FC2ブログ
05/21/2008 おせん 第5話
100年経った家に新しい命を吹き込むと言う女大工のもたいさん、かっけえ~~♪

一升庵にすっかりなじみ、俄然はりきる江崎(内博貴)。

はりきり過ぎて、おせん(蒼井優)が大事にしている皿を割ってしまった。

しかし、そこに大きな地震がおき、地震のせいで割れたということになってしまう。
 
自分が割ったと言い出せない江崎が悩む中、女大工の丁子(もたいまさこ)が一升庵の屋根などを点

検しに来てくれていた。丁子のひいじいさんは、名工と謳われた大工。彼女はその跡を継ぎ、ひいじ

いさんの建てた家を仕立て直しすることが目標と江崎に語る。

 そこに木下校長(松方弘樹)がおせんを訪ねてくる。木下の娘・カンナ(佐田真由美)一家が東京に

転勤になり一緒に暮らすことになったのだが、丁子のひいじいさんが建てた木下の家を壊し、新築の2

世帯に立て直すと娘が主張しているというのだ。古い家を守りたいと思う木下だったが、娘のいうこと

にはかなわないから、おせんから説得してもらえないかという。

 しかしカンナは、丁子のところよりも安くて早くキレイな家ができる住宅メーカーがいいに決まってい

ると考えを変えない。その住宅メーカーは、きれいなパンフレットや巧みな営業で仕事をとるが、見積

もりはあくまで見積もり。オプションで値段を上乗せしていき、手抜きも当たり前というやり方の会社だった。

 家を壊して新築すると聞いた丁子は、木下ともケンカをし「悪徳業者にひいじいさんの家を壊されて

たまるか」と住宅メーカー・帝都ホームズに直談判に出向くが営業マンの郷田(升毅)と翼山(岡本光

太郎)に「時代遅れの大工は、時代遅れの家とともにぶち壊される運命なんだよ!」と一蹴される。

 「あたしみたいな人間は、もう世の中にはいらないのかもしれないね…」
 
ショックを受ける丁子を見て、おせんは立ち上がる…!
 
「わっちの柄にもないことでやんすが、いちかばちかやらせてください」

 一升庵メンバーが驚くおせんの作戦とは…。

 木下とカンナ、帝都ホームズの郷田・翼山が新築工事の契約を交わすため、一升庵にやってきた。
 
常連の木下でさえ見たことがないというきれいなお品書き。そこに書かれた献立にははっきりとした安

い値段。注文した品々は、すばらしい名陶に盛られ運ばれてくる。お造りを頼んだ郷田は、醤油がな

いことに気付き「醤油をいただけますか?」と頼むが、木下はいつもと違う一升庵を感じはじめていた…。

 帝都ホームズの2人は、さすが一升庵!さすが一流!と喜んで食事を終え契約を運ぼうとするが、

おせんは割って入り、勘定書を差し出す。そこには15万円の請求が…!
 
品書きと余りにも違う高値に驚く2人におせんは、隣の間のふすまを開ける。そこには、スーパーで買

ってきたお惣菜やデザートを盛り付けている板前たちがいた。それを見て、買ってきた惣菜や刺身に

金が払えるか!と激怒する帝都ホームズの2人。
 
おせんは「スーパーで売っている金額に、商店街までの足代、板前たちの盛り付け代、器は初代伊

万里青磁をはじめ、名陶ばかり。その使用料、仲居の人件費をを含めるとこの値段。」さらに二人を見

据えて「きれいなお品書きで客の目を欺き、その気にさせ、いろいろ付けて何倍もの請求を出す。そ

のまんまあなた方の商売でしょう!」と一喝!ひるむ2人をよそに、おせんはカンナに向き直ると改め

て、新築をもう一度考え直してほしいと頼む。カンナは、そんなおせんに感じ入り「わかったわ」と返事

をするのだった。

 一件落着となったところで、江崎はみんなに皿を割ったのは自分だと正直に話し、割れた皿のかけ

らを差し出す。おせんは割れたお皿のカケラを「探してたんです」と笑って受け取り、「金継ぎ」という技

法で割れた皿を修復する。一度割れたものを金継ぎで修復することは、陶器の格をあげることでもあるのだ。
 
一升庵に木下と丁子を招待し仲直りさせると、金継ぎしたお皿で料理を出すおせん。「割れて、くっつ

いて、新しい器に生まれ変わったでやんす。」
 
木下と丁子の仲もしかり…。満足そうに料理を見つめる江崎。
 
木下と丁子の笑顔。そして、一升庵のみんなの笑顔。
 
時代を継いで、大切にされているものたちに囲まれて…。以上HPより引用



フェアりーちゃん。いきなり現れた子役ちゃんはとてもかわいいほんまモンの妖精みたいだった。

おばあちゃんの教えがこの子にあったのね。古い家や道具にはフェアりーが宿る。

「よろずの神様でやんすね」

「フェアりーを大事にしてあげてね。じゃあね、マダム」

ふわっと現れて消えて行った妖精さん。おせんちゃんはマダムと呼ばれて、不思議嬉しい?


