fc2ブログ
先週、河東かリカが怪しいと書いたけど河東でしたね。しかしこの子が虐待されてたなんて・・
柴田竹虎(小池徹平)は、宝生美月(大後寿々花)と鬼神からのメールを読み返していた。鬼神は、2年B組全員に千手峠まで来るよう指示、そこで自分の正体を明かすという。それを見た藤木小次郎(藤木直人)と白豚(塚地武雅)は、鬼神の正体について推測するが、竹虎は千手峠に来ないようにと念を押す。

 翌朝、千手峠へ向うバスに乗るために、生徒たちが集まり始める。そんな中、河東学人(大東俊介)と武良広海(鈴木亮平)がいがみ合い、そのうち河東が道路に突き飛ばされる。するとそこへ、大型車が。竹虎が飛び込み河東を抱えて避難し、事なきを得るが、河東は武良を睨みつける。

 その後、竹虎らは鬼神が指定した廃屋に着く。中に入ると、「助けを呼んだ者には、死の制裁を!」というメッセージが書かれていた。
そんな中、武良がそこに美月がいないことに気づく。

 竹虎らは付近を捜索し、倒れている美月を見つける。周囲には鬼神の手下と思われるフルフェイス集団の姿も。助けを呼ぶことも、逃げることもできず、竹虎らは廃屋に戻る。



 精神的に追い込まれた生徒たちは、誰が鬼神かを巡って警戒し合い、緊張が高まる。そんな中、河東と毛利文明(倉貫匡弘)が助けを求めに行くと外に出る。ところが、すぐに河東がフルフェイス集団に捕まってしまう。毛利はその場を走り去るが、振り返ると、河東はひどい暴行を受けていた。戻ってきた毛利が生徒たちにその一件を報告。竹虎には、ある思いがよぎる……。


相手をとことん信じきるのが徹平ちゃんのルール。

おかげで信じて食べたケーキで災難がやってきました・・・・ぷぷぷ・・

バスターミナルに集合した2Bの生徒達でしたけどシバトラ@小池徹平くんのお腹のアクシデントで

バスの出発が遅れます。

そのうちケンカが始まりつき飛ばされた河東のまん前にトラックがやってくる。

シバトラが危機一髪助けてくれるというところと相成りました。

「さっきは命拾いしたな。次はもっと大勢が死ぬ」河東に届いたメールを読んでさっと顔を見るシバトラ。

ここで疑問が浮かんだそうですが・・・でもすぐに次のシーンに入ってしまった・・・

着いたところは千手峠。トンネルみたいな空洞がありそこに木で覆いがしてあります。ここは何?

