fc2ブログ
12/23/2007 SP 第8話
今回がエピソードゼロだそうです。つまり時間的には一番最初のエピです。

井上@岡田准一を見初めて(笑)尾形@堤真一が引き受けてきたのですね。



オープニングはいきなりマルタイを警護する井上ともう一人のSP。

いつのまに新しいエピに入っていたんだと緊張して見ました。

トイレに入ったら二本指でトイレの二つの個室が塞がってるという合図みたいなもの?で

知らせています。眼光鋭く辺りを見渡し、ゴミ箱やお掃除のおばさんなども睨みつけますが

トイレにも一緒にはいることになります。

するところを見るの?緊張して出なくなりそう・・・

しかしすぐに個室から一人出てきます。睨みつけられてびくつきますが普通の人みたい。

ほっとした瞬間、隣の個室からいきなりナイフをもった男が飛び出て襲い掛かります。

小用足してたのに??いきなり逃げの体制に入るわけでちゃんとしまったか焦ります。。。

外に出たらお掃除のオバサンが赤い液体をかけようと狙ってきました。

すぐに階段を下りますが糸を見つけます。降りてチェックすると爆弾がしかけてあったようで

糸を踏まないようにおります。ようやく地面についたところで出前の男が隠し持って銃で

撃つのを見つけ、車のドアを開けるところまできたらベビーカーに隠し爆弾。

闘ってる間に、マルタイは車を開けてしまい、中から銃が出て撃たれてしまいました。

万事休す!!!両手で覆っていたら・・なんと訓練??

んもう~~緊張したわ~~!!

ここはSPの訓練所かと思ったら警察学校でした。

尾形が教官にあんな難易度の高い訓練をクリアできる奴がいるのかと感嘆しています。

教官は井上にとってはあれは訓練というほどでもないと楽々クリアできる事を言ってます。

緒方は優秀なSPをスカウトするために学校を回ってるのかもしれません。

そして教官は井上の能力を使いこなせる上司がなかなかいないだろうと予測し、

宝の持ち腐れになることを心配しています。

井上は優秀で稀有な存在だと認められているようです。


事件発生14ヶ月前。・・と出ていますが井上の経歴を見ています。

北村ケンジ、ヤスコの長男。6歳の時に麻田総理襲撃事件に巻き込まれ、目の前で両親が

山西という襲撃犯人に腹部を刺されるのを見ています。

その後、警視庁組織犯罪対策 第1課課長に引き取られ、井上姓となる。

この事件を尾形も目撃していて6歳だった井上を見ています。

麻田は6歳の井上を抱きしめていますが不気味に笑ってるのが気になります。



井上が呼び出され、尾形と面談です。先の訓練の復習ですが、車の中のテロリストは

いるのがわかっていたのではないがマルタイ役の教官がさりげなく撃たれやすいように

移動したので中にいるのがわかったそうです。ベビーカーと自転車の二人に関しては

「見えた」という表現を使っていました。まだ「シンクロ」という言葉は出ていません。

また事件のことはストレス障害と診断されていましたが、本人も思い出すと深い闇に

取り込まれそうになると答え思いださないようにしているそうです。

井上の能力はこのトラウマが生み出したものですが、思い出したくないのにこの能力を

使ってしまうという点がとてもかわいそうです。

なぜ警察官になりたいかと問うと自分を育ててくれた養父が警察官だからと

応えましたが、。。。「正義を守るため」ぐらい言ってくれよ・・と言われてしまいます。

尾形さんはどうなんですかと聞かれ「俺は・・正義を守るため・・かな?」と笑います。

尾形もウソなんですね。激務な上に昇進も待遇もわるいのに、SPになりたいのは自分のよう

なものをこれ以上出さないようにするためと井上がいうので涙です。



事件発生13ヶ月前。山西@平田満の刑務所に面会にいく尾形。

警察学校ではSPが常に携帯しなくてはならないものがある。それは何だ?と質問。

井上が指名され、警棒と拳銃と応えますが正解は「信頼」というのでびっくりしました。

前回のエピで、大橋に尾形が信頼をくださいといったことを思い出されます。

信頼という最大の武器を手にしていたら敵が放った銃弾の前にでも躊躇なく立てるといいます。

・・が、そんなことはしないほうがいいと思います・・・。

そして教官が自分の手に残った傷跡を自慢しようとしていましたが割愛でした。


さて、井上はスカウトされました。迎えにきたのが西島と尾形。

西島は尾形の上司ですが、この人を見たらいきなりシンクロスタートし、井上はかなりきつい

目になっています。何か西島には腹黒いところがありそうです。




事件発生9ヶ月前。井上が初登庁の日。

警護課では原川さんが笹本にいい男が来るかという話になっていますが、警察にいい男が

いるわきゃねえというのが笹本@真木よう子です。それを聞き捨てならんと言ったのが石田。

石田はまだまともなほうですとフォローされてます(笑)

