FC2ブログ
11/09/2007 医龍2 第5話
美羽@黒川智花がメイシンから歩いてきたと苦しそうに言ったとたんに

倒れてしまいました。美羽は-D-のために輸血ができないという。

絶体絶命というこの窮地を朝田@坂口は瞑目し、すぐに決意しました。

今から緊急オペを行う!!



そして藤吉@佐々木蔵之介は少しでもどこかにないか探し出すと手配を

始めます。北洋は血液確保班とオペ班に分かれます。


恩田は心配のあまり野口に電話しますが野口も口八丁ですね。

いきり立ってとっとと電話を切る恩田。

でも野口は北洋に美羽が行ったことで心底喜んでいますね・・

木原@イケテツにもすぐ帰ってきなさいという野口。


過去にバーディバーの手術をした教授がいたと言う話を聞き、

その教授から患者の情報をもらうように伊集院@小池徹平に指示だし。

教授から患者に連絡をしてくれるように頼み、さっそく血液を求めて

動き始めました。外山が第一助手。MEは野村。かなりビビッています。

循環停止で行くという朝田。循環停止になると40分で脳死だという。

朝田は40分で行うと宣言。皆、目を回します。

しかし輸血ができない以上それしか方法がない。

不可能を可能にする男、朝田(←有閑倶楽部キッド会長のぱくり)

「これより上行大動脈置換術とベンタール手術を行う。・・メス・・」

そして心臓を停止。・・剥離終了・・3分だそうです・・早すぎ~

野村はただ不安そう。外山は何か含むものがある??


荒瀬@阿部サダヲのところにミキ@水川あさみが来ていますが・・

「信じるしかないだろう。やつらの腕を」

鬼頭が通りかかったとき、「見捨てたのか、患者を?」と聞いた荒瀬。

鬼頭はあの症例を無輸血でオペするのは不可能だと言い切りました。

目の前の一人より10年後の1万人と言います。目の前の一人が助けられ

なくてどうして1万になりますか?一人ひとりを確実に手がけて積み上げ

たら1万人という結果になるのでしょう?

荒瀬は「朝田なら両方できる」と言いました。

背中で聞いた鬼頭。そのまま無言で行ってしまいます。



伊集院は教授から患者を紹介してもらい連絡をとろうとしてますが、

近くのショッピングモールに出かけたといいます。

電話を入れてもつながらないということで焦りが生じています。


ここでまたショック。美羽の解離は弓部大動脈まで裂けているという。

検査の段階よりも病状が進んでしまったのだそうです。

すぐにあきらめる外山ですが、どんな状況でも絶対に最後まで諦めない

という朝田。それが俺のチームだ!24ミリ3分枝人工血管を用意。


そこに恩田が到着。片岡が出迎えました。

自分の血を輸血してほしいという恩田ですが-D-という極めて稀な血液

だから無理だと諭しています。過去にも大怪我をしたことがあり、その

ときも何もしてやれなかった自分が悔しかったそうです。

こんなところに新聞記者が追いかけてきているというのでスキャンダル

になる前にでていかないとならないという秘書です。

片岡は必ず助かるといいました。うちの最高の医師が手術をしていると。



こちらは善田院長。輸血センターに400ccの血液の保存があることを

知りました。少しほっとしました。すぐに運んでもらうように手配。

伊集院は苦戦中。モール内はたくさんの人で携帯さえも混線してしまい

そうです(んなことあるのか?)そこに木原がやってきます。

伊集院のお手伝いしてくれるんだ。仲良しな二人です~~。

野口からの電話も切ってしまいました。「メイシンにだって医者はいるんだ!」


朝田チーム。残りが9分切っています。小高と松平は医局でテレビ中継を見ながら

大動脈の手術はクリアできそうだが、問題はベンタール手術だといいます。

そこに片岡が来ました。


手術は残り3分。ベンタールが残っています。

「人工心肺を回せ」野村が非常にビビリます。

血液を希釈し循環血液量を増やすというのです。

しかし血液中の酸素が足りないと脳に危険。

希釈の濃度は麻酔医とMEの腕にかかってる??


