fc2ブログ
紋土のお父さんも出演しないし、アメリカもイラクも話の中にしか登場しないけど

そこにある国際情勢を感じさせるという点ではけっこう迫ってきました。

そしてまた泣かされた。。全くもう、うまい演出なんだから・・・


オープニングは親子鷹。幸作は教育実習のため金八先生と並んで出勤です。

父子肩を並べて歩くというのがこの年頃では見られないような光景であり、やはり金八先生は

子育ては成功しています。

紋土は父親からの手紙を出していますが意味がつかめてはいないようです。


英語のスピーチコンテストというのがあるそうですが帰国子女の金井亮子に決定したといいます。

亮子はロンドンに5年住んでたそうです。皆、優勝を期待しています。ただ金八先生だけは

生徒は広告塔ではないといってます。幸作の先生としての採点はやる気はあるけど、発音が

難だそうです。父親のDNAと言われてました。なんで国語じゃなくて英語を選んだの??

ほんと、国語って顔ですよね・・(意味不)


すぐに幸作の授業になりましたがキング牧師のスピーチが教材のようでしたI hava a dream.

that one day on the red hills of Georgia・・・・・

亮子が読み始めたのを紋土が口ずさんだので交代してみましたが、英語の苦手な紋土が

すらすらと出てきました。子守唄代わりに聞いて育ったらしいです。三つ子の魂ですね(違っ

この演説の内容は?と問われもちろん分からないと首をかしげている紋土。

パパが大切にしてきた言葉だとママが話していました。紋土は父親からの手紙を見ては

ため息。読めなくて困っていました。辞書を引いても読めなかったようです。それで窮余の策

に亮子に助けを求めたかったようですが、それを見ていたクラスメートに誤解される羽目となりました。

なんと学校裏サイトに噂に尾ひれをつけて書き込まれてしまったのです。



金八先生の家では直接言いにくいことは全てお鈴をならして天国のお母さん経由で家族に

聞かせます。乙女の恋人については進展してませんが、あくまで金八先生は反対で幸作は

中立で複雑です。

そして紋土のことが話題にのぼりました。幸作としても紋土が気になってしょうがない様子。

キング牧師の公民権運動のスピーチを暗記していたというのが非常に金八先生の興味を

そそりました。そしてもっと突っ込んだ授業をしたらいいというのでした。それに勇気をもらい

幸作は英語の授業なのに社会の授業をしていました。奴隷解放と南北戦争。アメリカの

歴史まで勉強しています。バスのボイコット事件。そうでした、大昔に勉強したことを今さらの

ように思いだします。英語の先生は怒ってましたけど本当に勉強になりましたよ・・・。

黒人達は自由と解放を求めて何年も行進し、その中心にはキング牧師がいたのでした。

そして生まれたのがI have adreamというスピーチ。この翌年、公民権法が成立し、キング牧

師はノーベル平和賞を受賞しました。

職員室で絞られている幸作ですが怒っているのは英語の先生だけで他の先生にはおおむね

好評です。これも金八先生のDNAとまで言われていました。


さて、紋土はどうしても父親の手紙を読みたい。一度も会ったことのない父親だけど、

イラクに行ったら二度と会えない可能性があると母から聞かされていたのが非常に気になり

即、会いには行かないと言ったもののそれでも父親に対して思慕が募るようです。

そして再び亮子に手紙を見てもらおうと思いますが、クラスの中では紋土と亮子の行方に

視線が集中しているのに知らぬは紋土ばかりなりで、教室の外に亮子を呼び出します。

しかし亮子はいきなり手紙をはたいてしまいました。

いいかげんにして。あんたのことなんかなんとも思ってない。

何で私が黒人と付き合うのよ。

きつい言葉で紋土を激しく傷つけてしまいました。でも静かに手紙を拾い上げてその場を

去っていく紋土。先週打ち解けた駿が出てきて亮子に「最低だな、お前!」と語気荒く投げました。

紋土は子供のころから黒人、もじゃもじゃといじめられていました。

駿が屋上においかけてきて真相を知りますが、ちゃんと説明したほうがいいというのに

紋土はもうどうでもよくなっていました。過去にいじめられたことが諦めを生み出したのです。



いつものストリートダンスで憂さを晴らそうとしますがそこに因縁をつけた与太者がいて

普段なら相手にしないはずの紋土もケンカになってしまいます。そして補導。

駿も心配でついてきたようでしたが駆けつけた金八先生に手紙のことなど知ってる情報を

教えてあげるのでした。母親からの話で紋土の父親がイラクに出兵することを知る金八先生。

だからフロリダに来てほしいという内容です。子供のころからいじめに遭ってることも母は

知っていたのです。でも一度も恨みがましい事は言ったことがないといいました。父親の事も

母に気を遣って会いたくないと言ってる可能性があるというのです。例のキング牧師の公民権

運動のスピーチも子守唄代わりだったことを知りました。


