白熱してきましたね。前半とは空気がまるで違う。それでもイラッとしてしまうのはそれぞれの動きがずれてるからか??
和樹兄ちゃん(佐野)は弓子(松嶋)の子という

視聴者的に暗黙の了解があったけど、

暗黙どころか白日のもとにさらされました。

まあ・・はっきりしたからスッキリか(^^;)


「砂の塔~知りすぎた隣人 第7話」

今週はタワマンいじめから学校いじめにシフトしています。

小学生も中、高生もいじめの温床。

***

封筒爆弾は弓子と健一(ココリコ田中)の結婚式の写真でした。

うすうすそんな気はしていたので爆弾と言うほどの威力もなかったです。

でも前妻は死んだと聞かされていた亜紀(菅野)にとってそれは晴天の霹靂。

実母と継母の意地の張り合いが始まるのでした。

ていうか、亜紀は和樹を育てたのは1歳の終わりごろからのようです。

和樹は赤ちゃんだから亜紀のことは本当のお母さんだと思ってるわけですね。

亜紀も必死に育てたようで育児日記もつけて悩みながら育てたという経緯がありました。

初めての育児だから一生懸命に勉強したのでしょうね。

そらちゃんが生まれて多少気が楽になったと言うようなことを言ってましたが

そこらへんは皆似たようなものでしょう。


今週のイベントは写真入選の和樹の表彰式。

亜紀は大喜びし、スーツを用意しました。

和樹はだんだん亜紀にほだされていきようやく以前の学校でいじめに遭っていたことを告げました。

万引きこそしなかったが自分で買ったゲーム機などを提供したことを亜紀に告白しました。

そして終わりにするために自分でけりをつけるという和樹です。

亜紀が黙ってそれを受け流すというのが信じられない・・。

亜紀って本当にぼんくらに描かれていてさすがにこのシーンは唖然でした。

表彰式当日、三人そろって出かけるのに和樹だけがあとから行くと言う点がひっかかります。

なぜ亜紀はこういったシグナルを見落とすのでしょうか?本当に抜けてる・・



さて、部屋に戻った和樹は家中を探しお金を持ち出そうとしますが

悪い仲間の要求にはまだ足りないのでした。

そしてお約束のリンチが始まります。

母に買ってもらったスーツが汚れるとなり激しく抵抗する和樹ですが、

それを面白がる不良たちで激しく殴られるわけです。

いよいよというところで、弓子が乱入しました。

暴行のシーンをネットに流したから少年院行きは決定だし

今後は人の目に怯えて暮らさないといけない。

既にひとり殺してるからもしもこの先、和樹に手をだしたら

一生つきまとってやると脅すのでした。

覚悟が違うというわけです。

そして救急車で運ばれるところでようやく亜紀が登場。

暴行のあった現場で同級生の女子(堀内敬子の娘)と警察を待っていて遅くなったのでした。

お母さんは一緒につきそうようにと言う声で素早く車に乗ったのは弓子のほうでした。

亜紀ってなんて愚鈍なのだとイライラした瞬間。


そんな亜紀は、なぜかそこら辺をうろうろしいつもの橋にて生方(岩田)と遭遇。

なんで亜紀は橋の上にいるのかよくわからないというか。

今亜紀が行くところは和樹の向かった病院でしょう?

車拾って追いかければいいのに。

そしてむざむざと生方に抱きつかれるのでした。

ぽかんとしてしまったラスト。(何度目だ?)


***

亜紀目線で見れば確かに一生懸命に育てた和樹が弓子にとられそうで

うろたえると言うのはありかも知れない。

継母だけに必死に育てたことで勝ち負けを言いたい気持ちもあるのかもしれない。

しかし万引きを装って実は買って提供していたという恐ろしい実態を告げられてもスルーするのは

余りにも世間知らずでさすがにこれは親として常識としてどうなのかというところ。

さらに救急車のラストはさすがに変でしょう?

頭を固定されてるくらいのひどい状態の息子見たらそれこそ走ってでも追いかけない?

この際、弓子がどうだろうと関係ないのが親というものではないでしょうかね。


そして弓子が上階に部屋を買った意味がようやくわかりました。

健一や亜紀に復讐することじゃないよね。

和樹がいじめに遭っていたからじっと様子をうかがっていたのでしょうね。

だから今回も間に合ったわけでしょうねえ。

もしかしたら過去に一人殺してるというのも和樹をいじめた子を解体したとか?

クラブ経営もして、フラワー教室も開いて、さらに和樹を観察して・・よく時間があるものです。

それでも疑問が一つ。

子供が暴行に遭ってる時、冷静に撮影できてること。

似たような事件のものが動画に上がると撮影者のことが取沙汰されますが

やはり同じことを思ってしまいます。

和樹が瀕死のところまで殴られてるだけにここまで耐えて撮影していることが逆に

弓子だって親としてどうなの?という問いになるわけです。

でも啖呵切る松嶋さんはかっこよかったね。

ドラマを自分流に引き寄せた感が強いわ。さすが。


それにしても生方のタイミングの悪さにもあきれます。

亜紀のこと好きなのはよくわかるんですけど、なぜいつも橋の上なのかとかね(笑

今回はさすがにブーイングの嵐。

でもそらちゃんは生方が大好きだからねえ、複雑だわ。



健一は亜紀に前妻は死別とウソを言って再婚したわけですが

弓子の方から別れを切り出したと、そして子供を捨てて出て行ったという説明に変更しました。

弓子と二人で一生の秘密にしているバスルーム事件は何なのか?

おそらくこの事件(?)がもとで健一は弓子に借りがあるわけだから

今後も弓子が優位にいるという立ち位置は変わらないのでしょう。


ハーメルン事件とどう絡んでるかはわからないのですけど

ドラマはもうすっかり色が変わりサスペンスになっちゃいましたわね・・はあ・・

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/2031-9bf74130