井上はドラフト1位で指名してきたということです。

山本は大したことがなければびしびししごくと言ってます。

原川は自分の給料よりよかったら嫌だといいます。

井上登場。さっそく原川は顔が濃いといっています。

すぐに尾形の説明。あごで井上に祭s図する原川さん。

日本アラブ協会の理事会の警護に行くと言う話です。遠くから原川は尾形にラブを送ってます。


そして日本石油会館。

SPたちが要所に立って見張っています。井上は入り口付近に立っていますがぼーっとしてる

ように見えます。何事もなく過ぎ、井上は先に帰りますが、山本はむすっとしてます。

「今日のあれはなんですか?」と尾形に詰問ですが「いずれわかるさ」と笑ってます。

山本には井上が一番逃げやすいポジションにいたと見えるようです。

石田も笹本も山本を無視して電気まで消して帰ります。

翌日。

同じように入り口付近に立ちますが、突然井上が睨みだしました。

「受付付近警戒してください」その井上の合図でいきなり皆が緊張します。

そこに署名をしてくれという不審者が走ってきました。SP二人に阻止されて追い出されます。

尾形は笑っています。公安の田中も遠くに見えます。

その日も井上は先に帰ります。石田と笹本は「お疲れさま」と返しました。

山本だけはこの挨拶の交流が見えてません。笹本は「いずれわかるさ」と言いますが

「似てないっす」と反応が薄いです。笹本は山本の頭をぐちゃぐちゃにしています。

笹本は頭をはたくのが好きなようですね。


事件発生2ヶ月前。

井上は入ってまだ半年といったところなのですが、その間に、都知事も病院占拠も終わってる

ことになっています。ビートルズのからんだ大橋の件はどうもよくわかりません。

このチームだけが大きな事件が相次ぐのでまるで井上が厄病神のように言われてしまいました。

山本だって来たばっかだからと言っても井上疫病神の気持ちに揺らぐ事はないようです。

大きな事件に巻き込まれそうな気がするという山本に不吉な事をいうなと再び頭をはたき

電気を消して帰っていく笹本と石田。


事件発生1ヶ月前。

山西が出所しました。塀の外を歩いていますが、公安の田中が見張っています。

井上は麻田総理の顔を睨みつけて帰りました。


事件発生1日前。

山西がぶらっと歩いています。

どこかのホテルで銃を用意した男。

麻田総理は車に乗り込みました。

ところで麻田総理のスケジュールをメールで送信した男がいます。

明日の予定をお伝えします。

13時に永生大学入り。

中西でした。井上がいきなりシンクロして睨んだ男でしたが、この人は尾形の上司です。

受信した相手は、1話ででてきたスキンヘッドの大男。

「念のためお耳に入れておこうと思っただけです」

田中が何かを尾形に報告していきました・・苦渋の顔の尾形。

井上はベンチに座り休憩のようですがその前方のベンチに山西が座っています。


そして事件当日。

銃声と悲鳴が響きました。

                       

また「つづく」が無情に映し出されました・・あああああ・・

井上が警察学校で学んでいたときから優秀で勘の鋭いところがあったというエピは

なかなか見所で、緊張しながらも引き込まれますね。

寡黙な井上ですが、疫病神扱いされると山本だって来たばっかりだろと

いうことはちゃんと言えるのでそのあたりもちゃんとした存在感を保ってます。


原川さんの尾形ラブがいよいよ際立ってきて面白くなってきました。

それでなくても尾形さんかっこいいしね。

優しい物腰だからお茶いれたくなるのね(笑


いよいよ山西の最終テロに入りますね。

ここまで平田さんを引っ張ってきたからにはかなり期待です。



年内はこれでおしまいで次はいつ?

来週は深夜にSPの再放送です。


Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/282-a79cb748