「受験の神様」みました。

エリは計算は両手両足でしちゃう方なんですけど、

そのむかし、

カテキョというものをしたことがあり、

「中学受験生」も受け持ちました。

なのでちょっと、東京の私立中学には詳しい時がありました。

でも私立中学入学後のことはよくわからないのよね。

とりあえず、旅人算。でてきましたね。

思い出そうとしています。

はっきりいってすごくややこしいです。

中学受験って方程式を使えば一発なのに

方程式を使わない発想が大事なんですよね。

図というかグラフというか、

考え方の軌跡を一生懸命に教えましたねえ・・あのときは。

その発想が6年後に生きてくるんですよね。

エリの担当した子は結局、御三家ではなくて

レベル的にはその下のところに入りました。

そうそう、付属です。

昨日の早田中とか同じくらいでしょうね・・たぶん。

エリ的には付属でよかったと思うのよ。

御三家いってさらに厳しい勉強してきて

そんで、大学行ってもまだ迷ってる子が多いからねえ・・・

でも、ほんと高校受験の方が教えるのは楽だったような気がする。

それからね、小学生で遊びたい盛りに勉強しなきゃいけないのは

かわいそうだけど、

親子で一つの目標に頑張れるのは中学受験だけかも。

ある意味、親の姿勢を問われると言ってもいいかな。


なので、昨日の山口父ちゃんはちょっと考えを改めたほうがいいわ。

楽をさせようとして子供の道を阻んではいけないのよね。

ていうか、子供の本当の思いは友達と一緒の

早田中野球部にあったわけで、

野球ができればどこでもいいわけではないのよね。

さて、この子が土下座してついに受験の神様をゲット。

最後は週に二回の枠を作ってくれてました。

菅原道子って聞いたときから爆笑。

こんだけ笑えるネーミングって^^;

学問の神様にあやかった道子は、実は四葉の特待生。

学校行事も参加しない特待生でしたね。

ああいう役をまだ中学(よね?)の璃子ちゃんが演じても

違和感ないくらい大人っぽかったですね。

ちょっと、女王の教室が入ってたぽいですけど(笑

そんなわけで楽しませてもらいました。


もうカテキョもできないけど、

エリもあの時はがんばったんだ。

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/4-c83849c0