交渉人と言ったら、映画が面白かったので
かなり期待するものがありました。

米倉さんのPVなんですか?これは??


オープニングには城田優くんが死刑囚役ででています。

会話だけ聞いてると非常に謎のようですが、最後の会話になったら

きちんと罪を自覚して死んでくれという感じでした。

いちいちこの人のところに宇佐木@米倉涼子が報告にいくという形のようです。


立てこもりの交渉人というのはその背景、犯罪歴などを分析して

犯人とハナシしながら人質をうまく解放したりする役目なので

かなりのハナシ上手さが求められますが、過去の事件はすべて宇佐木の脳みそには

インプットされているようです。

ハナシの手順もするすると出てくるのでもうひとりの新人が目を丸くしています。

この職場に女性が入るというのは、上の思惑があるので

歓迎されないどころか嫌われてさえいるというのでちょっと気の毒です。

女だてらにという古い感覚が残っているのもあるのでしょうが

女だとその弱みにつけこむ犯罪者がいるのでそこがやはり弱いということになりますか。

でも事件の犯人が「自殺したがっている」理由を「何となく」と応えただけで

米倉さんをビンタした陣内孝則は異常なくらいの嫌い方です。

その後に宇佐木のいうことが正解だったために上役の審査にかけられてしまうのですが

それもうまく交わした宇佐木に対してますます気に入りません。

この頑固おやじたちと一緒に仕事するのは骨の折れそうな職場です。

出る杭は打たれるということなんでしょうか。



1回目の犯人は自殺願望があり自分ひとりが死ぬために警察に発砲されるように

もくろんだのでしたが、次の立てこもりは模倣犯。

見たことある人だと思ったら花君の寮長でした。

そして宇佐木を指名してきます。

どうしてかわからないけれど宇佐木は有名になってしまったようです。

ますますこの部署で宇佐木に対する扱いが困りそう。

でもとにかく花君の寮長扮する犯人に話しかけて交渉していきます。

中に入るように言われ、入ったところで続く。


次回は米倉さん、危機でした。

いきなり女性の弱点をさらけ出したことになりますが

きっとそれすらも転じて解決に結びつけるのでしょう。

あまりにも、宇佐木を毛嫌いする職場の雰囲気が見ていて不愉快でしたが

ストーリーが面白そうな気がするので

ずっと見ていきそうです。

ただ、米倉さんの話し方というか唇がへの字になって織田裕二そっくりなんで

今まで知らなかった顔のように思えてそこだけは気に入りません。

レビューはどうするかな・・・来週、鹿男とだいすきを見てからですね。

なんか鹿男になりそうな予感ですが・・・

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/311-52a7e01e