潤子発「恋人になってさしあげます」待ちに待ったセリフに拍手、ショートケーキに涙。笑って泣いて忙しい~
「5→9 ~私に恋したお坊さん~ 第7話」

先週、結婚パーティで恋人つなぎで終えた潤子@石原と高嶺@山下でした。

ムードに酔ったか雰囲気に飲み込まれた(※同じことです)のか

目覚めた潤子は認めたくない自分の行動に煩悶するのでした。

開き直って結婚式マジックだからと結論。

しかし「好き」かどうかも分からない状況でNYへ行くことだけはまだ望みを残しています。

小銭貯金でか???

リビング(居間)には当然のように高嶺がいて、すでにツーショットの写真もできていると言う手際の良さ(笑

寧々の誕生会をしてくれると言います。

ついでながら記念日は全部覚えているのがスゴイ。

ちなみに

潤子さんと初めて会った記念日

英語記念日

お泊り記念日、

坊主めくり記念日

膝枕記念日

前髪をとめていただいた記念日、

英語でプロポーズした記念日

ビンゴで洗濯機記念日

カニの身をかき出してあげた記念日

カドベン記念日

他128個  あははは

日で足りなくなれば「記念時」にするとか。すごい!

ご飯をよそうのも高嶺、(寺風?)てんこ盛りにしてるのが爆笑。潤子ってば食べそうですもんね。


ELAに出勤すると高嶺の弟天音@志尊がいて、潤子に接近。

14の時から京都で修業してるらしい。

加賀ばあちゃまは「潤子と高嶺を別れさせたら天音を次期住職にする」と言ってます。

え?なんか変?

二人がうまいこと別れて、さらに高嶺の住職の目がなくなった場合、

高嶺は寺にももどれず、潤子とも別れたままの孤独状態ってことになるわけですか?これが目的なのばあちゃま・・?


で、今週は干支の話。

三休ちゃんの絵本には猫が干支にない理由が描かれてるのよね。

ネズミがウソをついたからでしたが、天音は騙される猫が悪いと言うのでした。


レッスンではクリスマスの意味を尋ねていますが

高嶺の独壇場。

潤子に机ごと近づいていき両手を挙げてアピールで蜂屋が苦笑いするのがうけた(意外と本音だったり)

アメリカのクリスマスは家族で祝うのが一般的らしい。

寧々がやってきますが高嶺のプランはちょっと豪華すぎ。

銀座プリンセスホテル朱雀の間貸切で

高嶺の舞や

レディーガガやらアヴリルラヴィンなど列記されていて・・

聞いてみると、懇意のプロデューサーが檀家にいるからだという。

潤子の時は武道館とか。爆笑

もちろん断るのでしたけど、悶々としてお父さんの名があるビールで一人酒宴。

格差があり過ぎる!

潤子はカニかまですが一方の高嶺は本物のカニ。

万葉集を詠み解きながら潤子を思うのでした。


翌日、まさこ@紗栄子からは

星川に保険かけて清宮を焦らしてるとズバッと突かれてますが

「大炎上」というセリフは紗栄子、自虐なのか。

ともあれ潤子は逃げないことにして清宮にしっかり告げています。

「NYには自力で行く」と結論したこと。

清宮はそのまま受け止めるしかないですしね。味方だと言ってくれましたけど。残念??


天音は潤子に接近。

高嶺と結婚するのかと聞いています。

寺の嫁は寺の中で生きて死んでいくだけだと、そこに踏み込めるのかと忠告(脅迫?)するのでした。

さすがに困惑のらせんにはまっていく潤子。


帰宅すると高嶺が来ていない。

口では強がり平気そうな顔ですが何となくさびしい潤子。

押せ押せの高嶺が引いたのですね?(これもひとつのテクニック?