小高にオペ室に入ってほしいという片岡です。

でも小高はしれ~~っとした顔で消えていきました。


MEの野村はビビリまくり。自分の判断が間違ったら患者を死なせて

しまう。どうしてもできないと言う野村です。

朝田は、怖いのは皆おなじだと言います。

野村の後ろには皆がついている。一人じゃないチームなのだと。

その間にも時間のロスがありそうで気が気じゃないんですけどぉ^^;

とにかく野村は決意しました。リンゲルとアルブミン!・・はい!・・

ポンプオン!人工心肺が回りました。

そこに小高登場。ちょっとのっけてもらおうかな・・てへと言いたい顔。

700ミリリットルが限界だという小高。このラインを死守して、オペ続行


血液センターは渋滞に巻き込まれ、なかなか到着しません。

伊集院はすぐ後ろにいた患者さんだったのにすれ違ってしまいました。

呼び出ししても反応がなかったようです。

そして伊集院に渋滞にはまった車の輸血血液を任せました。



右の冠動脈が裂けてる・・次から次とアクシデントの波が襲いますね。

すぐに足から静脈を採取せよという朝田。

見ている人たちはすぐに「もうだめだ」というのですが、

手術の医師たちは絶対に諦めていません。

ハルンに血が混じっています。


渋滞車のところにバイクで駆けつける伊集院。

こちらも緊迫感で手に汗握る展開です。


ピンセントで糸を縫っている様子ですがゆっくりと糸を引いてるのに

すっかりドキドキで目が離せない状態。

そこに伊集院が到着。血液を渡します。


上から見下ろした手術室は静止状態。間に合わなかったと泣きそうな

伊集院です。しかし、手術は無事終了でした。拍手・・拍手・・

片岡が満足そうな顔をしています。

朝田と目が合いました。



恩田に連絡が行きました。

やってくれたか、北洋の連中!


野口のところに成功の知らせをする藤原。脱力気味の野口。

そこに木原が、手伝っていた事を知り、目があきました。

よくやったね、キミ!!!!!!!

ああ~木原が・・・


目が覚めた美羽にチョコレートを返す小高。カカオ70%だって。



恩田はメイシンの認可を出せないといいました。

娘を助けてくれた北洋の医師たちは元はメイシンにいたと聞く。

彼らを追い出すとは野口の資質に問題がある。

そのまま出て行こうとした恩田を呼び止める野口です。

あの手術はメイシンから行った医師が執刀した!

木原が行ったと言いくるめました。

もちろん片岡には以心伝心。片岡もその話に乗ります。

恩田はそれでも、ダメを通そうとしたけれど、

片岡は脅します。恩田哲三に愛人に産ませた娘がいたと週刊誌に

載りますよ。そして麹町の事務所費のことまでもつかんでいました。

昨今の話題をちゃんとドラマに入れてくれるあたり大サービスですな。

信じてもらわないと困ります。

事実です!

にたっと言いのけた片岡でした。



美羽はお見舞いにこない父親に反発しながらも淋しいようす。

でも、お父さんの愛情はホンモノだという片岡。

いつかの怪我のときも美羽を背負って病院に運んだのは恩田だと

ウソを言いました。秘書があとで文句を言いますが、美羽が騒いだら

困るからだとこともなげに答えています。よく思考が回る人です。

美羽は父親へとメールアドレスを言付けていました。

恩田は娘のアドレスを携帯に入れたようですね。



藤原が北洋に現れカルテの引継ぎ。

野村を見てよっぽど腕のいい麻酔医がいたんだと嫌味を投げます。

しかし野村は藤原に対してただありがとうと感謝するのでした。

チームというものを教えて貰ったと。


野口のもとを訪れる片岡。

キミはあの患者が助かればいいと思ってた?

もちろん、恩田先生の娘ですから。

それならいいけどね。甘っちょいヒューマニズムは不要だという野口。


そして外山は朝田に向かい合い何か言いたそうでした・・・

                  


大興奮の50分!!

オペとそのアクシデントの連続を乗り切る面々の緊迫感。

そして輸血液を求めて探し回る伊集院組。

どっちも目が回るくらいの展開でほんと手に汗でした。

朝田先生の無敗記録また更新しましたね☆


鬼頭がだんだんやな奴に見えてくるのが非常に残念なんですけど・・


朝田によって野村が自信をとりもどし更正できたようです。

あの藤原が首切りになって溜飲がさがりました。

小高は本気で取り組めばもともと腕はいいみたいなのでそのむらッ気が

起きないようにしてほしいもの。

今回外山は素直に朝田に従っていましたが、ラストシーンのあれは何?

物申すのでしょうかね??

そして松平もオペ中継から俄然身が入っていました。

アルコールが抜けたら彼もチームに入りそうね。


片岡は何か思惑を抱えてますね。

やっぱり野口を最大限に利用して最後は寝返りするかも??

本心は朝田を迎えて北洋メインにしたいのかなとも思えてきました。

ま、当分は野口とうまくやっていくでしょうけどね。


そうそう、「一人じゃないチームだ」と朝田が野村に言ってましたが、

以前「救命病棟」でも江口が手術チームに言ってましたよ。

同じセリフで印象的です!

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/213-1df202ac