そしてよっちゃんは皿を割ってしまう。次にやってきたのは大きな地震。みんなあちこち押さえてました。

割ってしまった皿は地震のせいになってしまったけど、よっちゃんが自分の口でちゃんと言うつもりだっ

たのがとっても好感~~♪今までのよっちゃんとどこか違うのね。


女大工の丁子@もたいまさこが地震後の点検に来訪。一升庵は丁子のひいおじいさんが建てたの?

一升庵は頑丈な作りで、柱も梁もがっちりで安心して商いに精をだせって言ってるそうです。

よっちゃん、道具をまたいで怒られ、敷居を踏んで怒られてます。あはは・・

丁子はひいおじいさんと「ガチンコ勝負」という言葉をよっちゃんからもらってました。ナイスじゃんvv


そして木下校長が訪れます。見事な日本家屋ですね。お屋敷です。東京でこういう家は珍しいです。

りっぱな風格を持つと同時に手入れ次第では何百年ももたせることができる家。

田舎だと普通ですが、それでも敷地の広さや見た目のりっぱさなど

いかにも手がかかってる風の家はステータスに見えます。

ただ、エリ的には実家みたいな和風は嫌(笑

冬の座敷なんてすーすー寒くてたまらんし、畳の生活は疲れるし。

東京のマンション住まいに慣れてしまうと便利さが一番だよ~~ってなるのよねぇ。

でもせっかくのいい日本家屋を壊して、わざわざ建売のなんたら工法にするのはもったいないなあ。

家の価値を何もわからず決めてるんですね。

木下校長も娘にガツンと言えないのはあのフェアりーちゃんと一緒に住みたいからね(笑


ところで、よっちゃんたちが聞いてきた帝都ホームズはとんでもない悪徳業者だった!!

家を作るからくりが見えましたね。

木下校長の和風家だと坪100万はかかってたはず?丁子さんが直しを入れるのが坪70万でした。

普通の一般的建売で坪60万ぐらいが最低ラインと聞くのですが帝都では坪20万って言ってなかった?

それは恐すぎる。そのひずみは下請けに行くね、きっと。

案の定、最初の見積もりだけでオプションとしてがっぽりとふんだくるつもりなのね。

坪20万に誘われて、中身のないとんでもない請求書が届くというわけ。


そして、ついにおせんちゃんが立ち上がった~!

面白いことをしてましたねえ~。

スーパーで買ってきたお刺身やお惣菜を立派な器に盛り付ける。

買いにいく人件費だとか、盛り付ける器とかが加算されて15万の請求!!

ちょっと胸がすくような展開でした。

最後のプッチンプリンを皿に落とすところがなんともおかしくて笑えて笑えて。

そしておせんちゃんが啖呵をきったのがまたかっけ~♪

お待ちくださいっ!!

「きれいなお品書きで客の目を欺き、その気にさせ、いろいろ付けて何倍もの請求を出す。

そのまんまあなた方の商売でしょう!」

もう・・おせんちゃんてば、すばらしいわ~~そんで疲れきってしまったのね。

「よっちゃんさん・・・」やっぱり最後はよっちゃんに甘えてる(違><

のどが渇ききっちゃってビールを所望でやんす・・ハイハイ。


しかしジョージワシントンの桜話は何でみんなそればっかり。

さすがのよっちゃんも飽きてましたけど、最初からちゃんと打ち明けるつもりでいたから

自分に重ねて考えることもなくスルーだったのが受けた~♪


そして金継ぎの話がまた家の話と相乗効果でフェアりーが宿ります~。

茶道の世界では金継ぎした皿が陶器の格を上げるそうです。

いいことを聞いたね!




古きよきものを大事にして、修繕しながら長く大切に扱うことで、

万の神様と、フェアりーがニッコニコと幸せを運んでくるというお話でした。

今週のお話もよかった~。


でもね、通い慣れてる木下校長や丁子さんなどのおなじみさんなら、

一升庵の味も盛り付けも雰囲気ですら熟知してるでしょうけど、

スーパーで買ってきたものをああやって出されてもエリにはたぶん分からないと思う。

この頃、続々と使い回しが発覚してるけど、出されても分からないね、きっと・・大汗。


よっちゃんとおせんちゃんの接近はありそでないけど、

何気におせんちゃんが一番甘えているのはよっちゃんなのね。

こんなおせんちゃんを立てながらもしっかりとフォローしてるよっちゃんもなかなかです~♪

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/503-55628094