道子はざーっと目を通して「やり直し」しか言わなかったもんね。

広もどこが間違ってるかわからないから結局ひとつひとつ辞書で

確認するしかないわけで、エライ手間がかかっていました。

明け方まで取り組んでも30枚しか終わらず、

ぐったりした広は机でうたた寝。

道子は隣に座って本を読みながら付き合ってるだけ。

しかし付き合うほうは大変ですよね。

自分だってお腹がすいてるし、眠たいでしょうし。

そんなことは微塵も見せずさっさと帰っていく道子。


こんな道子も遅くなったから電話すると言ってくれた

広のパパ@山口にお茶をかけて阻止していましたし、

道子のことを気にしている友人が持ってきてくれたお弁当を

ひったくるように食べ始めました。

ママの愛情?に飢えてる子なのかも知れません。

何しろ頭脳優秀なようですから、学校でも特別待遇、

家庭教師先の親たちからも尊敬の眼差しを受けるのが普通。

まだ子供なのに、子供らしさを失ったような道子が気の毒な気もします。



そして山口パパはなんかかっこいいですよね!

会社でも部下からは慕われ、上司をかわす技術にも長け、

りっぱに会社員としてこなしています。

ラグビーのエピがありましたね。

その昔、不調なメンバーを気遣って「頑張らない事も大事だ」と

言っていた山口は、今は最大限に頑張りすぎるくらいに部下も引っ張っている。

部下がついてこれるのは山口の人柄がいいせいでもあるけれど、

それではいつか反乱を起こされるかもしれません。

自分のこの熱い思いが広を追いつめていたことをしっかりと自覚した回

でした。

それを道子に言ったところで相手にしないのは道子の性格なんでしょう。

それにしても昼夜と書かれた広の食事をちゃんと作っていくパパに

脱帽です。世の中見渡してもこんなお父さんはいないぞ~~~!!

エリはね、手つかずで残した道子にもちょっとウラミを抱くモンね・・・



とりあえず、広は受験の入り口の戸を開けるかどうかのところに

きたようです。

今の中学受験は昔に比べてもきついですからね。

早田中で、野球するんだよね!

広、ファイトだ~~~!

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/19-68751e85