ひたすら深キョンに見とれて終わりましたな。ストーリーはベタでしたけど次回も見てしまいそう。
あたしなんかも最近というか年中「ダメ」なのでタイトルが同じじゃん。

見るしかないでしょ。と思ってみたら、あまりにも深キョンのかわいさにうっとりして

全然違う~~ことに愕然とした一時間でした。ハハハ空しいぞ。

柴田ミチコ(深田恭子)は30歳。勤めていた会社が半年前に倒産して無職。さらに彼氏だと思っていた男はミチコに貢がせているだけとわかり、貯金も底をついた…。
ある日、どん底のミチコは以前の会社のドS上司・黒沢(DEAN FUJIOKA)と偶然出会う。
罵倒され続けた日々を思い出して怯えるが、いろいろな感情が混ざり合い唐突に「肉が食べたい!」と叫んでしまう。見かねた黒沢はミチコの手を引き開店準備中の喫茶店「ひまわり」に向かう。黒沢はこの店のマスターとして新たな生活をスタートさせていたのだ。

黒沢はミチコのあまりにもひどい境遇を不憫に思い、ミチコをアルバイトとして雇うと宣言。ミチコは不本意ながらも収入源とまかない飯を手に入れた。
そんなひまわりに生花店を営む春子(ミムラ)が花の寄せ植えを抱えてやってきた。黒沢は何故か花にも詳しい。黒沢に苦手なものはあるのだろうか。
アルバイト初日、ミチコはチラシ配り中に最上(三浦翔平)というサラリーマンとすれ違う。最上はミチコが落としてしまったチラシをわざわざ拾い集めてくれた、イケメンで爽やかな好青年。私とは無縁、とミチコは心の中で別れを告げる。
数日後、ひまわりに黒沢の彼女・晶(野波麻帆)がやってきた。晶は黒沢が喫茶店のマスターになることに猛反対。このままなら別れると言い放ってひまわりを出て行く。その後ミチコは近所の公園で晶を見つけ、ヤケ酒につき合わされすっかり意気投合してしまう。HPより


ともかく最初から最後まで深キョンかわいくて、

でれでれなおじさん気分だわ、あたしってば。

持ち味というのかね、ダメな役しててもここに居ても全然違うんだってことが

嫌でもにじみ出るこのキョトンな感じ(わかる?笑


ともあれ、三十路で独身で貢いでバカでという設定は

有りえないようであるのかもしれない。


そんなミチコはB3(ビーサン)用紙を(ビーチサンダル)と解釈するようなおバカちゃん。

罵倒されてもバカなのでめげないのがかわいいのでした。

過去は戦隊ものを追っかけしていたようですが、その中のイケメンに良く似た大学生と出会い、

ひたすら貢ぐと言う設定が痛い。

高額プレゼントのためのカード分割払いとか自分は食べずに相手には食べさせるとか・・

顔に癒されてると言いながら騙されてることにもうすうす気づいているのがさらに痛い。

そして母親入院のために100万という王道の詐欺にひっかかるのでした。

いやわかっていてもつい払ってあげたくなるというのが重症。


そんなミチコのところに現れたのが朝ドラで一躍スターになったディーンフジオカ@黒沢。

二人は以前は憎たらしい上司と部下の関係でしたが、脱サラして喫茶店を継いだ黒沢が

飢えてよれよれなミチコを拾ってくれたというところですね。

ドSという設定の黒沢ですが、どちらかというと

過去はヤンで、今は口は悪いけれど情には熱いような雰囲気があるのがいいのよね。

野波さんとは別れたけれど好きな花屋の女・ミムラ@春子がいて

なかなかロマンチックなマスターになっています。

それやこれやで世間を良く知ってる黒沢がおバカなミチコをネコみたいな感覚で面倒見ていると言った状況。

実際、猫も拾って飼いましたし。


ともあれ、消費者金融で借金してしまったミチコも

黒沢の元ヤンのつながりの子分の睨みがきいて大学生からお金は返してもらえたんで

そこはなんとかハラハラを脱出しましたわ。

もうホントバカなので何するかわからんのがドキドキもんだす。


そして、酔わないはずの黒沢がつい飲んで寝てしまい、

寝ぼけてミチコの初チューを奪うのでした。

春子(ミムラ)はその意中の人のようですが、旦那さんが亡くなったとかそういう設定なのかな?

そういうミチコはイシャレンジャー似の大学生とはきっぱり別れたようだけど

次は三浦翔平と出会うみたいなのでした。

んもうイケメンばかりじゃん。

この前もKセンパイと共演したしねえ。(おっと関係ない)


そういうわけで、有りえないマンガ展開だけど

深キョンというだけで見てしまいそうなものはありました。

次回も懲りずに見ると思います。



.

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1942-44531e92