たぶん2週間ぐらい前に見ました。以下、ほぼネタバレです。ご注意くださいね★
四川大地震の後にコレを見て、その後、先週の東北の地震と続き、何だかな~~と慄いてますわ。

でも映画は面白かったよ。登場人物もシンプル。ほぼ綾瀬さんと小出くんの二人だけです!


皆、言ってるけど綾瀬はるかちゃんがむっちゃかわいいのね。

きれいなお肌がより強調されて、くるんとしたあごのラインには思わず手が伸びてしまいそう。

しかもスタイルがいい。ロボット衣装で登場したときにはその肢体の伸びやかさに目が奪われました。

あらすじ求めて公式HPなど探しましたけど、超簡単なものしかないのねぇ。

記憶力がかなりヤバです><




オープニングはジロー@小出恵介のお誕生日から。

自分のためにプレゼントを買いにきたジローがふと見るとはるかロボットがいるんです。

これが強烈なんですわ。衣装もボディスーツのロボットそのものだし、

ジローの目が吸い付くような感じですね。

勝手に着替えてはにこっとする様子がかわいい。そういえば靴も勝手にはいてました。

なぜかはるかロボットもジローに視線が来ている。二人はあっという間に意気投合してレストランで

食事までしてしまうのでした。お誕生日なのに誰もプレゼントをくれないから自分のために買うという

ジローに彼女@はるかも同じくと言ってニッコリするのでした。

遠くでフットボール部の誕生日パーティが開かれていて一通り歌を歌ったらケーキを顔にばさっと!

それが誕生日のやり方だと彼女の記憶には刷り込まれていたものだったのね。

勘定しないで出てきた彼女を追いかけてくる人。逃げる二人。

途中、中華街に入って華劇団の中をかいくぐったりと楽しいひと時。




そして突然のお別れ。

ジローには何がなんだかわからないけど、彼女は意味深な言葉を残して消えてしまいます。


それから一年後、またお誕生日が来たジローは一年前の彼女に出会えるかと期待してしまうのです。

そしてその通り、また彼女が現れました。

この時のお誕生日でケーキを顔にばさっとやってくれたんですよね?(曖昧・・)

でも何となく昨年の彼女とは違う。この彼女が未来のジローが送り込んだサイボーグなのでした。

過去の自分が不運で何度か危機に遭うからそれを回避するという目的で。

ジローが老人になった姿で、はるかロイドの目から放たれる光線のなかに浮かび上がるのは

かなり受けました。未来からの使者です。




ここで特筆なのはジローの部屋。

円型なのね。窓の雰囲気といい、なかなかステキです。この部屋のシーンが出ると和みました。

てか、いつかこういう部屋に住みたいと思っていたのが目の前に広がったので余計楽しかったのよ。

005.jpg


写真はクリックすると大きくなります。(画像を借りてきましたけどいいのかな・・戦々恐々・・)





はるかロイドには人間らしい感情はないけれど努力次第で持てるようにプログラミングされて

いるという。ジローはアレも?できるの?(笑)と聞くと、応えてなかったような気がする。

確か二人にはキスシーンもあったんです。冷たい体のはるかロイドとジローは「好き」の温度差も

ややありました。「感情」って何でしょうねえ・・・ややこしいねえ。

とにかくジローは二人の生活が楽しい。力持ちで大食いの彼女も全て受け入れてしまえるくらい。



未来から送り込んだ目的のひとつに地震により消えたジローの村を訪れることがありました。

あの場所は郡上八幡なの?がばいばあちゃんがいたなあと思ったくらいですけど。

とーってものどかな田舎の風景でしたが今時こんなところがあるんでしょうか?

懐かしい風景のようで何かが違うような(笑)これはもしかして監督の趣味?(笑

おばあちゃんだと思ってた人が本当はお母さんだったと告白するシーンがちょっと物悲しい。

誰にも話しかけてはいけないという約束どおり、これは過去に旅したのですね。


二人の奇妙な共同生活は順調に見えて決して順調ではない。

それはやはり人間の感情を持つジローとサイボーグの彼女の違いなのですね。

てか、ジローは日増しにはるかロイドがダイスキになっていくのに彼女の方はどうなのか・・

ある日ちょっとしたいさかいを起こしてジローは彼女に「出て行け」と言ってしまう。

二人の関係にヒビが入ったように見えます。


そしてもう一つのエピが大地震です。

この地震がむっちゃ戦慄なんですね。

そのときは四川地震の様子を見ていた後なのでやっぱり恐いと思ってしまいました。

首都圏大地震とか予想されてますが高層は安心というけれど映画の中の高層マンションはアメリカ

のテロにあった時のようにずるずると崩れ落ちてきていました。

あのCGは想像を絶するようなかなりの悲惨さを見せてくれたかも。



とにかくはるかロイドはジローを助けに現れます。これが未来から送られた最大の目的だったから。

ビルの崩壊で下敷きになったサイボーグですが、ちぎれた体を押して上半身だけで、ジローを

助けてしまうというすごい荒業を披露してくれます。

サイボーグなのにこの瞬間は確かにジローを愛してくれてた。そう確信できたのでした。



それから数十年して、はるかロイドのオークション。

そっくりな女学生が落札。

そしてここからもうひとひねりがあります。

一番最初の出会いにひとっ飛びです。


*********************

この映画って「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督なんだそうです。

韓国映画だと言われるのは結局、監督の撮り方がそう見えるということなのね。


言われてみればそんな気もするけれど

交通事故も記憶喪失もなかったね(笑

そんですれ違いのイライラも特になかったと思う。

けれど映像的にはキレイすぎなのが気になるというところでしょうか。


小出くんの気弱で心優しい、お茶目な雰囲気がむっちゃ良かった。

それにしても過去の自分を助けるためのサイボーグを作る頭脳があるって

すばらしすぎてびっくり・・・・

いろいろと突っ込みどころはありますけど、

特にタイムトラベルのところは3回ですよね?

混乱してしまいます。


ただ綾瀬はるかちゃんのファンにはたまらない映画だったと思います^^





Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/546-b4657b91