小屋には「助けを呼んだものには死の制裁を」と書かれてありました。武良が美月がいないのに気づき

シバトラに教えてくれます。探しにいくと木の陰に倒れている美月発見。


埠頭に紫陽花をささげている小次郎@藤木直人。さくらの妹の誕生日だそうです。毎年同じ花を捧げて

くれていたということで誰だろう?とさくらが見に来たようです。

「それで罪滅ぼしのつもり?」さくらの妹ゆりは少年犯罪に巻き込まれて死んでしまったのよね。

その事件に小次郎も関わっていたようです。シバトラの父親の敵討ちを考えたために、ゆりが命を

落としたという。警察を信用しなかったためにということです。そういえばシバトラの父親も未成年に殺さ

れたのでした。同じ犯人?さくらが落合健夫が出所したと言ってますが、連絡が途絶えたそうです。

小次郎は何も知らないと言っています。さくらの妹の件も深刻そうです。次の案件になるかしら。


2Bのメンバーたちは今度は携帯を没収されています。リカが抵抗してましたけどとにかく集めたところに

河東が怒鳴っていました。これじゃ外に出られないって。その様子をまじまじとシバトラが見ています。

次はパンと飲み物を見つけたけど全員、手にしたところを死神の手が覆うのが見えました。

もちろん河東も持っていて食べるところでしたけど。まずはシバトラが毒かもしれないといいそこは

食べないようにいうことで素通り。美月は皆が疑心暗鬼になってるということで早く鬼神が誰か

わかればいいというのですが、シバトラは一歩上の目線です。

「皆が心から笑える日まで一緒にいたい。」鬼神が誰かではなくてなぜ鬼神になったかを知ることで

その根っこを取り除いてやりたい。どこか父親のような大きな気持ちがあるのがシバトラなのです。

途中、河東と毛利がフルフェイスの集団に連れ去られますが、これは河東が自分が外に出るための

自作自演だったようです。毛利には逃げるんだ!と自分が殴られるように演出しています。

どうやって集団にその指令を出してるのか・・タイマーでメールを送っているとは後で言ってましたけど、

予定は未定でずれそうですけどね。とにかく河東が外に出ている間に、小屋の中にはガスが入れられ

中のみんなはパニックになっています。逃げるはずだった毛利も恐怖からまた小屋に戻るし、

皆が皆、鬼神は誰だと犯人探しに躍起になるという状態。


外では白豚と新庄と小次郎のあれこれがあり、新庄はウソを言ってうまいこと車のキーをせしめ

千手峠まで向かい、白豚は一足先に到着していました。

見ていると小屋の前にガソリンをまくフルフェイスの集団があり、白豚が体当たりした男がライターを

落としたために火が付き小屋の方に向かっていきます。そしてガスが充満した小屋は爆発!

白豚はあまりのことで口も利けないようす。そこに河東がやってきてあの中に鬼神がいたといいます。

全員死亡の雰囲気が覆うところに、全員がトンネルのほうから出てきました。

ベッドの下に防空壕が掘られていて地下道と繋がっていたというのでした。

警察が来る前にシバトラを逃がし、皆には潜入捜査は違法だからという話をする美月。



翌朝、登校前に河東の家に寄り、シバトラが鬼神は君だといっています。認めたけれど証拠はない。

引き出しに入っていた札束はATMを壊して盗んだもの。だから警察が控えている番号と一致する。

狂ったように笑って見せたり、凄んで金のためにやったというけれど真相は違う。

いきなり戸を開くとそこはダイニングキッチンでテーブルの上は書置きが残ったまま。タバコの吸殻も

口紅がついていた。ごみだらけ。しかもシンクも洗い物で山になっています。

5年前両親が出て行ったというのがあったようです。そのまま待ち続けたという。手をつけず。

5年も経っていたらかびとにおいですごいことになりそうですがただの汚れ程度ですね。

話を聞いてみると小学生の時にいなくなって、それから月1万だけ送られてきたらしい。

どうやって生活してたんでしょう?無理よね。小学生だし・・。シバトラが犯人を河東と読み、

調べてみたら児童相談所に調書がのこっていたとか。

親を待ち続けた河東を抱きしめ泣くシバトラでした。

大人は裏切るけれどお金は裏ぎらない。河東はそれから鬼になったということでした。


そしてシバトラは教室に行き、皆に最後のお別れをするつもり。

鬼神は誰でもなる可能性があった。支える大人がいたら。信じられる友人がいたら。

こんなことにならなかったかもしれない。

それでも皆に笑顔が戻る日を待ってると信じてるといいました。


みんないきなりシバトラを囲んであんたなんか大嫌いって言ってました。

むちゃくちゃにされたようですけど・・・


そして帰ったシバトラです。皆にはすっかり嫌われてしまったというけれど、

シャツをぬいてみたら中のTシャツには皆がメッセージを書いてくれてました。

今度メシおごれよな。ありがとう・・・

めちゃくちゃに取り囲んでたあの瞬間に書いたということ?

でも文字は透けては見えませんね・・・

教師が騒ぎを聞きつけて外にいる男は知り合いか?ときいてましたが新庄が様子を見にきたのかも。

潜入捜査は違法だから。さくらにそのことを突きつけて何かするつもりだったのかもしれませんが

その瞬間に、さくらに電話が入っていました。

妹ゆりの犯人、落合の名前が、現在扱っている失踪事件と関わりがあるようです。

新庄の言いつけは流れた??


****************

鬼神はわかったけれどネグレクト(育児放棄)が明るみに出ました。

少年事件の根っこは家庭にあることが多々あるという側面でしょうか。

しかし小学生で親が失踪したら近所や学校だって気づくのではないですか?

細かい事情はスルーなんですね。

河東が親の愛に飢えていた方向に話を持ってきたかったということでこの件は終了。

シバトラが抱きしめてひたすら泣いてくれたことで救われたという点を映したかったのかも。

安易のような気もしますけど。

次は気になるさくらの妹の事件と小次郎の件でしょうか?


*****************

今週のモンスターペアレントは校長が゙モンスターでした。

体罰など絶対にしないと教師が言い張ったが実は教師はすでに体罰を認めていた。

ところが校長が隠蔽したためにこじれていったという話。

体罰された子供と親、そしてそれを目撃していた子の親。

それぞれの関わり合いが興味深いです。告げ口みたいで言いにくいものですしねえ・・。

米倉弁護士が子供と親の心を傷つけたと校長を糾弾しましたが

ちょっと前の米倉だったらそんな子供側に立ったセリフは出てこなかったはず。

この人も教育界に関わって少しずつ変わってきたのですね。


Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/607-342c8b1b