この危なっかしさ!んもう~~ハラハラし通しで最後まで見てしまうじゃない(笑)
日本中のお茶の間が息を殺して見守ってる気がするこのドラマ(^^;

行く先々でぼろぼろと証拠を残し、

しかも予想してないことばかりに見舞われ、

どこを向いても怪しさ満点(=挙動不審)のヒロスエに内田に・・

笑ってしまうようなところなんですが

なぜか応援してしまうわけで手に汗握ってます(爆


「ナオミとカナコ 第4話」

次が楽しみでならないのでやはり今季一番面白いと思ってます。

てか、ど素人が殺人計画なんて本当ムリですね!

つくづく思いますわ・・


さて、山梨の県境を越えたあたりにちょうどいい場所がみつかり

遺体を埋める予定の穴を掘って、帰ってきたナオミ(広末)とカナコ(内田)でした。

車を返却するために李(高畑)のところに行ってみると

不法滞在者の摘発でうじゃうじゃと車に乗せられてる皆さん・・・。

林(佐藤)がひっぱられたらこれまでの準備がフイになるためカナコがアパートに行ってみた。

居留守を使って出ない林が(カナコの差し入れた)メモを見たとたんにそっとドアを開けるのでした。

ほっとするカナコです。

そこからホテルに連れて行ってましたが目撃されそうでハラハラ。

ともかく決行は金曜日としました。

理由は銀行が事態発覚まで土日休みという空白があるから。

その間に林を逃がしたらいいということです。


プランは第二段階に入ります。

それはATMに林の画像を残すこと。

そのための前準備として認知症顧客の富司さんのところに達郎とナオミがいきます。

冨司さんの口座からカナコの口座へパソコン使って1000万移動させましたが

これがまたナオミがいちいち目を見開くので挙動不審度がぐんぐんUPしてます。

広末の顔がただでさえ怪しいのにもう怪しさ満点。

達郎が疑惑の顔で首をひねってもいいはずですが何とか無事にここは終わりました。心臓に来ますね(笑

途中、青いロープを買ったり、人が入るぐらいの(!)コロコロ買おうとしたり、ゴルフバッグ勧められたり

そういえば李からもスコップを忘れたと問い詰められ「穴を掘りましたか」と鋭く追及されてました。

とっさに山菜なんて言ってましたけど苦しい言い訳。スコップですし。

危ない危ない・・。


次のステップは本番の練習。

70Kの達郎を入れて車に乗せるまでの練習は防犯映像にバッチリのこることや

重たくて大変なことなど問題点も浮上しました。

滑車を使うといいという発想は確かに理系女子の考えよね。

それくらい賢そうなのにあんなDV男に捕まるなんてカナコってば・・・

マンションの防犯カメラは3週間で消えるらしいですが3週間て長いですよ~。

発覚するのが土日の次だとしたら三日でばれてしまうところですが見切り発車ですか。


そして当日。

二手に分かれそれぞれのミッションを遂行するわけですが、

なんとナオミが、陽子に京都へと出張を強制されてしまうのでした。

高級マンションにセットする美術品のため画家の黛を説得するのだそうです。

日帰りということになりますがこれがまたナオミの挙動不審がマックス状態。

陽子からも怪しまれていますが、途中カナコからの携帯も見られているし冷や冷やさせられます。

一方、達郎とランチするはずだったナオミの代理でカナコが行くことになります。

達郎は不機嫌も相当なもので奥さんとランチするのに悪態ばかり。んもう嫌な奴・・

残された、林は一人でATM操作する羽目になるのですが

慣れないようで失敗続き。

なぜか込み合う銀行で後ろからせかされて焦った林は

なんと左手で操作してしまうのでした。あああ・・バッチリカメラに残ったね><

でも約束の100万をしっかりと下ろしてきました。残りは翌日に空港で下ろすらしい。


その夜。

達郎は殺されるかもしれないと電話していましたが

酔って帰ってくるわけで、当然のようにカナコにDV。

ナオミは最終にのってギリギリに東京に戻ってきました。

それからしばらくし寝息を立てている達郎。

ナオミもマンションに上がってきました。

二人は達郎の首にロープを巻き、一気に引くところですが

ここで陽子からの携帯が鳴り、達郎は目が覚めてしまいました。

あわわわ焦ります・・

***

ネットでロープ買ったり、職場でスーツケース買おうとしたり・・・

どんだけ証拠残すんやと日本中から心配の声があふれているところですが

次回、何とか・・決行したようですね・・???

絞殺は3分以上しめないと蘇生するとカナコが言ってたけど

長いですよ。力もいるし。でも二人の合言葉は共犯者でとうとう実行しちゃったのね。


今週のランチの対比、面白かったですね。

DV旦那は高級ランチ店でも奥さんと食べるのにも嫌な男で

一方庶民中華店では林がカナコと食べるのが楽しいと言ってくれてるわけで、

幸せってどういうことかって本当に良くわかるシーンでしたわ。



しかし、今週の李(高畑)は得意の「・・アルネ」の手のひらひらもなくて

眼光鋭くナオミをとらえて厳しい顔でしたわ。

事件が発覚したらかばってくれるかなあ?

散々「コロシナサイ」と煽ったんだけどね、どうでしょうか。


そして陽子(吉田羊)の眼がやはり怖い。

一旦疑惑を抱いたらとことん迫ってきそうです。


ともかく二人が逃げ切れるように次の心配段階に入っていますわ(^^;




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/1952-c4196496