しかも潤子はビール飲みながら高嶺を思いだし「いかん、会いたいかも?」

さらに妄想ではベッドの高嶺がどアップで潤子を見つめ

「マイハニー」と甘く迫っていて・・あははは・・いやん、このシーン、ありがたすぎる(爆

そして寧々の誕生プレゼントのお買いものはブティック貸切・・・

肩フリルのガーりーワンピースだって。スゴイよく知ってる。

その後はラーメン五九郎(←笑)で行列に並ぶと。

好きな人と並んでみたかったらしい。


しかしその後がおかしくて・・

あの日、清宮の家に行ったのでは?と疑う高嶺になんでもなかったと言う潤子。すると、

あなたはふしだらです。

なぜほかの男の家にほいほいと。

言い訳無用、恥をしりなさい。

あなたがほかの男といるだけで許せないんです。

あなたは自分がどれだけ魅力的なのか気付いていない。

その気がなくてもあなたの笑顔や瞳で相手を虜にしてしまうんです。

もっと自分がかわいいことを自覚しなさい。

ケンカ腰で語気強くなってしまう潤子は

怒ってるのか褒めてるのかと問い、

高嶺「褒めてるんです!」

潤子「ありがとうございます!」

周囲まで巻き込んで爆笑でした。

二人の掛け合いもバッチリ。


一橋寺では天音と高嶺がチェス。

寺を継ぐためには潤子と別れなければならないし、

潤子と結婚したいなら寺をあきらめないといけないという天音に高嶺は

「潤子と結婚して一橋寺を継ぐ」とチェックメイト。

天音は弾き飛ばしてますが、冗談と笑い、

干支の猫の話をして高嶺に事前の警戒を促したようです。

でも高嶺はそこまでの読みはしなかったのでした。

二人を応援すると言った天音を信じて。


天音は加賀ばあちゃまに今宵8時までに高嶺を来させると言う話の流れを作りました。

しかし、高嶺には翌日の8時と伝えたようです。

今夜、寧々の誕生会を行うと知っていて。

それなのに加賀ばあちゃまはクジャクの法衣を広げ待ってるという図。

もちろん高嶺はきません。


コチラ寧々の家では高嶺が皆を招いてサプライズパーティ。

高嶺は手巻き寿司を作るのですが、よくわからないようで・・

そこに潤子が手際よく巻いてくれるのでした。

美味しいと言う高嶺。誰の誕生会なのか。。でしたけど・・のちに分かったことがあり・・・

二次会で皆がカラオケにでていき、残った潤子と高嶺。

「おめでとうございます」と電気を消したところに

ショートケーキに一本のろうそく。

高嶺は寧々と誕生日が一緒だった!

両親が亡くなってから祖母と住職が誕生日を祝ってくれたが欲しいものは「両親」と言った。

二人からはたくさんのプレゼントをもらったが感謝を伝えきれなかった。

もう誕生日をしなくていいと二人に言ってしまった。だから・・

こんなうれしい誕生日は初めてだと涙をぬぐうのでした。

誕生日記念日、手巻き寿司記念日、片付け記念日・・・

潤子も泣いてしまいますが、テレビのこちら側はほぼ全員号泣(よね?と勝手に決める^^;)

そんな潤子の涙を拭いてくれる高嶺。

泣いているあなたもかわいいと言うのでした。

高嶺さん、私、あなたのことを好きになってさしあげます。

あなたの恋人になってさしあげます。

二人の顔が接近し、今こそ・・か・・?という時、

皆がやってきてカラオケの誘いで寸止め(やっぱり^^;


カラオケで一休さんをうたい、帰ってみると

天音がクジャクの法衣を着て兄さんに勝ったと笑うのでした。

兄さんの持ってるもの全部もらうと言い、中に入っていきました。

静かに門が閉まります。


***

翌日の時間を告げて本当は今夜だったという残念なウソで天音は高嶺から出しぬいたつもり。

加賀おばあちゃまは天音の姑息な部分を知らないのでしょうかね?海千山千という気がするのに。

子供みたいなことして何が楽しいのか、もちろん気分悪いんですけど、

高嶺も逆に天音を「かわいそうに」と言う顔つきでした。

まあ流れで同棲になっていきますしそっちが楽しみだったりしますし。う・・む・・


記念日の列記は面白かったです。

俵万智の「サラダ記念日」がその底にあるのでしょうか。

雰囲気的にも「この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日」という若い感覚が

ドラマにリンクしていて妙におもしろおかしかった。

ただし、高嶺は万葉集を詠んでましたけど(^^;


それにしても高嶺と潤子の掛け合いがマッチしていて

このまま芸人誕生でもいいくらい。

(自分が)笑わずに(人を)笑わせるというのは楽しいものでしょうねえ~。

残り3~4話だと思うので、本当に貴重で大事なシーンばかり。

脳にしっかり残しておかなくてはっ。


そして今週は

潤子の朝妄想シーンの高嶺Pセンパイと

ラストのキス寸止めシーンが盛り上げてくれました。

Pセンパイ綺麗でしたね~.

願わくば[高嶺の舞]を見たかった(^^



ストーカー気味で強引で話の通じない変な人だった高嶺が

潤子の中でぐんぐん領域を広げ、今や

「好きになって差し上げ、恋人になって差し上げる」存在になっていったことに

驚嘆しています。



そんなこんなで次回は同棲なので桜庭家に溶け込む高嶺Pセンパイがまた楽しみです~。

あと、後継ぎ問題はどうなるんでしょうね?




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1930-45afb55d