fc2ブログ
01/07/2008 予防が一番!
あゆショックがネットをかけぬけた感じですね。

以前もドキュメンタリーのあゆ密着の時にあまりよく聞こえないと言ってたのですが

いつも騒音の中にいるようなものだし、ゆっくり休めるときがなかったのが

いけなかったのでしょうか。

音楽に携わるというのに本当にかわいそう。

でも気丈にこれからも頑張る宣言をしてくれてファンを安心させるようなあゆに

ちょっと涙しそうです。

エリの森のお友達もよくライブに行くのですが

いつだったかスピーカーの近くのところにいて

帰ったら片方がバカになったと言ってました。

急いで病院に行ったら急性の騒音性難聴と診断。

薬を飲んで一週間ぐらいは静かに過ごしたら復活したと言ってましたよ。

突発性というのは国民病というくらい多いみたいですね。

危ないと思ったらすぐに薬と休養がその後を左右するみたい。

気をつけましょうね。

 


さて、エリはすっかり痛みが消えて普通に仕事もこなし日常がもどってきました。

しかし寒いですね。

次の課題は絶対にインフルエンザ、風邪、ノロウイルスをもらわないこと!!

今のような体力も使い果たした状態でもしこれらに罹ったら自然治癒なんて無理ですよね。

ということで風邪を引かない予防策ランキングを見つけました。



1・ ビタミンやタンパク質の豊富な食事をとる


2・ 睡眠時間をたっぷりとる


3・小まめに手を洗う


4・ 温かい汁類を食べる


5・ 柑橘系の果物を食べる


6・うがい薬でうがいをする


7・部屋に加湿器を導入する


8・人込みの多い場所に行かないようにする


9・水分をたくさんとる


10・ マスクをする


11・ 予防接種をうける


12・体力をつけるために運動をする(抵抗力を高める)


13・何もしない


14・ココアを飲む


15・市販の予防薬を飲む


16・ぬれたタオルを部屋のどこかにかける


17・緑茶でうがいをする


18・お風呂に入った後に首にタオルを巻いて寝る


19・カプサイシンの多い辛いものを食べる


20・タオルを家族と共用しない




正直言って特効策なんてないですよね。

普通に日常で実行してることばかりですよね。

この中で毎日通勤している人なんかは「人ごみに行かない」なんて不可能ですし、

予防接種も体質によって受けられない場合もあるでしょう。

要注意なのは7番の加湿器。

部屋の暖房がガスや石油なら燃えるときに水蒸気がでているので乾燥しないはず。

東京は乾燥するからって無駄に加湿器を使っていたりするのですが

エリね、この罠にひっかかって押入れの中がびっしょり濡れていたことがありました。

そういえばブログのお友達も加湿肺になったと言う話もあります。

温湿度計をちゃんと見たほうがいいですよ(笑

今、エリの家は26度63%の湿度です。

ちょうどいいでしょう?え?暑過ぎ??笑

あの恐怖の痛みがどこからくるのか不明だから

今後、寒いのは絶対にご法度です!!!!!!

ということで、1年で最も寒い1~2月の間は

風邪予防月間としまして

皆様、ご注意くださいませ!!


Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/302-e5c420c7