死神の手が見えるというのが恐わ面白かった・・。

今期は魔王のサイコメトラーと超常現象を利用するドラマが2つ。

ストーリー運びに都合よく使える点では本当に都合が良さそう^^


シバトラ(柴田竹虎)@小池徹平はおまわりさんですが辞令が出て刑事になりました。

横浜みなみ署生活安全課少年係に異動。

居候先は古着屋のオーナーの小次郎@藤木直人の店。2階?

このフジッキーが金髪のヤンキーで登場したものだから

全然わからなくて・・しばらくしてやっと藤木様と知り唖然としちゃいました。

う~~ん・・・似合わない・・アワワワワ

小次郎にはシバトラに命を救ってもらったという恩があるらしい。それ以来のお付き合い。

さて、カツアゲされたヤンキーガ逃げるときに見えたものがあった?

シバトラの目が虎のように光りました。だから竹虎という名前なのね。

あと特技は剣道4段。童顔で中坊みたいだけど強いのです。

もう一人、白豚さん塚地が出所してきました。ハッカーだったらしくて刑事と豚には異常反応。

50代の熟女がお好みらしい^^面白すぎ~。



みなみ署にはさくら@真矢みきがいて、童顔のシバトラを潜入捜査に投入。

「だって潜入捜査って違法だから」ふふってとぼけた顔して笑う真矢ねえさん、最高♪

それはヘルタースケルターという自称、街の自警団であるストリートギャングの組織?で

中高生の売春あっせんをしているという噂がある。

さて依頼者は宝生美月@大後寿々花の父親。

この子は先日小次郎の店で万引きした子。

このヘルタースケルターに潜入することになったシバトラでした。


そこにいた女子高生たちは全員あっけらかんとして楽しそう。むしろ家には帰らないという。

何らかの屈託を抱えているかと思ったのに、拍子抜けしたシバトラ。

そんなところに美月が現れました。

女子高生の一人が美月と反目し合う仲だったようでケンカのようになりますが

美月の背中をめくってみせるのでした。なんと傷だらけ。いったい何があったの?

お父さんが心配してるから帰ろうと言ってみますが

この子も家に帰るくらいなら死んだほうがいいとまで言ってます。

チェリーパイが嫌いになりそうだから。シバトラには一生わからないと断言しています。


シバトラとしても女の子たちが悩みなくそこにいたことに落ち込みますが、小次郎は

「本当は後悔と虚しさで一杯のはず」だとなんでもわかっています。

実際、最後に聞いてみたら彼女たちも決して楽しんでいるわけじゃないと本音を言ってました。


さて、美月の父親のもとを訪ねてみると美月は死んだ奥さんの連れ子で血がつながってない。

そこでぴんとくるけどね・・さすがに童顔刑事にはその辺の機微はわかりません。

そういうことで再び美月を連れ戻しにヘルタースケルターにいきました。

そこで美月を連れ出そうとしますが、池谷に見つかってしまい、一旦は隠れ切ります。

その時に美月に死神の手が見えました。いくつもの手が美月の周りに出ています。

気持ち悪い。

この能力を説明すると、一度体に触れた人に死が迫ってくると死神の手が見えるということです。

そして24時間以内に死ぬ。

シバトラが介入すると回避できるという都合のよさがありますが、漫画がベースですから。

ということで信じない美月によって任務解消となったけれど諦めないシバトラは窓を破り侵入。

とにかくここから出るってことで二人は逃亡を企てます。


その頃小次郎は独特の勘でシバトラの危険を察知しています。

白豚に再びハッキング依頼。シバトラの扱ってる案件に侵入させていました。


シバトラと美月は逃げ回ってましたが小路ではさまれあえなくギャングにつかまっています。

ナワで縛られ水攻め。江戸時代の拷問みたいだなあ。

美月がかばうと今度は美月に向かってくるギャング達。

そこに小次郎と白豚参上。ハッキングしてこの場所がわかったの?

バックにはヘルタースケルターのホンモノの自警団が控えています。

数の差でやはり小次郎軍団有利。


そして美月を家に連れていきました。

お父さんが不気味ですがシバトラは気づきません。

美月が力をこめて腕を握るのですが、それでも怯えに気づいていないシバトラ。


美月、着替えなさい。本性を表した父親は美月を死んだ奥さんのように扱っていたのでした。

反抗するとタバコを押し付け虐待。精神異常者です。

妻も死に、会社も倒産。家も差し押さえ。いいことが何もなくて一緒に死のう、小枝子と言っています。

美月を奥さんの名でよぶことからして気持ち悪い。


そのころ、シバトラがようやく気づきました。

美月の写真が母親の写真と同じだった。

そして背中のタバコのあと。

確かスケルターヘルターはタバコを吸わない集団だと聞いていた。

ようやくつじつまが合ったシバトラは急いで美月のところに向かいます。

何とか間に合いました。

闘うシバトラはなかなか強いですが父親もけっこう強い。

そんなところに小次郎も向かっています。

シバトラの窮地、危機一髪というところでゴルフクラブを投げてくれた。

いつも小次郎が危機を助けてくれるという設定ですね。


しかし、美月は今度は自分から死のうと包丁をのどに向けました。

その瞬間、包丁の刃をつかんだシバトラ。血が滴り落ちます・・痛そう・・・。

美月は死にたかったようです。心に持っている闇。

しかし、腕をつかんだという意思表示があったからそれは生きたかったからだというシバトラ。

闇は消えないかもしれないけれど光は必ずある。

シバトラは目の前で両親が殺されてそれ以来この死神の手が見えると言ってました。

美月の気持ちがどこか分かるのはこの時のショックを持っているからですか。



そして美月は親戚にひきとられ、学校にも通っているという。

売春組織は壊滅したけれど彼女達にはちゃんと居場所があると小次郎が断言しています。

さて、さくらからの潜入捜査の依頼がありました。

なんと高校生になっています。

荒れたクラスでしたが、なんとそこには美月がいました。

しかし的になったシバトラに矢が飛んできて・・・

思わず「登校拒否」と言ってしまうシバトラでした。



****************

「シバトラ」柴田竹虎を略して呼ぶのね。

かなり勇ましい名前なのに、本人は年齢よりも10以上のサバよんでも大丈夫な童顔。

とうとう高校生になってしまいました。

小次郎のシバトラに感じてる恩は何でしょうね。

それから白豚さんも面白いキャラでした。


で、大後寿々花ちゃんもちょっと大人っぽくなってなかなかの登場でしたね。

可愛かったですし、この揺れる年頃の難しさを上手く演じきっています。


視聴は決定ですが、次回のレビューは微妙なところです。

まだもう一つ、日テレの火10が残っていますからそれを見て決定。


*******************

そして「モンスターペアレント」は挫折しました。

先週は面白いかもと思ったのですけど、米倉さんの演技と衣装がどうしてもそぐわなく違和感。

できる弁護士なのは承知ですが、こういう設定は何か違うと思う。

それに、モンスターたちの問題点をあげてそれを解決する手腕というものをもっと見せてくれると

思ったんです。期待はずれでした。

次回も視聴はしますけど録画ですし・・それ以上のことはないと思います。

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/574-9e450a25