そしてここから、金八先生のプランが炸裂します。

国語の授業を残す20分で打ち切り。別々ゲームという発案。べつべつ~で手拍子。

みんな首をかしげながらも楽しむふりをしていました。・最初は身長160センチの別々。

次はかっこいいVS不細工の別々。すぐにこのゲームは変だということに気づきます。

そしてここからI have a dreamのキング牧師の運動の話になります。人種差別のこと。

生徒たちの好きな音楽は黒人の歌が源泉だし、スポーツも黒人の有名な人が活躍している

ことに注目です。そして政治の世界でも黒人が高い地位で活躍しています。差別する心の

貧しさを知る生徒たち。生徒からその言葉を引き出した金八先生はタダモノではないです。

キング牧師は「憎しみは憎しみを生む。愛だけが憎しみを消し去ることができる」と残し、

この言葉の方角に皆が歩いていける道しるべを作ったといいました。

そして話は核心にふれ、紋土の父親の話をします。紋土が道に迷わないようにお母さんに

キング牧師の演説を託して帰っていったということ。もしその言葉を受け取りたいならちゃんと

返事をしなきゃいけない。I have a dreamと返事をしなきゃいけないんだと。

そして亮子にも真相を語ります。亮子の誤解はクラスメートの煽りがあったからですが、

もともと気持ちのいい子のようで、すぐに紋土のことを察して泣いています。

紋土に謝り、自分もロンドンにいたときに日本人ということで差別されたというのでした。


長谷川の提案で皆が教室の外に出て、亮子がお父さんの手紙を訳しました。

お父さんの手紙の内容は・・

アメリカに帰ったらおじいさんが病気にかかり看病のために必死で働かなくてはならなかっ

た。そしておじいさんは2年前に他界。十数年間、紋土と母親を日本に残してきたことを

後悔しない日は一日もなかった。できれば最後に会って紋土をこの腕に抱きしめてから

死にたい。

紋土は机にうつぶして泣き続けました。

廊下にいるみんなも沈鬱な表情です。

ここで亮子は皆に英語のスピーチを紋土がしたらいいと提案しました。

賛成する皆。金八先生もゆっくりと微笑みました。

でも職員室では亮子なら優勝できるのに紋土では心もとないと大反対。

金八先生はまた「生徒は広告塔ではありません」と言っています。


紋土は亮子に特訓してもらい教室でも土手でもクラスメートが聞いてくれて練習しています。

英語の先生も気になるようで教室の外から耳をかたむけていました。

コンテスト当日。

紋土は上がってしまったようです。

自己紹介したところで声がでなくなってしまいました。

舞台の脇にいる金八先生は気が気じゃなくて生徒は祈るような顔。

そこで駿が「紋土、頑張れ」とさけびます。

次々と生徒が立ち上がるのはドラマならでは。かなり臭いですね(苦笑

でもこれで紋土はスピーチを続ける事ができました。

父の顔を知らないという始まりでした。髪の毛も肌の色も父から受け継いだもの。

でも日本人の母に育てられ日本語を話す。子供のころからこの容姿で差別されいじめに

遭ってきたけれどそれは仕方がないことだと思っていました。でもそれは違うということを

金八先生から教わり、幸作先生の公民権運動の授業で知り、キング牧師のスピーチの

本当の意味を知りました。そのおかげで初めて自分自身を愛する事ができたと言います。

自分を支えてくれる先生やクラスメートがいて、大切な友達がいます。

そして自分を生んでくれた母がいて父がいます。

皆に感謝をこめてキング牧師のスピーチをここで聞いて欲しい。

I have a drem today.I have a dream that one day down inAlabama.・・・


帰り道の生徒達。なんと3位入賞したそうです!!おめでとう!!パチパチ。

英語の先生も泣いていたそうです。


              


やっぱり今週も良かったです。

大泣きしました・・。

数字が悪いそうですが、今は金八先生の時代ではないのかもしれません。

でも昔の金八を見てなかったけど、今、面白いと思ってみているエリみたいなのも

いますから、数字に負けずに金八流を貫いてほしいものです。


予告が入ってなかったのでわかりませんが、

紋土は父親にせめてこのビデオでも送ればいいと思いますがどうでしょう。

会いにいくといいですがねえ。


今回も美香は特に何もしていません。

でも紋土のスピーチを一生懸命に聞いていました。


サトケンはまだ不登校です。

紋土のスピーチのことをメールで知ったはずですが出てきませんでした。

まだお父さんとの確執は続いているようです。

でもそろそろ勉強しないと受験が心配だよね・・・


それにしても裏サイト。これはまずいね。もっといいことを書けばいいのにね。

今週は『私』のHPに紋土が書くと思ったけどそのシーンはなかったね。

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/243-92e404ed