上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり改心したね!万事都合よく終わりました。。。
待望の「メス豚~!」が発せられたのでもう満足していました(笑

「せいせいするほど、愛してる 第10話」

教会で結婚式の真似事をし、マーガレット(?)で即席の指輪も作りました。

海里(滝沢)と未亜(武井)が誓いのキスをしたところに、メス豚~と乱入したご一行。

優香(木南)の自分には海里しかいないと訴える様子が強くて強くて怖すぎます。

しかしここで優香の腕をつかんだ海里の行動が、優香の記憶を引き出しました。

離婚届けを書いていた件、事故を起こす寸前、目を見開いて茫然とする優香でした。

しかしそれでも、再び両者が集い、二度と会わないと誓うことになった未亜でした。

このセリフ聞き飽きたね。

その後、これでいいの?と確認した優香は少し、気持ちがぐらつきだしています。

少し前を回想しますが、実は海里の別荘に泊まった日から二人はこの逃避行には無理があると悟っていたのでした。

だから最後のつもりで結婚式の真似事を決行したのでした。

ともかく完全に別れを決意し、海里は社員に向けて過去に二人は不倫していたと告白。

みんな、今更そんなこと聞いて困るでしょう?いったいなんなのだ・・・

ただし、その時に優香との離婚は決まっていたし

離婚届を出しにいく時に事故に遭ったと弁解はしっかりしました(笑

マツケン社長は妻が亡くなり、向井部長が支えてきたという関係でした。

熟年の恋は濃くて目をそらしたいようなところですが、この気持ちを知ったからこそ

マツケンもおいっこの海里の気持ちを思いやることができたというところです。


そして未亜は元カレに実家に帰ることを報告。

優香の姉(橋本マナミ)はマツケン社長から治療費と称して金を引き出す性悪な女だと教えてくれますが

もう前に進むからそっち方面は忘れていいと未亜が釘を刺すのでした。

しかし海里は本気で未亜を愛してた。ずっと見てたからわかるというのには笑。

自分がそこまでとことんストーカーしてたことを暴露するようなもの。


一年後

海里は社長になり、未亜は実家でプーしていました。

自分の好きなことをせいせいするまでやんなさいとハッパかける小林幸子ママ。

ふらっと入った雑貨店にティファニーのアンティーク指輪を置いてあり驚く未亜。

その知識を買って店長がヘッドハンティングしてくれるのでした。

そして東京への買い付け出張を頼まれる未亜です。

展示会でコレクションを見ますが、その中の一点が未亜の心に入り込みました。

白いミニワンピースにウエストからベールのように分かれたロングスカートを重ねたエレガントなスタイル。

しかしそれは優香のデザインでした。

一年ぶりに再会した二人は驚くばかり。

作った人の思いが込められた素敵な服だと思ったと言うのでした。

だが優香は拒否。自分の服を未亜に好きになってほしくないと返しました。

その夜、海里に洋服の件を伝えると、

優香の「思いがこもってるから」と言葉がけしてもらい、

そのセリフが未亜と同じだったので考え込むのでした。


未亜のところに宮沢(中村蒼)が招待状を持ってやってきました。

それは海里と優香の結婚式。

忘れることができないからと正直に告白した未亜は本当はそんなところに行きたくないのでした。

だけれども宮沢は前に進むために逃げたらあかんと背中を押します。

諦めて結婚式場に行った未亜。枯れた花の指輪は座席に置いたまま。

式場で決死の覚悟で扉を開いた未亜でしたが、そこにいたのは海里ただ一人。

すべてを思いだし謝罪した優香が海里と未亜のために仕組んでくれたのでした。

そして海里も離れてみて日に日に未亜の存在が大きくなってきたと言うのでした。

つまり俺はどんな未亜も愛してる。

と、指にはめてくれたのはティファニーのデカい指輪!!!!!すげ~~~!!!!!

そこに招待客全員入場。

宮沢もこれで前に進めるとほほ笑むのでした。

そのころ、優香はついにデザインした服が売れて独り立ちができたようです。


教会ではエンゲージリングの上にゴールドの結婚指輪を重ねました。

ミックスが今のスタイルなのか。

ベールをあげて誓いのキス。

教会はおめでとうの拍手が響きわたります。

***

今まで脇に追いやっていたシェアハウス仲間のサイドストーリーですが、

トリンドルはあかりの事が好きだったことを告白。

だからあかりの好きな人を邪魔してきたという。

意地をはらずに思い切って人生を手にいれたらとこちらもはっぱかけています。

それを受けたようにあかりは久野に自分の気持ちをぶつけました。

レストランで編集者として会ってたはずなのにプロポーズに変わってしまった・・・

二人の熱いチューと抱擁は店中の拍手に祝福されてました。

といった三角関係でしたが、トリンドルとあかりは今後も親友でOKという関係。


優香の記憶喪失はフラッシュした映像があってもはっきりした意思とは無関係で

ただの映像でした。

忘れたふりしてるのかな~とやきもきしていたけれど、まあご都合よくそういうことです。ははは

海里に腕を捕まえられてそこできっちり思い出したようですが、

それでもその後一年は一緒に暮らしていたし、

未亜が買い付けでやってこなければまだその状態だったのよね。むむむ

偶然ですが、「思いを込めた服」というキーワードで二人を結びつけることにしたのでした。

記憶を取り戻した以上、優香も多少後ろめたさもあったでしょうしね。

何よりも、デザインした服が売れたことで人生を前向きに考えられ、

海里にしがみつかなくてもいいという方向に行き始めたのが大きいでしょう。

最後に改心しちゃってやや残念(!)ですがまあ最終回ですからこんなところでしょうか。

上目使いとメス豚とアバズレでだいぶ楽しませてもらいました。

木南さん、あっぱれでした!!


で、やっぱり、このドラマでは最後まで宮沢(中村)が光ってました。

とことん未亜を好きで未亜の幸せのために動いてくれてましたわ~。

その辛い心情については日本中の女性はちゃんと知ってますんでそれで癒されてくだされ~。


ということで、まばゆいばかりのティファニーとジミーチュウの提供で

華やかな背景で広げられハッピーエンドでした。とにかく豪華指輪はため息。

不倫だけれどもすでに離婚は決定だったからね・・

そのニュアンスがあったからティファニーとしても協力できたのでしょうかね。

3か月間、お疲れ様でした~!



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/2021-9ad04c62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。